お年玉の相場を知りたい!子供の使い道に親からは?喪中の場合は


お年玉の相場を知りたい!子供の使い道に親からは?喪中の場合は

毎年お正月になると大人の頭を悩ませるのは、子供にあげるお年玉の金額ではないでしょうか。

自分の子供ならまだしも、自分の子供とは年齢の違う1年に一度しか会わない親戚の子供達に、いったいいくら渡せばいいのか、迷ってしまいますよね。

お年玉は子供の年齢別にいくらあげるのが相場なのか、子供や親はもらったお年玉をどうしているのか、また喪中の場合にお年玉はどうしたらいいのかを、体験談を交えてまとめました。

スポンサードリンク



お年玉の相場は?子供にあげるなら

お年玉の相場-未就学児

2歳くらいまで:現金ではなくおもちゃなど
3歳以上(保育園・幼稚園):500~1,000円

保育園や幼稚園入園前の乳児・幼児に直接お年玉を渡しても、意味が分からないでしょう。

小さい子供に喜んで欲しいなら、子供の年齢にあった玩具や絵本などをおすすめします。

保育園や幼稚園の年少くらいだと、お年玉を「嬉しいプレゼント」として認識し始めますが、まだお金の価値は分からないので、お札ではなくキレイでピカピカした500円玉が喜ばれたりします。

お年玉は親戚の子供にあげることが多いと思うので、事前に親同士で話し合っておくのもいいですね。

お年玉の相場-小学生

小学校低学年:1,000~3,000円
小学校高学年:3,000~5,000円

小学生になると、お年玉を楽しみにするようになります。

親戚同士の仲が良ければ、事前に「○年生は□□□円」と決めておくのもアリです。

だいたい「小学校の学年×1,000円」という図式が成り立つので、参考にしてください。

お年玉の相場-中学生

中学生:5,000円

中学生になると、毎月数千円のお小遣いをもらう子も増えてくるので、お金の価値に対して理解が出てくる年頃です。

また欲しいものの金額が上がってくる時期でもあるので、子供も普段のお小遣いでは買えないものをお年玉で買おうと楽しみにしていることでしょう。

お年玉の相場-高校生

高校生:5,000~10,000円

クリスマスプレゼントをもらう子と、もらわない子が出てくる年齢です。

自分の子供なら、クリスマスプレゼントをあげるならお年玉は5,000円で、クリスマスプレゼントはなしならお年玉を10,000円にするなど、各家庭で決めればいいでしょう。

高校生だと大多数の子が毎月のお小遣いをもらっているので、親戚の子供ならお小遣いよりも多めの10,000円が無難だと感じます。

お年玉の相場-大学生

大学生:10,000円 または お年玉はあげない

大学には行かず就職したり、大学生でもアルバイトをし始める子供もいて、お金の価値を身をもって感じる時期です。

就職した子供にはお年玉はあげなくていいでしょう。

また大学生を自立と捉えるか、まだ社会人ではないので子供と捉えるかは、各家庭の方針によりますが、お年玉をあげるなら10,000円が相場です。

お年玉の使い道はどうする?親が預かるもの?

子供はお年玉をもらって喜びますが、親としては子供のお年玉の使い道が気になるもの。

子供が小学校低学年くらいまでは親が全額預かるという方法もありますが、小学校中学年くらいになると「自分がもらったお金は自分で使いたい」と言い出す子供が多くなります。

お年玉の使い道として、わが家の体験談や他の家庭はどうしているのかをまとめてみました。

小学校低学年までの子供の場合

・親がお年玉を全額預かり、子供名義の銀行口座に貯金する
・子供に1,000~2,000円くらい渡して欲しいものを買わせ、残ったお年玉は親が預かり、子供名義の銀行口座に貯金する

