猫の毛が大量に抜けるのでラバーブラシでブラッシング


1週間に一度、猫の毛をラバーブラシでブラッシングしますが、わが家の猫は本当に1年中よく毛が抜けます。

ナルガ(ハチワレ/♀)とティガ(キジトラ/♂)2匹分の抜け毛を丸めると、小学6年生の長男の手のひらで写真の大きさになります。

猫は自分たちの毛で作られた毛玉ボールが好きで、転がしたりくわえて運んだりと熱心に遊んでくれるのですが、それにしても室内飼いの猫はよく毛が抜けますね。

季節の変わり目に猫はよく毛が抜けると言われますが、獣医師に訊いた最近の傾向と、猫の毛をブラッシングするのにおすすめのラバーブラシを紹介します。

スポンサードリンク



猫の毛は季節の変わり目だけ抜ける?

猫を飼い始める前は、私は「猫の毛は、季節の変わり目だけ多く抜ける」と思っていました。

しかし実際には、1年中、時期を問わず猫の毛はよく抜けます。

わが家の猫は2匹とも雑種で短毛ですが、普段からよく毛が抜けるし、季節の変わり目は普段より輪をかけてもっと毛が抜けます。

毎週行うブラッシングの際、あまりに毛が抜けるので不思議に思い、かかりつけの獣医師に訊いたところ、次のように言われました。

最近の室内飼いの猫は、1年中空調の整った室内で生活しているので、猫本来の「季節の変わり目にたくさん毛が抜け変わる」というサイクルがはっきりしなくなってきている

なるほど、と納得の回答でした。

夏はエアコンであまり暑さを感じないし、冬は床暖房で寒さを感じず、極端な温度変化にさらされることがないため、年間を通して毛が抜ける量が変わらなくなってきています。

スポンサードリンク



猫の毛をブラッシングするのにおすすめのラバーブラシ

猫がわが家に来てからずっと「毛とるん」ラバーブラシ(短毛種用)を使っています。

※長毛種用もあり

柔らかいシリコン素材のラバーブラシなので、結構強めにブラッシングしても痛くないらしく、子猫のころから嫌がることがありません。

黒白ハチワレのナルガの体をラバーブラシでブラッシングすると、写真のように毛が取れます。

シリコンゴムなので、毛があまり飛び散らずにブラシに絡んでくれて、たくさん取れるほど、上の写真のようにピラッと簡単にブラシから毛をはがすことができるので便利です。

基本的に毛はすべてブラシからきれいに取れるのですが、汚れが気になったら水道で丸洗いもできるので(全面シリコンゴムのため)手軽に使えます。

わが家の猫は、このブラシの感触を好むのか、ブラッシング中に逃げ出そうとしないのが助かります。

ブラッシング中にうっとりすることはないですが、「仕方ないか」という諦めの雰囲気を出して、じっとしていてくれますね。

わが家の猫は2匹ともあまり吐かないのですが、それは毎週のブラッシングでこれだけの毛が抜けているから、あまり毛を飲み込んでないおかげかな?と思っています。

ブラッシングしなかったら、相当な量の毛を飲み込んでいるんだろうなと感じます。

毛玉吐き戻し防止のためにも、ブラッシングが苦手な猫には、一度シリコン素材のラバーブラシを試してみることをおすすめします。

まとめ

猫の毛は放っておくと家の中だけでなく、洋服などにも毛がついて大変なことになるので、こまめな掃除が必要になります。

室内飼いはなにかと手間もかかりますが、それでも猫は可愛いし、猫との生活は幸せなので、これからも猫の毛のブラッシングを続けていきます。

スポンサードリンク




コメントを残す