ヒートショックとは?防ぐために冬のお風呂で気をつけること

ヒートショックとは?防ぐために冬のお風呂で気をつけること

ヒートショックという言葉を知っていますか?

11月から3月の寒い時期に、自宅内の浴室や脱衣所で倒れて救急搬送される中高年が増えています。

中高年以上の人が浴室などで急に倒れて、脳梗塞や心筋梗塞を起こしてしまうことを「ヒートショック」と言います。

医師や消防署が毎年注意を呼びかけていますが、ヒートショックによる死亡事故はなかなかなくなりません。

2011年の交通事故死亡者数4,611人に対し、ヒートショックで亡くなったと思われる人はなんと9,360人と交通事故死の2倍以上となっています。

ヒートショックが原因で心筋梗塞を起こして死亡した場合でも、心筋梗塞自体が原因とされてしまうこともあり、実際はヒートショックで死亡した人はもっと多いとも言われています。

そんな前触れもなく症状が出てしまう恐ろしいヒートショックですが、誰がどんな時になりやすいのか、またヒートショックを防ぐために気をつけることをまとめました。

家族に年配に方がいる場合は、特によく知っておいてくださいね。
「ヒートショックとは?防ぐために冬のお風呂で気をつけること」の続きを読む…