わが家の子供達が小さいうちは、この方法でやっていました。

子供と一緒に銀行へ行き、ATMでお金を預ける様子を見せることもあります。

残高は見せませんが、こうして銀行に預けているんだよと目の前で見せてあげると、子供はすんなり納得してくれます。

小学校高学年の子供の場合

・子供に欲しいものがあるなら、その金額分だけお年玉から渡し、残ったお年玉は親が預かり、子供名義の銀行口座に貯金する
・もらったお年玉の半額を子供に渡し自由に使わせ、残ったお年玉は親が預かり、子供名義の銀行口座に貯金する

これは金額によります。

わが家はそれほど親戚が多くないので、お年玉の半額を子供に渡す約束にしていますが、たくさんもらう子供の場合はかなりの高額になってしまう可能性があります。

小学生のうちは多くても10,000円、または欲しいゲームソフト1本分(安いものなら2本分)くらいが妥当かなと感じています。

中学生以上の子供の場合

・子供に全部任せる
・子供と相談した金額だけ渡し、残ったお年玉は親が預かり、子供名義の銀行口座に貯金する

子供に全部任せるというのは、中学生だと少し難しいかもしれませんが、普段のお小遣いの使い方に問題がない子供なら任せてしまうのもいいでしょう。

その場合は、子供名義の銀行口座を子供に渡すと(親への相談なしにお金を下ろして使うのはダメというルールで)、子供もお金に対する自覚が持てるようになります。

ただ高額のお年玉をもらった場合や、普段から子供の金遣いの粗さが気になるという場合は、子供と相談して欲しいものの分だけお年玉から渡し、残りは貯金する方法がおすすめです。

子供のお年玉については、昔から「お母さんに預けていたのに気づいたら全部使われていた」という笑い話がありますが、実際の親は子供がもらったお金を使いこんでいるわけではなく、教育費(学習机やピアノなどの楽器・学校入学金や授業料などの学費・習い事の費用・自転車など必需品)として使っていることが多いと思います。

ただそれを子供にきちんと説明しないと、子供からすれば「勝手に自分のお金を使われた!」と思われてしまいます。

教育費はとにかく色々なところでかかってきます。

子供が中学生以上になったら、お年玉をきっかけに、子供と一度しっかりとお金の話をすることをおすすめします。

子供名義の銀行口座があるなら教えてあげて、これは今後の教育費に使うということ(具体的にかかる金額を教える)、それでも余ったら子供が就職するときにプレゼントするなどと伝えてあげると、子供も納得してくれるのではないかなと感じています。

スポンサードリンク



喪中の時はお年玉をどうしたらいい?

自分が喪中の場合

喪中というのは、亡くなった方との続柄によってある程度期間は決まっていますが、一番は気持ちの問題になります。

もし喪中が明けているとしても、まだ悲しい気持ちが消えないのなら、無理にお正月行事を行う必要はありません。

ただ子供は年齢にもよりますが、喪中という気持ちをあまり強く持てない傾向があります。

子供にまで喪中を強制する必要はないので、お年玉をあげても問題ありません。

お年玉という名称が気になるなら、無地のぽち袋に「おこづかい」として渡してあげるといいでしょう。

相手が喪中の場合

自分が喪中の場合と同様、子供にはあまり喪中という考え方がありません。

ただでさえ喪中でお正月らしい行事をしていないと思うので、無地のぽち袋を使用し「おこづかい」として、相手の子供に渡してあげると喜んでもらえるでしょう。

ただし、おこづかいをもらった子供の親にとっては負担になることもあるので(喪中なのでお年玉は用意していないなど)、他の親戚と足並みを揃えるか、子供の親に訊いてみるなどしてくださいね。

まとめ

子供にあげるお年玉の相場を中心に、お年玉で疑問に思うことをまとめてみました。

親としては、自分の子供がもらうだけではなく、こちらからも相手の子供にあげなければいけないので、色々と気を使う習慣です。

でも自分が子供の頃にそうだったように、やっぱりお年玉は子供にとっては年に一度の楽しい大イベントです。

皆が通る道なので、気持ちよくお年玉のやりとりができるといいですね。

関連記事:お年玉の由来とは?いつまでに渡すのか時期について・ぽち袋の書き方

スポンサードリンク




コメントを残す