江ノ島イルミネーションのおすすめは?駐車場や水族館情報も


江ノ島イルミネーションのおすすめは?駐車場や水族館情報も

江の島といえば「夏」というイメージが強いかもしれませんが、冬はイルミネーションスポットとして有名です。

海水浴の時期と違い、冬の江の島は少し雰囲気が落ち着いているので、初めて江の島を訪れるのにもおすすめの時期です。

江の島イルミネーションの情報や江ノ島水族館のクリスマスイベント、おすすめ駐車場などをまとめました。

スポンサードリンク



江の島イルミネーションのおすすめポイントは

江の島シーキャンドル(江の島展望灯台)

湘南の宝石~江の島を彩る光と色の祭典~
開催期間:2016年11月26日(土)~2017年2月19日(日)
点灯時間:17:00~20:00(最終入場19:30)
料金:サムエル・コッキング苑 200円/シーキャンドル 300円

※江の島シーキャンドルはサムエル・コッキング苑内にあります

シーキャンドルのライトアップは、関東三大イルミネーション認定となっています。

江の島シーキャンドルから360度の範囲に吊るされるイルミネーションが作り上げる光の空間は、直径70メートルにもなります。

まさしく「湘南の宝石」であり、タイトル通りの美しい光と色を楽しむことができますよ。

↑2015年のイルミネーションの様子が公式動画にてアップされています

サムエル・コッキング苑内のライトアップ

「湘南シャンデリア」煌めく光のトンネル
開催期間:2016年11月26日(土)~ 2017年2月19日(日)
料金:サムエル・コッキング苑 200円

サムエル・コッキング苑に入ると、すぐに光のトンネルが現れます。

6万個のクリスタルビーズと、全長10メートルにもなる湘南シャンデリアは、海の流木を使用しています。

華やかな光のトンネルを抜けると、目の前にはライトアップされた空間が広がり、冬に咲くチューリップがイルミネーションに浮かび上がります。

他にも江の島内では、様々なところでライトアップが施されるので、ぜひエスカーに乗って島内を思う存分楽しんでくださいね。

公式サイト:江の島シーキャンドル

スポンサードリンク



江の島の駐車場をチェック!水族館にも行きやすい

江の島周辺の駐車場はどこが穴場?

上記のサイトでは、リアルタイムに駐車場の空き状況が分かります。

こうしてみると江の島には駐車場が多くあるように感じられますが、冬でも土日祝ともなると、あっという間に駐車場が埋まってしまいます。

江の島に車で行こうと考えている人は、午前中の早い時間に駐車場に到着できるように行動してください。

 おすすめ!片瀬海岸地下駐車場

江の島方面から国道134号線沿いにあり、入口も左折で入れるので分かりやすいです。

地下駐車場ですが車路が広く、車を停車するスペースにも余裕があるので、車庫入れが苦手な方でも大丈夫。

200円/30分で当日最大料金も設定されていて、1,680円で1日停めていられるので、4時間半以上でお得になります(7~8月をのぞく))

一度地上に出て少し歩かないといけませんが、新江の島水族館入口へは3分程度で到着できます。

江の島に行く場合は、江の島大橋を渡って徒歩15分くらいはかかるので、防寒対策はしっかりとしておいてくださいね。

江ノ島水族館のクリスマスイルミネーション

メリークリスマス in 新江ノ島水族館2016
開催期間:2016年11月1日(火)~12月25日(日)
営業時間(11月30日まで):9:00~20:00(最終入場19:00)
営業時間(12月1日~25日まで):10:00~20:00(最終入場19:00)
入場料:大人 2,100円/高校生 1,500円/小中学生 1,000円/3歳以上 600円

※12月4日(日)は湘南国際マラソン開催により周辺道路が交通規制されます
 近隣の駐車場が使えないのでご注意ください(詳しくはコチラ

毎年、水の生き物たちによるクリスマス展示やショーを行っている「えのすい」

とてもたくさんのクリスマス関連イベントが開催されるので、公式サイトでしっかりスケジュールをチェックしてから、お出かけしてくださいね!

公式サイト:新江ノ島水族館

・幻想的なクラゲのグラスツリー
小さなミズクラゲが入った59個のワイングラスを6段重ね、美しい照明をあてて、幻想的な雰囲気で展示されています。

・デンキウナギのecoツリー点灯
デンキウナギが発電するエネルギーを使って、ecoツリーが点灯します。
あわせてデンキウナギの生態も紹介されます。

・えのすいアクア・ツリー
 イルミネーション点灯時間:16:00~21:00(12月25日のみ16:00~20:00)
江の島水族館入り口前の広場に、高さ約6メートルのクリスマスツリーが設置されます。
ツリーと共にLEDライトでライトアップされた海の生き物をモチーフにした装飾と、月をモチーフにしたオーナメントライトが来館者を迎えてくれます。

・海月の宇宙(そら)~クリスマス~
 館内:クラゲファンタジーホール
 観覧無料/10分
ホール内では3Dプロジェクションマッピングを使って、光の雪が舞う美しいクリスマスが演出されます。
クラゲの棲む海の世界を潜水船で進むという設定で、クラゲの生態や水族館でのクラゲ飼育の歴史とこだわりを鑑賞することができます。

・相模湾大水槽クリスマスショー
 期間:12月1日(木)~25日(日)
 館内:相模湾大水槽
 観覧無料
水族館に入ってから最初に設置されている大水槽では、江の島水族館まえにある相模湾が再現されています。

その大水槽で行われるダイビングショー「フィンズ」と「うおゴコロ」開始5分前から、水槽内に気泡と雪の結晶が舞うクリスマス演出が実施されます。

まとめ

江の島には意外とたくさんのイルミネーションスポットがあります。

注意点としては、江の島は海のすぐ近くということもあり、冬はとにかく寒いです。

風が強いことも多く、防寒対策はしっかりしすぎるくらいにしておくことをおすすめします。

また、エスカーを使って岩屋方面まで行くなら、帰りはかなりきつい階段を長い距離上がらなければいけないので、体力の配分には気をつけてくださいね。

スポンサードリンク




コメントを残す