年賀状の書き損じ交換はいつまで?手数料の金額や交換場所も知りたい


年賀状の書き損じ交換はいつまで?手数料の金額や場所も知りたい

年賀状を用意する時期になりました。

実際に出す枚数よりも多めに買うことの多い年賀状ですが、自宅で印刷を失敗したり、相手の宛名を書き間違えたりと失敗はつきものですよね。

そして買い過ぎてしまい、年明けに余らせてしまうこともあります。

書き損じてしまったり、余らせてしまった年賀はがきはどうしていますか?

 書き損じた年賀はがきとは

・表面(住所氏名などを書く面)に何かしら書かれたハガキ
・裏面に何かしら書かれたハガキ
・表面と裏面の両方に何かしら書かれたハガキ
・何も書かれていない未使用ハガキ

これらの年賀はがきを、もし捨てている人がいるとしたら、とてももったいないです。

書き損じや未使用の年賀はがきは、郵便局に持っていくと、新しい年賀はがきや普通のはがき・切手などと、少額の手数料を支払うことで交換してもらえます。

ただし、現金での返金はできないのでご注意ください。

特にハガキをたくさん取り扱うことになる年賀状の時期に知っていると便利な仕組みなので、交換期限や手数料の金額、交換できる場所などの詳しい手続き方法を、ぜひ覚えておいてくださいね。

関連記事:もらった年賀状の処分方法は?捨てるタイミングは?捨てないのもあり?

スポンサードリンク



年賀状の書き損じはがきを交換したいけどいつまでできる?

年賀状の書き損じハガキを交換できる時期

交換できる期間に決まりはない
 何年も前の年賀はがきでも大丈夫

ただし交換する時期によって、書き損じた年賀はがきの交換が、通常はがきになってしまうことがあります。

書き損じた年賀はがきを同じ年の年賀はがきに交換できるのは、年賀はがきが販売されている期間のみとなります。

だいたい毎年10月下旬~1月上旬が、年賀状の販売期間になります。

※2017年用年賀はがきの販売期間:2016年11月1日(火)~2017年1月6日(金)

年賀状の書き損じハガキはハガキ以外にも交換できるの?

年賀状の書き損じはがきから交換できるもの
・年賀はがき(販売期間内)
・切手
・普通はがき
・レターパック
・郵便書簡(ミニレター)

※郵便書簡とは62円で送付できる封筒型の手紙です
 封筒の内側が便箋になっていて直接メッセージを書くことができます

さまざまなものに交換できるので、普段あまりはがきを使わないようなら、切手に交換するのをおすすめします。

 年賀はがき左上の料金を表す部分(料額印面)が汚れているものは交換できません
 自宅プリンターで印刷をする際には、料額印面が汚れないよう気をつけましょう

 年賀はがきはくじ付きなので、書き損じはがきの交換を特に急いでいない場合は、お年玉くじの発表後に交換するといいでしょう
 書き損じはがきでも当選していれば賞品を受け取ることができるので、賞品を受け取ってからの交換をおすすめします

年賀状の書き損じはがきを交換する時にかかる手数料の金額

年賀状の書き損じハガキの交換手数料

1枚につき 5円

書き損じてしまった年賀はがきが10枚あった場合

1枚当たりの手数料 5円 × 書き損じはがき 10枚 = 合計手数料 50円

50円を支払うことで、新しいはがき or 切手などと交換することができます。

普通だとはがきを10枚購入したら520円かかるので、とてもお得に交換できますね。

書き損じた年賀はがきは捨ててしまわずに、ぜひ郵便局で交換してもらいましょう。

年賀状購入後に喪中となった場合の交換手数料

手数料無料

ただし無料交換期間は、年賀はがきの販売開始日から販売期間終了日までとなるのでご注意を。

また郵便局の窓口で、請求する人の住所氏名・亡くなられた方との続柄を書面に記入する必要があります。

もちろん年賀はがきに印刷や書き込みなどをしてしまっていても大丈夫です。

年賀状の種類を間違えて購入してしまった場合の交換手数料

手数料無料

近年は販売される年賀はがきの種類が大変多くなり、インクジェット紙を買うつもりが無地はがきを買ってしまったなどの間違いが起こりやすくなっています。

そういった場合、基本的には手数料無料で別の種類の年賀はがきに交換することが可能です。

参考:郵便局「書き損じはがき・切手の交換」

スポンサードリンク



年賀状の書き損じはがきを交換できる場所は?

簡易局を除くすべての郵便局

普通の郵便局ならどこでも交換が可能です。

まとめ

年賀はがきの書き損じや未使用分は、年賀状のままでも懸賞応募などに使えますが、やはり使い勝手が悪いですよね。

ここで紹介した方法を知っておけば、年賀状を買い過ぎたり書き間違えたりしても安心です。

また別の方法として、書き損じはがきを海外支援団体や難病研究団体、国内の復興支援団体などに寄付するという方法もあります。

書き損じハガキなんて役に立つの?と思ってしまいますが、集められた書き損じはがきを郵便局で切手に交換し、それを換金することで支援に役立てているようです。

こういった団体に寄付することで、間接的に誰かの役に立つこともできますね。

これからは、年賀状の時期にたくさん出てしまう書き損じはがきをただ捨てるのではなく、有効活用していきましょう。

関連記事:もらった年賀状の処分方法は?捨てるタイミングは?捨てないのもあり?

スポンサードリンク




コメントを残す