年賀状をやめる時の文面は?高齢が理由の場合と友人や親戚の場合別まとめ


年賀状をやめる時の文面は?高齢が理由の場合と友人や親戚の場合別まとめ

電子メールや携帯メールが普及する前のお正月に欠かせないものといったら年賀状でしたが、今は年賀状を送らない人も増えてきていますね。

かくいう私も、形式だけの年賀状のやりとりが面倒になり、数年前からは年賀状をくれた人にだけ、1月4日以降に返信するという対応をとっています。

私の場合は「年賀状を出したくないという気持ちを察してもらえたら」という、ある意味相手に判断をゆだねる手段に出ていますが、年賀状のやめ方は人それぞれであり、また立場や状況によって変わってきます。

年賀状をやめると決めたら、相手に対してきちんと区切りをつけるために連絡をする方法の提案と、自分が高齢になった場合・相手が友人や知り合いの場合・親戚の場合別に、どうしたらいいのかをまとめてみました。

スポンサードリンク



年賀状をやめる時の文面はどうすればいい?やめる宣言する必要はあるの?

まずは、年賀状をやめる方法を2つあげてみます、

自然消滅

・相手から年賀状が届いても返信しない
・相手から年賀状が届いたら、1月4日以降に返信する
・相手から年賀状が届いたら、寒中見舞いで返信する
※年賀状や寒中見舞いを返信するなら印刷されたものにして、手書きコメントなどは一切書かない

返信しないのが一番簡単で、手間がかからない方法です。

しかし、それでは気が引けるという場合、返信を遅くするという方法があります。

察しのいい相手なら、正月の三が日を過ぎてから届く一言コメントもないそっけない年賀状を見たら、次から年賀状を送ってこなくなるかもしれません。

年賀状の内容ではなく、やりとり自体を楽しんでいる相手の場合は、こちらから返事がある限りまた年賀状を送ってくる可能性が高いので自然消滅は期待できませんが、あなたがはっきりと断れないタイプなら、この方法で徐々に年賀状を送る相手を減らしていくのがおすすめです。

年賀状または寒中見舞いであいさつをしてからやめる

・年賀状で、来年以降は年賀状を誰にも送らないことを宣言する
・寒中見舞いで、来年以降は年賀状を誰にも送らないことを宣言する

高齢という理由で年賀状が負担になっている場合は、今回の年賀状を最後にするという旨の文面を付け加えておけば、差し障りなく次の年以降の年賀状をやめることができます。

それ以外の理由でやめる場合で、相手に余計な心配(詮索)をされたくないということであれば、年賀状か寒中見舞いで、次回以降の年賀状は送らないという宣言をすることをおすすめします。

ただし、高齢以外の理由で年賀状の送付をやめる場合は、相手を悲しい気持ちだったりがっかりさせる可能性があることは否めません(逆に相手もホッとする可能性もありますが)

そういった可能性があることを踏まえつつも、黙ってやめるよりはあいさつをしてからやめたいと考えるなら、ケース別の文面を次章以降で説明するので参考にしてください。

また、年賀状をやめるという宣言をするなら、必ず「あなただけではなく、今後は誰にも年賀状を出さない」という意味合いの一文を入れましょう。

メールやLINEが普及した昨今、年賀状自体やめてしまうのは珍しいことではなくなってきています。

相手を不安な気持ちにさせないためにも、「誰にも年賀状を出さない」という意思表示をしておくといいですね(それが嘘だとしても相手に分からなければそれも思いやりです)

関連記事:寒中見舞いはいつまで出せる?時期が過ぎたらどうする?例文も

年賀状をやめる理由が高齢であるなら

文例1

寄る年波には勝てず 今後はどなた様にも賀状交換を控えさせて頂きたく存じます
長い間お付き合いいただき 本当にありがとうございました
これからも皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます

文例2

寄る年波には勝てず 皆様に年賀状を差し上げるのは本年を持ちまして 最後にさせて頂きたいと存じます
長い間お付き合いいただき 本当にありがとうございました
これからも皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます

高齢を理由に年賀状をやめるなら、自然消滅ではなく、年賀状(または寒中見舞い)に付け加える形で、きちんとあいさつをするのがおすすめです。

おめでたいものである年賀状で、やめるという連絡をしたくない場合は、年賀状を出す前の時期(11月~12月上旬)にハガキであいさつをする方法もあります。

還暦や喜寿(数え年77歳)のタイミング、病気や入院などの理由でやめることが多くなると思いますが、どの場合でも「あなただけではなく、今後は誰にも年賀状を出しません」という意味の一文を入れることをおすすめします。

