おせち料理の意味と重箱は何段にするといいの?祝い箸とは?


おせち料理の意味と重箱は何段にするといいの?祝い箸とは?

日本のお正月に欠かせないおせち料理ですが、それぞれに意味があるって知っていますか?

そもそもおせちとは、かまどでご飯を炊いたり冷蔵庫がなかった時代に、正月三が日はかまどの神様を休ませるために、冬の常温で日持ちする料理を年末にまとめて作っていたものと言われています。

それが転じて、正月くらいは主婦も台所仕事をあまりしなくて済むようにという意味合いに変わり、今に続いています。

現在では年末年始もスーパーやファミレスが開いているので、おせち本来の「日持ちする正月の食べ物」という役割は消えつつありますが、おせち料理の重箱に詰められるそれぞれの食材には、きちんと意味があります。

おせち料理と重箱の意味や、おせち料理を食べる時に使う祝い箸についてまとめました。

スポンサードリンク



おせち料理のそれぞれの意味を知りたい

「おせち料理」は、季節の変わり目となる節句の時期に、神様にお供えする料理でした。

その中でも特に重要とされた節句は正月であり、それからおせち料理といえばお正月に食べるものとなりました。

正月に家にやってくる神様である年神様と一緒に食べる料理であり、家族の健康や幸せを祈って縁起のいい食材を詰めたものがおせち料理と呼ばれています。

祝い肴(いわいざかな)

黒豆

黒豆にしわができないよう甘く煮たもの。
「マメ」という言葉は、健康や丈夫さを意味しています。
黒く日焼けするほどマメに働けるように、マメに生活できるようにという語呂合わせです。

田作り

カタクチイワシの小さなもの(ゴマメと呼ばれる)を甘辛く煮たもの。
昔、カタクチイワシを田んぼの肥料にしたところ、米が豊作になったことから、五穀豊穣を願っておせちに入れるようになりました。

数の子

ニシンの魚卵を汁に漬け込んだもの。
ニシンの卵は数が多いので、子宝・子孫繁栄の意味が込められています。
「二親(にしん)」からたくさんの子が生まれるということで、おめでたいと言われています。

たたきごぼう

ごぼうを軟らかく煮てからたたき、開いたもの。
細いながらも長く地面の下に根を張るごぼうは、縁起がいいとされています。
ごぼうを開くことから開運にもつながり、細く長く幸せに過ごせるようにと願いが込められています。

口取り

紅白かまぼこ

紅白はお祝いの色とされています。
紅は魔除け・慶びを、白は清浄や神聖を表します。
かまぼこは日の出を象徴しているので、正月に欠かせない食材です。

伊達巻

魚のすり身(またははんぺん)に卵とだしを加え、甘く焼き上げた後、巻きすで巻いて形を整えたもの。
普通の卵焼きよりも見た目が華やかであることから、しゃれた装いを意味する「伊達もの」から名付けられたという説があります。
昔は、大事な書物や絵は巻物にしていたことから、学問や教養を身につけられるという意味があります。

栗きんとん

栗やさつまいもを餡にして練ったものに栗が入っている。
「きんとん」とは、豊かさと金色に輝く財宝を意味し、富を得られるように金運を願ったものです。

昆布巻き

ニシンなどの魚を昆布で巻いて煮たもの。
「喜ぶ」と昆布をかけた語呂合わせです。
また、ニシン(数の子に使う魚卵を産む)を巻いていることから、子孫繁栄の願いも意味します。

焼き肴(やきざかな)

鰤(ブリ)の焼き物

ブリは出世魚(魚の成長に合わせて呼び名が変わる魚)なので、出世を願う意味があります。

鯛(タイ)の焼き物

「めでたい」とタイをかけた語呂合わせです。

海老(エビ)の焼き物

エビは腰が曲がり長いひげが特徴であり、その様子から長寿や長生きが連想され、縁起のいい食材として正月料理に使われます。
またエビは脱皮を繰り返して大きくなるので、出世を願うものとして扱われます。

酢の物

紅白なます

生魚・にんじん・だいこんで作られる酢の物だったので「なます」と呼ばれます。
現在は生魚を使うことはあまりなく、ゆずの千切りを添えることが多くなりました。
にんじんとだいこんで紅白を表す、おめでたい料理です。

酢蓮(すばす)

れんこんの酢の物です。
れんこんには穴がたくさん開いていることから、将来がよく見える・見通しがきくという意味合いがあります。

煮物

煮しめ

八ツ頭(里芋)・こんにゃく・しいたけ・れんこん・しいたけ・にんじんを煮たもの。
にんじんは梅花といって、梅の花のように角の丸い5角形にしたものを使います。

金柑甘露煮

金柑を甘く煮たもの。
「きんかん」の「ん」は「運」に通じていて、2つあることから運を重ねるという意味になります。
また、金柑は財宝である金冠を表すので縁起がいいとされています。

おせちの重箱には意味があるの?重箱は何段にするのが正しい?

