ブラックフライデーとは?いつどこで行われる?安くなるものは?


ブラックフライデーとは?いつどこで行われる?安くなるものは?

「ブラックフライデー」という言葉を、ニュースでよく耳にするようになりました。

しかしこのブラックフライデー、名称で分かる通り日本発祥のものではありません。

ブラックフライデーとは、アメリカで毎年行われる大規模なセールの日であり、アメリカ国民が熱狂する一大イベント。

そしてこのブラックフライデー、日本でも広まりつつあるところです。

ブラックフライデーとは具体的に一体どういうものなのか、いつ行われているのか、また日本ではどういう風に受け止められているのかをまとめてみました。

スポンサードリンク



そもそもブラックフライデーとはなに?由来は?

ブラックフライデー
毎年11月第4金曜日に、アメリカの小売店などで大規模なセールが実施される流通イベント

アメリカではブラックフライデーの前日、11月第4木曜日が「感謝祭(Thanksgiving Day)」として国民の祝日になっています。

この感謝祭の祝日は、アメリカ国民にとって、家族や親戚・親しい友人が一斉に集まる大事な家族行事の日となっています。

感謝祭で集まった人々の多くはプレゼントを持ち寄って贈り合い、七面鳥料理などの豪華な食事を囲み、皆で楽しい時間を過ごします。

感謝祭の翌日となるブラックフライデーは、感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セールという意味合いもあり、このまま12月のクリスマス商戦への幕開けイベントになっています。

「ブラックフライデー」という名称は、日本語にすると「黒字の金曜日」という意味合いになります。

アメリカの小売業者にとって、1年のうちで一番売り上げが上がる日とされ、収支が黒字になることからブラックフライデーと呼ばれるようになりました。

ブラックフライデーはいつ行われるの?日本では

アメリカのブラックフライデーは一定期間継続する

11月第4金曜日(ブラックフライデー)~次の月曜日(サイバーマンデー)まで大規模セールは続く

11月第4木曜日「感謝祭」は国民の祝日で休みになりますが、ブラックフライデーと呼ばれる翌日の11月第4金曜日も、アメリカの多くの州では休日となっています。

よって、11月第4木曜日~日曜日までの4連休(感謝祭休日)となる州がとても多いのです。

そのため、ブラックフライデーの小売店で行われるセールは実質、金曜日から日曜日まで3日間続くことになります。

休暇が終わったあとの月曜日は、感謝祭で帰省していた人が自宅に戻ったり、職場で仕事に復帰した際、パソコンなどからオンラインショッピングをするため、今度は「サイバーマンデー」と呼ばれるオンラインセールが始まります。

この感謝祭翌日のブラックフライデーからサイバーマンデーまで、アメリカでは非常に消費が増えます。

そしてこのままクリスマス商戦へと続いていくため、ブラックフライデーはとても重要なセール開始日となっています。

日本でも広まりつつあるブラックフライデー

アメリカで毎年消費が大きく増えるブラックフライデーを参考に、GAPやトイザらスなどアメリカから上陸したショップだけではなく、イオンなど日本の小売店もブラックフライデーを積極的に取り入れるようになりました。

理由としては、日本は11月になると、12月のクリスマス・年末商戦を前にして消費者が買い控えをするようになり、売り上げが伸びなくなるためです。

そのため、アメリカと同じようにブラックフライデーから年末商戦に続くように消費を喚起する意味で、日本でもブラックフライデーのセールが広まりつつあります。

スポンサードリンク



ブラックフライデーで安くなるものは

アメリカでは、ありとあらゆるものが安くなる特大セールとなっています。

おもちゃ・衣料品・雑貨・電化製品・車・日用品・食料……なんでも半額セールは当たり前、なかには90パーセントオフの商品も用意されることもあります。

ただし数に限りのあるものも多いため、アメリカでは欲しい商品を手に入れるため、ブラックフライデーに日付が変わって開店と同時に入店できるよう、数日前から店舗前に並ぶ人もたくさんいます。

日本でもセーターなどの衣類が1着100円だったり、おもちゃが70パーセントオフになったりと破格のセールが開催されるようになってきたため、アメリカと同じとまではいきませんが、数時間前から店舗に並ぶ人も出てきました。

まとめ

アメリカ国民が買い物に熱狂するブラックフライデーについてまとめてみました。

その大きな経済効果に目をつけた日本でも実施店舗が増えてきたわけですが、ハロウィンのようにブラックフライデーも日本に定着するでしょうか。

ただし日本の小売業界は、一時的なセールで瞬間的な売り上げを伸ばすことに抵抗があるため、ブラックフライデーのようなセールではなく、デフレ脱却と継続的に消費を喚起する目的で「プレミアムフライデー」という施策を2017年2月24日(金)から毎月最終金曜日に実施します。

 デフレとは
「デフレーション」のこと。
物やサービスの価格が下がることなので、一見すると消費者にはメリットがあるように思えます。
しかし価格が下がると企業の売上も下がり、従業員の給料が減ったり解雇が増えるというデメリットがあります。
デフレの原因は物やサービスが売れなくなるからですが、売りたいので価格を下げる→企業の売上が下がる→給料が減る→買い物をしなくなる……という負のスパイラルに陥る可能性があります。

一時的な値引きセールをすると物やサービスの価格が下がってしまい、デフレ脱却が難しくなります。

そのため日本ではブラックフライデーのようなセールを普及させるのではなく、月末の金曜日は仕事を15時に終わらせ、買い物や旅行を消費者に積極的にしてもらうという取り組みをすることになりました。

でも実際のところ、月末の金曜15時に仕事を終えられる企業がどの程度あるのか不透明ですし、早く退社したからといって安売りしていないものを積極的に購入したり、プレミアムフライデー需要で旅行代金が上がるのにわざわざその日程で旅行に行く人が増えるのかどうか分かりません。

個人的にはアメリカと同じように1年に1回、年末商戦に向けて大安売りの期間があるのも楽しいのではないかなと思っています。

スポンサードリンク




コメントを残す