スポンサードリンク



年賀状をやめたい相手が友人や知り合いの場合は

文例1-年賀状はやめても付き合いは続けたい相手

どなた様にも年賀状は 今年限りとさせていただくことにしました
今後はメールで近況報告などをさせてください
これからもよろしくお願いいたします
(メールアドレスを記載)

文例2-年賀状はやめても付き合いは続けたい相手

どなた様にも年賀状は 今年限りとさせていただくことにしました
今後はメールにて ごあいさつさせていただきます
これからもよろしくお願いいたします
(メールアドレス記載)

文例3-年賀状をやめて付き合いも終わりにしたい相手

どなた様にも年賀状は 今年限りとさせていただくことにしました
これからも皆様のご健康を 心よりお祈り申し上げます

文例4-年賀状をやめて付き合いも終わりにしたい相手

一身上の都合により どなた様にも年賀状は 今年限りとさせていただくことにしました
今後も皆様お元気でお過ごしくださいますよう お祈り申し上げます

年賀状あるいは寒中見舞いに、上記の一文を付け加えるといいでしょう。

年賀状は出さなくなっても付き合いを続けたい相手なら、すでにお互いメールアドレスを知っていることが多いと思うので、文章はもっとくだけた感じでもいいですね。

年賀状だけではなく付き合いもやめたい相手なら、相手の幸せを祈る言葉を入れておくのが無難です。

年賀状をやめたいと思う理由の一つに、学生時代の同級生など何年も会っていない相手から、印刷したままの手書きコメントもない味気ない年賀状が届くだけというものがあります。

これは単に相手が「パソコンに登録してある住所録全部に年賀状を出す」という行為を機械的に行っている場合もあり、こちらが返信することで、また機械的に送られてくるケースも多いように感じます。

そっけない年賀状を送ってくる相手の本当の意図を知ることは難しいので、自分がやめたいなら、あいさつをしてスッパリとやめてしまうのがいいのではないでしょうか。

年賀状をやめる相手が親戚の場合は

文例

どなた様にも年賀状は 今年限りとさせていただくことにしました
これからも皆様のご健康を 心よりお祈り申し上げます

年賀状または寒中見舞いに、上記の一文を付け加えるといいでしょう。

ただ、年賀状をやめるにあたり、一番難しいのが親戚関係ではないでしょうか。

親や兄弟との距離も近い分、自分だけがやめることに罪悪感を覚えがちです。

また、年末年始やお盆などで顔を合わせることもある関係だと、余計にやめにくいかもしれません(逆に会って気軽に話せるくらいの仲なら、年賀状をやめることに深い意味はないと口頭で伝えられるのでいいですね)

年賀状をやめることに対する答えにはなりませんが、どうしてもやめにくいと感じるなら、無理してやめなくてもいいのではないかと思います。

年に一度のことと割り切って、コンビニなどで文面が印刷済みの年賀状を購入し、そのまま送ればあまり手間もかかりません。

親戚関係は無理に断捨離するより、大人の対応をするのも一つの手段ですね。

まとめ

年賀状をやめるというのは、ほとんどの人にとってかなり勇気のいることだと感じます。

たとえ相手がそれほど親しい人ではなくても、嫌われたくないと思ってしまったり、年賀状を出せない事情でもあるのかな?と変に詮索されるのもイヤだなという気分になったりします。

自然消滅にしろ、あいさつをしてからやめるにしろ、お互いにまったくわだかまりなく年賀状をやめるのは難しいものかもしれませんね。

でも一度「出したくない、やめたい」という気持ちが出てきたら、その時が「やめ時」なのではないかな、と私は思います。

出したくないという気分で出した年賀状には、新年らしくない暗い気持ちが込められてしまうことを考えると、自分のためにも相手のためにも、思い切ってやめてしまうのがいいんじゃないかなと私は考えます。

年賀状に対する考え方は人それぞれであり、人それぞれだからこそ、受け取る相手のことばかりではなく、自分の気持ちを大事にすることもおすすめします。

関連記事:もらった年賀状の処分方法は?捨てるタイミングは?捨てないのもあり?

スポンサードリンク




コメントを残す