医療費控除のやり方は簡単!準備するものや申告手順まとめ

医療費控除のやり方は簡単!準備するものや申告手順まとめ

昨年1年間は医療費が結構かかったな、と感じたら、医療費控除をするかどうか迷うこともありますね。

家族全員の医療費を合わせて、年間10万円以上(年収300万円前後以下の世帯は所得の5%以上)になるなら、ぜひ医療費控除の確定申告をしましょう。

医療費控除をすることで、所得税や住民税がお得になって戻ってきます。

医療費控除の申告は、ネットで書類作成が簡単にでき、それらを病院の領収書などと一緒に税務署に持ち込むか、郵送で行うことができます。

給与収入のある人がいる家庭(夫がサラリーマンなど)で、ネットで医療費控除の確定申告書類を作成する具体的な方法や手順、事前に準備するもの、申告方法などをまとめました。

「医療費控除のやり方は簡単!準備するものや申告手順まとめ」の続きを読む…

医療費控除とは分かりやすく説明・準備するものや対象となる治療は?

医療費控除とは分かりやすく説明・準備するものや対象となる治療は?

家族が多かったり、子供が小学生以下だったりすると、1年の間に病院にかかることも多くなりますよね。

また、特に高額になりやすい歯の治療や子供の矯正費用などで、年間の医療費が10万円を超えることもあります。

家族全員の医療費を合わせたら、年間10万円以上(年収300万円前後以下の世帯は所得の5%以上)となる場合は、確定申告をすることで、所得税や住民税がお得になって戻ってくることを知っていますか?

この記事では給与収入のある人がいる家庭(夫がサラリーマンなど)で、医療費控除で確定申告をするとはいったいどういうことなのか、申告の時に準備するものや、病気やけがの治療・交通費などは、どこまで申告できるのかをまとめました。

「医療費控除とは分かりやすく説明・準備するものや対象となる治療は?」の続きを読む…

セルフメディケーション税制とは?いくら減税される?レシート必須!

セルフメディケーション税制とは?いくら戻ってくる?レシート必須!

セルフメディケーション税制が、2017年1月1日から始まりました。

確定申告をしなければ恩恵のない制度なので、普段、確定申告をしないサラリーマンや主婦にとっては、「私には関係ない」と思ってしまいますが、普段から風邪薬や頭痛薬・肩こりなどの市販薬を買う人なら、覚えておいて損のないものです。

セルフメディケーション税制の詳細や、申告することでいくら減税される(お金が戻ってくる)のか、セルフメディケーション税制を利用する際にレシートが必要な理由をまとめました。

「セルフメディケーション税制とは?いくら減税される?レシート必須!」の続きを読む…