絵の具が服についた!落とすには洗濯する前の一手間がポイント


こんにちは、らひ子です。

小4次男が、図工で使った絵の具(水性/ぺんてる・サクラクレパスなど)で洋服を汚してきました。

この水彩絵の具って意外とやっかいで、普通に洗濯機で洗うだけでは落ちません。

事前対策として、図工や書道がある日は白い服を着ないようにしてもらっていますが、今回はうっかりしていました~笑

水彩絵の具は、乾くと顔料が固着するようになっているため(画用紙の上で乾くと固まりますよね)、それが洋服の繊維に入り込んで固まってしまうため落としにくくなるそうです。

というわけで、服についてしまった絵の具を落とす方法をまとめてみました。

スポンサードリンク



洋服についてしまった絵の具を落とす方法


※絵の具(水性・水彩)が服についてしまった翌日に処置
※洋服は完全に乾いている
※Tシャツの下側は黒色の絵の具、Tシャツ中央は広範囲に緑色の絵の具がついている

用意するもの

・洗濯用固形石鹸
※洗濯用の固形石鹸ならなんでもいいです
※スーパーなどで販売しています

・歯ブラシ

スポンサードリンク



絵の具を落とす手順


1. 固形石鹸を軽く水で濡らし、乾いた状態の絵の具汚れの部分にこすりつける
  石鹸は柔らかいので、少し力を入れてこすると、布地に石鹸がはりつく

2. 布地についた石鹸を、汚れ部分に手でよくもみ込む

3. 歯ブラシに水をつけて、汚れ部分をこする
  この際、布地が2枚重ねになっていると、下の布に色移りしてしまうので注意!
  不要なタオルを敷いたり、布地が重ならないように工夫する

4. ある程度汚れが落ちたら、洗濯機で洗う

※手洗い直後……あまり落ちていないように感じます


※洗濯機で洗濯した直後(濡れている状態)……下側の黒色汚れはまだ残っていますが、面積の大きかった中央の緑色汚れはほとんど分からないくらいに落ちています

実際にどのくらい絵の具汚れが落ちたか

洗濯機にかける前は「あまり落ちてないかな?」と思いましたが、乾かしてから見るとだいぶ黒色汚れもきれいになっていました!

緑色汚れは、もはや汚れがあったことすら分からないほどにキレイになりました。

注意点

・固形石鹸をこすりつけたり、もみ込んだり、歯ブラシで強くこするため、綿やポリエステルなどの強い生地にしか使えません

・色柄が濃く、色落ち注意とある生地には使えません

・絵の具で汚れてから著しく時間が経過した場合や、絵の具の色によっては同じ結果になるとは限りません

洋服についてしまった絵の具を落とす方法(その他)

調べてみると、絵の具の汚れ落としには、他にも色々な方法がありました。

次回以降、試してみたいと思います(汚してこないのが一番いいんですけどね~笑)

でんぷんのりを使用する方法その1(墨汁汚れにも)

1. 汚れ部分を、水と洗剤で手洗いしてすすぐ
2. でんぷんのりをたっぷりとつけて、手でもみ込む
3. 30分ほど放置する
4. 水ですすいでから、洗濯機で洗う

でんぷんのりを使用する方法その2(墨汁汚れにも)

1. 汚れ部分にでんぷんのりをたっぷりとつけて、手でもみ込む
2. 水ですすぐ
3. 洗濯用液体洗剤で、汚れ部分を手洗いする
4. 水ですすいでから、洗濯機で洗う

台所用洗剤とクレンザーを使用する方法

1. 汚れ部分に台所用洗剤をつけて、手でもみ洗いする
2. 水ですすぐ
3. 汚れがある程度薄くなるまで1~2を繰り返す
4. 汚れ部分に台所用洗剤をたらし、同じ部分にクレンザーをつける
5. 乾いたタオルの上で、汚れ部分を歯ブラシでこすり、タオルに汚れを移す
6. 水ですすいでから、洗濯機で洗う

でんぷんのり(なければ炊いてつぶしたご飯粒でもOK)なら、墨汁汚れにも対応できるようなので、覚書としておきます。

スポンサードリンク




コメントを残す