コストコ主婦のおすすめ日用品!たくさんの荷物運びに便利な台車は?


コストコ主婦のおすすめ日用品!たくさんの荷物運びに便利な台車は?

コストコでは食料品はもちろん、日用品もいくつか定期的に購入しているものがあります。

コストコの日用品は、どれをとっても大容量!

そのため「これ最後まで使い切れるかな……使ってみて自分に合わなかったらどうしよう」と買うのに迷う製品もありますね。

私が実際に使っていて、リピート買いしているコストコの日用品をまとめました。

また、コストコで食料品と日用品をある程度まとめて購入すると、とても一人では持てない量になってしまいます。

そんな時、台車があると便利なので、おすすめの台車も紹介しています。

スポンサードリンク



コストコを利用する主婦のオススメ日用品-2016年10月

スプレインウォッシュ/スプレー&詰替

スプレインウォッシュ
1,098円(スプレー本体 650ml+詰替 4.26L)
原産国:アメリカ

大容量の詰替ボトル付しみ抜き用合成洗剤です。

スプレー本体の650ミリリットルも、日本で一般的に売られているしみ抜き用洗剤より多いのですが、詰替ボトルがなんと4.26リットルもあります。

単純計算で、6.5回も本体に詰め替えることができます。

そう考えると、1,098円という価格は相当安いことが分かってもらえますよね。

成分:
界面活性剤
安定剤
酵素
防腐剤
芳香剤
水(無リン)

液性:弱アルカリ性

使用方法
1. 汚れている部分に直接スプレーを吹きつけ、繊維に液体をよく浸み込ませる
2. 汚れの程度に合わせ1~5分放置し、衣類の洗濯表示に従って洗濯機で洗う
※洗濯用漂白剤などと併用可

たとえば、えりや袖口の汚れの場合、汚れている部分にたっぷりとスプレーします。

とにかく詰替え分も含めて量が多いので、惜しみなくスプレーできるメリットを生かし、布がびしょびしょになるまでスプレーしましょう。

できればその後、使い古しの歯ブラシなどで汚れた部分を数回こするといいのですが、面倒だったらやらずに洗濯機に入れてしまっても大丈夫です。

他の洗濯物と一緒に洗濯機に入れて、あとは洗うだけで、えりや袖口の汚れがキレイになっています。

洗浄力は、日本で市販されているしみ抜き用洗剤より強力です。

注意点は、布にスプレインウォッシュを吹きかけてから乾燥するまで放っておいてはだめなことです。

放置時間はあくまで数分、スプレーした部分が乾かないうちに洗濯機に入れて洗濯してください。

スプレインウォッシュのデメリットは、人にもよりますが、匂いが結構独特でキツイこと。

「日本の洗剤にはない変わった匂い」というのが私の第一印象でした。

しかし何度か使っているうちに慣れてしまい、今は平気になりました。

汚れにたっぷりスプレーすることもあり、使ったスプレー量が多ければ多いほど、洗い上がりにスプレインウォッシュの匂いが残りやすいです。

家族の中でスプレインウォッシュの匂いが苦手な人がいると、使い続けるのは難しいかもしれません。

わが家は子供の上履き洗い用洗剤としても使っているので、服に使うのは無理だったいう場合は、靴用洗剤にするのもいいかもしれません。

ただ、スプレインウォッシュはとにかく量が多いので、わが家は平日はほぼ毎日夫のワイシャツの汚れ+週末に子供2人の上履き洗いにたっぷり使っていますが、それでも全部使い切るのに1年近くかかりました。

でも洗浄力が強くて、匂いを気にする家族もいないので、スプレインウォッシュはリピ買いしています。

イワタニカセットガス 12本入り

イワタニカセットガス
1,798円(12本入)
原産国:日本

コストコ:12本セット 1,798円 - 1本あたり約150円
スーパー:
(通常価格)3本セット 498円 - 1本あたり約166円
(特売価格)3本セット 398円 - 1本あたり約133円

スーパーの特売価格と比べると、コストコの方が高くなってしまいます。

しかしわが家では、冬になると毎週末の夕食が鍋になることが多く、カセットボンベは常備しておきたいので、冬の初めにコストコでまとめ買いをすることにしています。

また、防災面でもいざという時にはカセットコンロを使用するので、多めに保管しておくという意味合いもあります。

12本まとめて買っておくと、いざ使いたいと思った時に限ってない!ということがなくなるので、安心感がありますね。

スポンサードリンク



コストコでたくさん買い物をしたら荷物運びはどうする?

コストコへは車で行く人が多いと思いますが、店内~車を停めてある駐車場までは、コストコならではの大型カートに商品を乗せているので、特に不便は感じません。

しかし自宅について、買った荷物を車から下ろしているときに気づくのが、大量の荷物をどうやって自宅まで運ぶかという問題です。

一戸建てでカーポートからすぐ玄関なら、荷物運びで何回か往復しても問題はありませんが、これがマンションだと大問題になります。

駐車場で荷下ろししたはいいものの、荷物を自宅に運ぶために、駐車場と自宅を何度も往復したくないですよね。

そこで登場するのが、台車です。

台車というと、ガラガラととにかく車輪の音がうるさくて近所迷惑になるという印象がありますが、静音(省音)タイプの台車がたくさん発売されています。

こういった静音タイプの台車を使用することで、たくさんの荷物を駐車場と自宅まで一度に運ぶことができます。

小型樹脂製台車 こまわり君(省音タイプ)
耐荷重:100Kg
折りたたみハンドル
長さ600mm×幅390mm×高さ125mm(折りたたんだ状態)
ハンドルの高さ:790mm
台車の重量:3.9kg
日本製

うちではこの台車を実際に使っていますが、わが家はマンション住まいのため、タイヤ音の静かさのおかげで、台車を使うことに抵抗がなくなりました。

耐荷重も100キロあればコストコの荷物を運ぶには十分で、台車自体も4キロ以下なので、女性でも手で持ち運べます。

身長163センチの私が台車を押すには少しハンドルが低いですが、背の低い女性であれば逆に押しやすいのではないでしょうか。

いまや台車は、コストコへ買い物に行くときの必需品となっています。

まとめ

今回紹介した日用品以外にも、コストコでよく買っている日用品がまだまだあります。

これからもコストコのおすすめ日用品を紹介していきますので、気になったらまたコストコ記事をのぞきにきてくださいね。

台車は、コストコの買い物だけではなく、キャンプ用品を車に運び出す時や、スーパーの買い物で飲料ケースを買った時などにも便利に使えるので、一家に一台をおすすめします。

関連記事:コストコ主婦のおすすめ食料品!買い過ぎて冷凍庫に入らない?

スポンサードリンク




コメントを残す