海の公園花火大会の場所取りはできる?穴場は?駐車場や屋台情報も

海の公園花火大会の場所取りはできる?穴場は?駐車場や屋台情報も

横浜の海水浴場でもある海の公園では、毎年「金沢まつり花火大会」が開催されています。

8月の第4土曜日に開催され、1時間で3,500~4,000発が打ちあげられ、28万人前後の人出でにぎわいます。

毎年、花火プログラム最後に打ち上げられるグランドフィナーレとなるスターマインは、圧巻のボリュームと瞬きを忘れるほどの美しさで必見です。

交通の便の良さと観覧場所が広範囲に渡り自由度が高いことから、地元のみならず、遠方から来る人も多く見かけます。

海の公園で行われる金沢まつり花火大会について、場所取りはどうするのか、穴場スポットの紹介、車で行く場合の駐車場や交通規制情報、屋台など現地で食べ物を調達できるのかまとめました。

「海の公園花火大会の場所取りはできる?穴場は?駐車場や屋台情報も」の続きを読む…

潮干狩りおすすめ持ち物リスト!子供連れの場合や100均の便利グッズ

潮干狩りおすすめ持ち物リスト!子供連れの場合や100均の便利グッズ

過ごしやすい季節に楽しむことができる潮干狩りは、家族揃って遊びに行くのにうってつけのレジャーですね。

潮干狩りでは、濡れた砂浜や海に入ったり、採れたアサリを持ち帰ることもあり、事前の準備はしっかりしていきましょう。

潮干狩りにおすすめの持ち物リストや、子供連れで行く時に用意すると便利な持ち物、100円ショップで揃えられる潮干狩りグッズをまとめました。

「潮干狩りおすすめ持ち物リスト!子供連れの場合や100均の便利グッズ」の続きを読む…

海の公園の潮干狩りは駐車場に何時に到着すべき?潮見表や場所取りは

海の公園の潮干狩りは駐車場に何時に到着すべき?潮見表や場所取りは

横浜近辺において無料でできる潮干狩りといったら、近年はテレビでも特集されるようになった海の公園が有名です。

海の公園の海辺では、アサリ・シオフキ・カガミガイ・マテガイなどが自然繁殖していて、3月中旬~9月中旬まで潮干狩りをすることができます。

ここでは、アサリを人手で撒くことはありません。

自然繁殖のため、ゴールデンウィーク後など時期によってはアサリがあまり採れなかったり、小さいものしかなかったりすることもありますが、無料で楽しめて穏やかな海も楽しむことができる海の公園は、おすすめの潮干狩りスポットです。

しかし海の公園が潮干狩りで有名になるにつれ、週末やゴールデンウィークの混雑もひどくなってきました。

海の公園で潮干狩りをするなら、駐車場には何時頃到着するべきなのか、潮干狩りにおすすめの日が分かる潮見表はどこでチェックできるのか、海岸での場所取りは必要になるのかについて、情報をまとめました。

「海の公園の潮干狩りは駐車場に何時に到着すべき?潮見表や場所取りは」の続きを読む…

横浜・海の公園どんど焼きイベント内容と駐車場などのアクセスは

横浜・海の公園どんど焼きイベント内容と駐車場などのアクセスは

1月15日の小正月が近づくと、日本全国各地でどんど焼き(左義長・とんど焼きなどとも呼ばれる)が行われます。

神奈川県の横浜市内でも、地域ごとにたくさんの場所でどんど焼きが行われますが、金沢区にある潮干狩りでも有名な海の公園で行われるどんど焼きをおすすめします。

横浜の海の公園で行われるどんど焼きの詳細やイベント内容、海の公園までのアクセス方法を、車と電車の場合別にまとめました。

「横浜・海の公園どんど焼きイベント内容と駐車場などのアクセスは」の続きを読む…

初日の出を横浜で見よう!日の出時間とおすすめ場所の混雑は?

初日の出を横浜で見よう!日の出時間とおすすめ場所の混雑は?

元日といったら初日の出ですが、新年の縁起を担ぐためにも、1月1日の最初に昇る太陽は、ぜひ自分の目で見てみたいものですね。

いつも大晦日には夜更かしをしてしまう人も、夜中から初詣に行く人も、初日の出を見に行ってみませんか?

初詣の時間や日の出の方角を事前にチェックし、ゆったりと初日の出を見ることのできる横浜の穴場スポットを紹介します。

また多少の混雑があっても、横浜の中心地で初日の出を見ることができるおすすめの場所もピックアップしました。
「初日の出を横浜で見よう!日の出時間とおすすめ場所の混雑は?」の続きを読む…