大掃除を始める時期はいつ?リストで順番を決めスケジュール作成を


大掃除を始める時期はいつ?リストで順番を決めスケジュール作成を

年末が近くなると、主婦は大掃除のことが気にかかってきます。

テレビや雑誌でも大掃除の特集が増えてきますが、大掃除っていつから始めるのが一番いいのでしょうか?

大掃除では家全体の掃除をすることになるので、目についたポイントからやみくもに掃除をし始めるのは効率が悪いです。

細かい掃除のポイントを押さえるよりも前に、まずは不用品の処分をしてから、家の中の大掃除したい場所をリストアップして、掃除する順番や人を決めておくことをおすすめします。

その上でスケジュールを立てると、大掃除がとてもスムーズに進みますよ。

大掃除をするおすすめ時期や、掃除場所のリストアップ方法、大掃除のスケジュールの立て方などをまとめてみました。

スポンサードリンク



大掃除を始めるのにおすすめの時期は

大掃除を始めるのにおすすめの時期
・11月に入ったら不用品の処分を始める
・大掃除する場所やスケジュールを決める(次章を参考)
・12月に入ったらすぐ大掃除を始める

大掃除には、今年1年間の家の汚れをキレイにしてから、清々しい気持ちで新年を迎えるという意味があります。

そのため、なんとなく年末も押し迫った時期に大掃除を行うものと考えがちですが、12月中旬を過ぎるとクリスマスや年末年始の準備で忙しくなるので、それまでには終わらせておくのが理想です。

不用品の処分を11月に始める理由は、自治体のごみ回収が12月末になると変則的になる地域もあるからです。

特に年末の大掃除で出ることが多い粗大ごみや古紙・資源ごみなどの回収日はよくチェックしておきましょう。

また大掃除は主婦だけでなく、家族総出で行うことが多いので、夫や子供が休みの週末を利用することもあります。

大掃除が週末となると回数も限られてくるので、とにかく早めに動くことが大事ですね。

普段からこまめな掃除をしているならいいのですが、大掃除を考えているということは、1日ですべて終わらせるのは難しい掃除量だと思うので、数日~数週間かけて、無理のないスケジュールを立てて大掃除を行うことをおすすめします。

大掃除を早めに考えているなら
・大掃除する場所やスケジュールを決める(次章を参考)
・11月中は屋外を中心として大掃除をする
・12月中旬までに室内を中心として大掃除をする

屋外の掃除を寒い時期に行うのは、やはりつらいです。

できればまだ本格的な寒さに突入する前の11月の昼間に、庭・ベランダ・窓・網戸・玄関など、外気と直接触れる場所を掃除しておくと12月に入ってからが楽です。

さらに寒くない時期がいいのであれば、10月中からキッチンなどの水回りを、いつもの掃除+アルファで念入りに掃除しておくと、真冬の手荒れも少なく済みますよ。

大掃除リストを作り順番を決める

【大掃除リストの作り方】

 大掃除したい場所を箇条書きにする
例)
・キッチン
・風呂場
・廊下
・リビング……など

 その場所について、さらに細かく掃除したい項目を箇条書きにする
例)
・キッチン
 -換気扇を外して洗う
 -換気扇フードの掃除
 -コンロ台の掃除
 -コンロの五徳の汚れ落とし
 -コンロ周りの壁の掃除
 -蛇口を磨く
 -シンクを磨く
 -水切りかごの掃除
 -冷蔵庫内の掃除……など

 POINT2で箇条書きした掃除項目を家族の誰がするのか以下の条件で分ける
・自分一人で30分以内で終わるもの
・自分一人で30分以上かかるもの
・家族が行うもの
・家族複数人で行うもの

 掃除する順番を決める
基本的に掃除は上から下に向かってすると効率が良い
例)
リビング
 天井→電灯→エアコン→壁(電灯スイッチ類)→背の高い家具→棚→床……など

掃除項目を分けて、さらにその掃除は誰がやるのかまで決めておくと、次章で説明するスケジュールが立てやすくなります。

たとえば家族(夫や子供)で行う掃除なら、それは必然的に週末にすると決められますね。

自分一人で30分以内に終わるものなら、平日の掃除時間に少しプラスしたり、ちょっとした隙間時間にもできるので、スケジュールに柔軟に取り入れることができることが分かります。

 掃除する順番は、家族の誰がどこを掃除するかによって変わってきます。
天井から壁までは夫だけど電灯スイッチ類は私、という場合は、平日に自分が短時間で電灯スイッチの掃除を済ませておいて、週末に夫が天井から壁を掃除するようにしても構いません。
臨機応変にいきましょう。

スポンサードリンク



大掃除を始める前にスケジュールを立てよう

【大掃除スケジュールの立て方】

 カレンダー or スケジュール帳などに12月のごみ収集日を書き入れる
 申込が必要な粗大ごみや、回収日の少ない古紙や資源ごみの日は要チェック

 前章で決めた掃除内容と家族分担の振り分けを考えてスケジュールに組み込む

 掃除用品を100円均一ショップで揃える

 スケジュールは詰め込まないこと。
たとえば12月1週目は「ベランダ・玄関」、2週目は「洗面所・トイレ・浴室」、3週目は「キッチン」など、余裕を持たせたスケジューリングをおすすめします。
大型の洗濯(カーテンや毛布)は、天気のいい乾燥した日にするなど、おおざっぱなスケジュールで大丈夫です。

前章で作ったチェックリストとスケジュールを活用し、掃除が完了したらリストから消していくと、大掃除をしたという達成感も感じられるのでおすすめです。

まとめ

大掃除におすすめの時期や注意点、掃除する場所の細かいリスト作成と、余裕のあるスケジュールを立てる方法をまとめました。

家族で掃除分担をするにも、リストがあって大まかなスケジュールが決まっていると、自分だけではなく家族全員が動きやすくなります。

寒い時期で体を動かすのが億劫になりますが、自分でできる簡単なところは平日の隙間時間にパパッと済ませ、ベランダや窓など大掛かりな場所は家族みんなで協力し合って大掃除を乗り切りたいですね。

また、最近では大掃除をそもそも冬にはしないという方法もあります。

暖かい時期の方が水を使うのも苦にならず手荒れも少なく済むし、換気扇や網戸の汚れも気温や水温が高いので落ちやすいという利点があります。

年末の大掃除は日本の風物詩となっているので、気分的に大掃除をしないと新年を迎えるにあたって落ち着かないかもしれませんが、自分の都合や体調に合わせ、大掃除はいつの時期に行ってもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク




コメントを残す