ノロウイルス消毒液の作り方や市販品は?手洗いも効果あるって本当?


ノロウイルス消毒液の作り方や市販品は?手洗いも効果あるって本当?

ノロウイルスに家族が感染してしまったら、他の家族にうつらないよう家庭内で対策をしなければいけません。

ノロウイルスは非常に感染力が強いため、感染者の嘔吐物の処理や使用後のトイレには、消毒が必須となります。

消毒の際に使う消毒薬は、市販の「ハイター」や「キッチンハイター」を薄めて作ることができます。

ノロウイルス対策のための消毒液の詳しい作り方や、市販の消毒薬の紹介、またノロウイルスを洗い流すことができる手洗いの方法などをまとめました。

スポンサードリンク



ノロウイルス対策のための消毒液の作り方

消毒液を作るために用意するもの

・次亜塩素酸ナトリウム
 商品名:(花王)ハイター・キッチンハイターなど
 ※洗濯用「ワイドハイター」は酸素系漂白剤なので効果ありません
・水
・ペットボトル(500ミリリットル用)

ノロウイルス対策の消毒液として、嘔吐物などを片付ける時に直接床を拭くための塩素濃度が高い1,000ppmと、ドアノブや便座など感染者が使用したものを拭くための塩素濃度が低い200ppmの作り方を説明します。

【塩素濃度1,000ppm】(塩素濃度高)

1. ペットボトルに次亜塩素酸ナトリウムを25ミリリットル(ハイター・キッチンハイターならキャップ1杯)入れ、水をペットボトルいっぱいに注ぐ
2. ペットボトルのふたをしっかりと閉めて、よく振って混ぜる

【塩素濃度200ppm】(塩素濃度低)

1. ペットボトルに次亜塩素酸ナトリウムを5ミリリットル(ハイター・キッチンハイターならキャップ1/5杯)入れ、水をペットボトルいっぱいに注ぐ
2. ペットボトルのふたをしっかりと閉めて、よく振って混ぜる

※500ミリリットルペットボトルの分量を基準にして、ペットボトルの大きさに合わせて次亜塩素酸ナトリウムと水の量を増やしてください
※次亜塩素酸ナトリウムは皮膚への刺激が強いので、ゴム手袋などを使用することをおすすめします
※塩素濃度200ppmでも金属が腐食してしまうため、ドアノブなど金属製のものに使用したら、消毒から10分後に水拭きをしてください

参考サイト(花王公式):次亜塩素酸ナトリウムを含む花王の塩素系漂白剤について教えて

赤ちゃんの哺乳瓶消毒に使うミルトンも効果あり

・ミルトン液体タイプ(10ミリリットル)
・水(490ミリリットル)
・ペットボトル(500ミリリットル用)

ペットボトルにミルトン液体タイプと水を入れてふたをしっかり閉め、よく振って混ぜると、塩素濃度が低い200ppmのノロウイルス消毒液ができあがります。

※塩素濃度200ppmでも金属が腐食してしまうため、ドアノブなど金属製のものに使用したら、消毒から10分後に水拭きをしてください

赤ちゃんがいてミルトンを日常的に使用してるなら、こちらもおすすめの方法です。

参考サイト(ミルトン公式):ノロウイルス感染対策

ノロウイルス消毒薬を市販で購入したい

参考サイト(カンファスイ正規品通販サイト):ノロウイルス対策について

わが家で実際に使っている、塩素濃度200ppmの次亜塩素酸ナトリウム水溶液です。

使い始めたきっかけはノロウイルスではなく、猫を飼っているのでその消臭剤として購入しました。

消臭剤としてはかなりの効果があり、猫用トイレや猫が嘔吐した後にも、スプレーボトルで希釈したカンファスイを匂い消しとしてシュッシュッとスプレーしています。

猫は匂いに敏感なので、一度嘔吐した場所に対して時間が経っても何度も砂をかける動作をしますが、カンファスイを利用するようになってからは、砂かけがなくなりました。

カンファスイは塩素濃度200ppmと低いように思えますが、カンファスイは弱酸性次亜塩素酸ナトリウム水溶液といって、同濃度の一般的な次亜塩素酸ナトリウム水溶液と比較すると、次亜塩素酸分子を約8倍含んでいます。

そのことにより、同じ200ppmの塩素濃度でも、約80倍の速度で除菌や除ウイルス効果を発揮してくれます。

ハイターやミルトンを使った手作りの消毒液よりも楽な点として、カンファスイには残留性がないので、ドアノブなどを拭いた後にさらに水拭きをする必要がなく、4倍に薄めると人の手指消毒にも使え、人や動物に悪影響を与えることがないことです。

ノロウイルスだけでなく、普段から室内・キッチン・お風呂場・ペット製品の除菌消臭、また手指や髪の毛・空間の除菌消臭ができる汎用性の高さが気に入って、カンファスイは2014年からずっと注文を続けているほど、わが家では愛用しています。

おかげさまで2014年からノロウイルスには家族の誰もかかっていないので、ノロウイルスに対してはまだ使ったことがないのですが、もし家族がノロウイルスにかかってしまったら、カンファスイ公式のノロウイルス対策ページを参考にカンファスイを使用してみます。

スポンサードリンク



ノロウイルスには手洗いが効果があるって本当?

手洗い用の石けんでは、ノロウイルスは殺菌できません。

ノロウイルスには前述してきたとおり、次亜塩素酸ナトリウムでないと効果がありません。

しかし、ノロウイルスを撃退する一番簡単な方法は、やはり手洗いになります。

ノロウイルスを手洗いで殺菌することはできなくても、石けんでよく手を洗うことにより、ノロウイルスを洗い流すことができます。

ただし、石けんをつけて適当に手を洗うだけでは効果はあまりないので、正しい手洗いの手順を覚えておきましょう。


※動画3分5秒~8分30秒までが具体的な手洗い方法となります

厚生労働省の公式手洗い動画で、かなり詳細に手洗い方法が開設されています。

ここまでの手洗いを毎回やるのは難しいかもしれませんが、手洗いの手順を覚えておくと役立ちます。

家族全員が、外から帰ったらしっかり手洗い・うがいを徹底して行えるようにしておきたいですね。

ノロウイルス感染者が家族にいたら、お世話をする家族は特に気をつけて手洗いを念入りに行うようにしましょう。

まとめ

ノロウイルス対策の消毒液の作り方を調べていて、ペットの消臭剤として使っていたカンファスイが、実はノロウイルスにも効く次亜塩素酸ナトリウム水溶液だということを始めて知りました。

今までなにげなく手軽な消臭剤として使っていたんですが、この冬からはノロウイルス対策として、学校から帰った子供にスプレーしてあげたり、外出用に小さいスプレーボトルに詰めて持ち歩きたいと思います。

ハイターやキッチンハイターは常備している家庭が多いと思うので、家族が急に嘔吐したり下痢をしたという時は、今回紹介した方法でハイターを水で希釈し、しっかりと対応してくださいね。

ノロウイルス対策も大事ですが、寒くなる冬に向けて、しっかりと丈夫な体作りと体を冷やさない工夫をして、病気に対する免疫力も高めていきましょう。

関連記事:ノロウイルスに家族が感染したら予防方法は?怖いノロに気をつけよう

関連記事:ノロウイルスとロタウイルスの違いと治療や食事は?出席停止日数は?

スポンサードリンク




コメントを残す