正月飾りをする意味は?いつからいつまで飾ればいい?喪中の場合は


正月飾りをする意味は?いつからいつまで飾ればいい?喪中の場合は

12月に入ると、正月準備品として正月飾りがスーパーなどの店頭にたくさん並びます。

戸建だけではなくマンションの玄関に合う手ごろな大きさや、華やかだったり干支があしらわれた可愛いしめ飾りや門松などバリエーションも増え、正月飾りを選ぶのも楽しいですよね。

こうした正月飾りを家に飾ることには、きちんとした意味があります。

正月飾りを飾る意味や、いつからいつまで飾るのか、正月飾りをとり払う日、喪中の場合は正月飾りをどうするのかなどをまとめました。

スポンサードリンク



正月飾りをする意味は?神様がやってくる?

正月飾りにはそれぞれ、神様を迎えたり、神様の魂が宿ったりという役割があります。

お正月には、それぞれの家に年神様がやってくると考えられています。

 年神様(歳神様)とは
正月に、日の出とともに家にやってくる神様のことを「年神様(歳神様)」と呼びます。
まず自宅の玄関にある門松に年神様がやってきて、その後、家の中にある鏡餅に年神様の魂が宿ります。
年神様は、1年間、その家に幸せをもたらすためにやってきてくれる神様です。

まず年神様は、各家庭の玄関に置いてある門松を目印にしてやってきます。

玄関にかけてあるしめ飾りは、自分の家が年神様をお迎えする神聖な場所だということを示すことになり、家の中にある鏡餅には年神様の魂が宿ります。

正月飾りにはこうした役割があり、どの正月飾りも欠かせないものとなっています。

関連記事:鏡餅の意味や由来とは?いつから飾るもの?食べ方やレシピの紹介も

正月飾りはいつからいつまで飾るもの?お焚き上げとは

正月飾りはいつから飾る?時期に決まりはあるの?

正月飾りを買う時期ですが、12月13日の「正月事始め」からがいいでしょう。

昔は正月事始めの日に、門松に使う松や、おせち料理を作るために使う薪を山に取りに行きました。

このことから、12月13日から本格的にお正月の準備を始めるとされています。

正月飾りは正月事始めの12月13日から、遅くても12月27日までに購入することをおすすめします。

正月飾りを飾る(お供えする)日のおすすめ
12月28日

正月飾りを飾る日には、特に決まりはありませんが、一番のおすすめは12月28日です。

8は漢字で書くと「八」となり、末広がりで縁起が良い数字となるからですね。

逆に、29日は9が「苦」を連想させ「二重苦」「苦立て」につながるとされ、31日は葬式の「一夜飾り」に通じると言われて、正月飾りを飾るのには適しません。

30日でもいいのですが、人によっては0が「何もないこと」と解釈され嫌がられることもあります。

もし正月飾りを忘れてしまい31日になってしまったら、新年が明けてから飾るようにしましょう。

こうすることで一夜飾りを避けることができます。

正月飾りを片付ける時期は

正月飾りを外す日
1月7日
(地域によっては1月15日)

門松やしめ飾りなどの正月飾りを片付ける日は、地域によって違います。

関東では1月7日、関西では1月15日ということが多いようです。

鏡餅は、鏡開きの1月11日まで飾るので、間違えないようにしてくださいね。

関連記事:鏡餅の意味や由来とは?いつから飾るもの?食べ方やレシピの紹介も

1月7日は「松の内」最後の日であり、七草粥を食べる日にもなっているので、朝に七草粥を食べたら正月飾りを外すのがいいでしょう。

 松の内とは
正月の松飾りをしておく期間のことです。
地域差があり、関東は1月7日、関西は1月15日とすることが多いです。

外した正月飾りはどうする?

どんど焼き・左義長(さぎちょう)で正月飾りをお焚き上げしてもらう
1月15日
(地域によっては1月7日)

寺社の境内や海岸などの広い場所で、お正月飾りや書き初め、使い終えた昨年のお札や破魔矢・お守りなどを燃やす行事をどんど焼き(左義長)と言います。

どんど焼きの煙に乗って、お正月に各家庭にやってきた年神様が天に帰っていくと言われています。

外した正月飾りは神社に持ち込むか、どんど焼き当日に持ち込めば、お焚き上げしてもらえることになりますね。

自分で処分する
正月飾りを粗塩でお清めし、新聞紙に丁寧に包んで出す

感謝の気持ちで正月飾りを塩でお清めをし、正月飾りを見えないようにして他の燃やすごみと一緒に出して大丈夫です。

塩はできれば粗塩を使用するか、寺社で扱われているお清め用の塩を利用しましょう。

※正月飾りに金具やプラスチックなどが使われている場合は分別して出しましょう

スポンサードリンク



正月飾りは喪中の場合はどうする

喪中の場合の正月飾り
「外」に飾る門松やしめ飾りはしない
「内」に飾るものは自由にしてもよい

故人を偲び、悲しくてとてもお正月を慶ぶという気分になれない場合を喪中とするので、年賀状を欠礼するのと同じように、基本的には外から見える正月飾りもしません。

しかし室内での正月飾りには特に決まりがないので、自分の気持ち次第でいいでしょう。

メモリアルアートの大野屋:喪中とは?期間と範囲は?

喪中とされる身内の範囲が広がり、期間が長くなっているのが近年の傾向です。

現在は喪中期間について規定があるわけではなく、一番大事なのは自分や家族の気持ちと言われています。

子供などお正月を楽しみにしている家族がいる場合などは、続柄と喪中期間を改めて確認してみてください。

悲しい気持ちのままお正月を無理にお祝いすることはありませんが、悲しみが薄れつつあり喪中も明けているならば、正月飾りはもちろん、いつも通りのお正月を迎えることもいいのではないでしょうか。

まとめ

正月飾りについて、基本的な情報をまとめてみました。

正月飾りを買う時期:12月13日から
正月飾りを飾る時期:12月28日
正月飾りを外す時期:1月7日(地域による)
正月飾りをお焚き上げ(処分)する時期:1月15日(地域による)

これだけ知っていれば、門松やしめ飾りなどの正月飾りを安心して飾ることができますね。

正月飾りで年神様をお迎えして、楽しい新年を過ごしましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す