クリスマスにシュトーレン!意味は?いつから食べる?日持ちする理由


クリスマスにシュトーレン!意味は?いつから食べる?日持ちする理由

クリスマスに向けて食べるシュトーレンというパン(お菓子)を知っていますか?

12月になるとパン屋の店頭に並ぶ真っ白な粉砂糖がたっぷりとかかったシュトーレン、一度も食べたことがないと、「やけに甘そうなパン」という印象しか持てないかもしれません。

このシュトーレンは、日本発祥のパンではありません。

シュトーレンというパンの意味や由来、ちょっと変わった食べ方、粉砂糖がたっぷりとかかっている理由などをまとめてみました。

スポンサードリンク



クリスマスまでにシュトーレンを食べる意味と理由は?どこの習慣?

シュトーレン
・ドイツの伝統菓子(パン)
・ナッツや洋酒で漬けられたドライフルーツが生地にたっぷりと入っている
 (マジパンを入れることもある)
・クリスマスまでのアドベント(キリスト降誕を待つ期間)に毎日スライスして食べる

シュトーレンは、クリスマスの1か月前くらいから、クリスマス当日にかけてドイツで食べられているお菓子です。

ドイツ伝統菓子といっても、シュトーレンはパンの作り方とほぼ同じなので、日本ではパンというイメージが強いですね。

少し硬めのパン生地にドライフルーツがたっぷりと練り込まれ、細長い楕円形に成型されることが多いです。

シュトーレンは400g前後から大きいものだと800gくらいになりますが、ドイツではシュトーレンをアドベントに毎日スライスして少しずつ食べるので、大きくても問題ありません。

ドイツでは「シュトレン」と呼ばれ、この言葉には地下道・坑道という意味があります。

シュトーレンが長細い形をしていることから、この名称になったと言われています。

 マジパンとは
アーモンドを細かく粉状(アーモンドプードル)にし、砂糖や牛乳を加えて練ったもの。
「あん」のような固さに練り上げ、棒状にして、ドライフルーツの混ざったシュトーレン生地の中央に挟み焼き上げる。
(シュトーレン生地に混ぜ込むこともあり)

シュトーレンはいつから食べるもの?

ドイツでは、シュトーレンをクリスマス前のアドベントに食べるものとしています。

 アドベントとは
イエス・キリストの降誕を待つ期間のこと。
クリスマスイブの4週間前~クリスマスイブまでの期間を指す。

アドベントの1か月間ほどの毎日、薄くスライスした(5~10ミリ)シュトーレンを食べて過ごします。

食べ方は、紅茶やワインなどと一緒にいただきます。

シュトーレンの生地に日々フルーツやナッツがなじんで、どんどん口当たりがしっとりとしてくるので、こういった味や風味の変化も楽しめるのが、アドベントに毎日食べるシュトーレンの醍醐味です。

シュトーレンの見た目が粉砂糖で覆われて白いのは、降誕したばかりのイエス・キリストが純白のおくるみに包まれていたことに由来します。

↑「アドベント」というと、こちらが有名ではないでしょうか。
クリスマスまでの毎日、今日の日にちの窓を開けると、チョコレートやキャンディ・キャラメルなどのお菓子が出てくるアドベントカレンダーです。

スポンサードリンク



シュトーレンが日持ちする理由を知りたい

・あまり水分を使わずに製造されている
・生地にたくさん練り込まれるドライフルーツは洋酒(アルコール)に漬けられている
・高温で焼き上げられている
・焼き上がったシュトーレンは全体に溶かしバターが塗られる
・粉砂糖が隙間なくまんべんなくふりかけられている

シュトーレンは、アドベントに毎日食べることを前提に作られているので、とても日持ちするお菓子です。

オーブンの高温で焼き上げられたシュトーレンは水分が少なく、生地もみっしりと目が細かく詰まっています。

表面は粉砂糖でコーティングされているので、空気が入り込みづらく、また砂糖は常温でもカビにくいものです(キッチンに置いてある料理に使う砂糖も常温保存ですよね)

生地に練り込んであるドライフルーツは洋酒に漬けてあり、アルコールは腐敗しにくいこともあります。

 毎日スライスして少しずつ食べる場合の注意点
・手を清潔にして、清潔なナイフや包丁でシュトーレンをスライスする
・シュトーレンの周りにかかっている粉砂糖を、なるべく落とさないようにする
・ラップに包んだりジップロックに入れるなどして、なるべく空気に触れないようにする
・冷暗所の湿気の少ないところで保管する

直接かじって食べるのは論外ですが、他のものを切ったナイフをそのまま使うのも避けましょう。

冬の室内は意外と温度が高くなりがちなので、なるべく涼しいところに置いておくことをおすすめします。

どうしても心配なら冷蔵庫で保管し、食べる時にスライスしたものを軽くレンジで温めるのも、ドライフルーツの風味が立つのでいいですね。

まとめ

ドイツ発祥のシュトーレンについてまとめてみましたが、クリスマス当日だけではなく、クリスマスまでの毎日を楽しい気分にさせてくれるお菓子であることが分かりました。

自分で作ってみるのもいいのですが、材料がたくさん必要になるのと、不器用な私は失敗した時が怖いということで、楽天市場で口コミ評判のいいシュトーレンを探してみました。

わが家はこの中から一つ、注文してみようと考えています。

スポンサードリンク




コメントを残す