おせちの重箱の意味

おせち料理は重箱に詰められているのが一般的です。

重箱とはその名の通り箱を重ねたものであり、そのことから「めでたさを重ねる」という意味を持ちます。

また、おせち料理は1日で食べきるものではなく、数日かけて食べることから、保管場所を取らず、ほこりなどが入らないようにふた付きである必要がありました。

重箱を重ねることでふたにもなり、また場所を取らないという利便性もあるのですね。

重箱は外側が黒色の漆塗りで、内側は朱色であるのが正式とされていますが、現在は個性豊かな重箱が市販されていて、おせち料理だけではなく、運動会やお花見などにも気軽に使えるものになっています。

デパートなどで注文するおせち料理では、使い捨ての紙製重箱が採用されています。

重箱の段数について

地域によって違いはありますが、おせちの重箱は四段が正式とされているところが多いです。

しかし現在は、少人数の家庭が多くなり、デパートなどで注文するおせちは二段重や三段重が中心となっています。

おせち料理の詰め方も地域によって違いますが、一般的な四段重の場合を説明します。

一の重:祝い肴
黒豆・田作り・数の子・たたきごぼうなど、酒のつまみになるもの

二の重:口取り
紅白かまぼこ・伊達巻・栗きんとん・昆布巻きなど、家族全員が食べられるもの

三の重:焼き肴
鰤(ブリ)の焼き物・鯛(タイ)の焼き物・海老(エビ)の焼き物など

与の重:酢の物・煮物
※「四」は「死」を連想させるので、代わりに「与」を使います
紅白なます・酢蓮(すばす)・煮しめ・金柑甘露煮など

各段に詰めるおせち料理の品数は、奇数になるようにします。

五段重の場合、一の重から与の重までは四段重と同じように詰め、五の重は空にします。

これは、来年は重箱をいっぱいにできるくらい豊かになっていますように、という願いが込められています。

また、五の重を控えの重として、家族の好きなおせち料理を詰めることもあります。

スポンサードリンク



おせちを食べる時に使う祝い箸とは

おせち料理をいただくときには、柳で作られた「祝い箸」でいただくと縁起がいいとされています。

柳は厄を払うと言われています。

祝い箸は両端とも細くなっていますが、一方は年神様、もう一方を人が使うことで、正月は家にやってきてくれた年神様と共に食事をするという意味があります。

 年神様とは
元旦になると、山から各家庭にやってくる神様を「年神様」または「歳神様」といいます。
年神様は新しい年の幸福を、その家族にもたらしてくれます。

また祝い箸は両端が細く、真ん中が太くなっているので「はらみ箸」とも呼ばれ、五穀豊穣や子孫繁栄も表しています。

祝い箸は一度使ったら捨ててしまうのではなく、使った人が自分で洗って、松の内(1月7日)まで使うことになっています。

使い終えた祝い箸は、書き初めなどを燃やすどんど焼きで一緒に燃やします。

まとめ

重箱にぎっしりと詰まったおせち料理には、ひとつひとつに家族の幸せを願う意味があることを知って、ますますおせちを食べるのが楽しみになりました。

わが家のおせちは、結婚当初は半分以上を手作り → パルシステムで購入したものを重箱に自分で詰める+一部手作り → イトーヨーカドーのネットスーパーでおせちを注文して大晦日に配達してもらうという、主婦である私の手抜き遍歴ということになっています。

でもイトーヨーカドーでおせちを買うと、すべてのおせち料理に対して由来の書かれた説明書きが入っているので、お正月は家族でおせちを食べながら、「黒豆にはこういう意味があるんだね」なんて話をして盛り上がるので楽しいですよ。

子供にとっては苦手なものが多いおせち料理ですが、家族の健康や幸せを願うという意味があることを教えてあげたら、少しは楽しく食べてくれるかもしれませんね。

スポンサードリンク




コメントを残す