もらった年賀状の処分方法は?捨てるタイミングは?捨てないのもあり?


もらった年賀状の処分方法は?捨てるか捨てないか、捨てるタイミングは

お正月といえば、元旦に届く年賀状が楽しみですよね。

近年はメールでのやり取りも増え、年賀はがきを書かない人も増えてきていますが、年賀状が届き、めったに会えない親せきや友人の元気な様子を知るとホッとします。

そんなもらって嬉しい年賀状ですが、何年も大事にとっておくと、いつの間にか収納スペースを圧迫するような数になってしまいます。

その場合、思い出が詰まった大切な年賀状かもしれませんが、処分を検討することをおすすめします。

年賀状の処分方法やそのタイミング、年賀状を捨てるか捨てないか迷う気持ちとの折り合いのつけ方などを、私の体験談も交えて紹介します。

スポンサードリンク



もらった年賀状を処分する方法を知りたい

おすすめの年賀状処分方法
・シュレッダーにかけて裁断する

※気に入った年賀状だけとっておく
※気に入ったデザインの年賀状はスキャナーでデータ化してとっておく

年賀状はがきは紙類なので、市の古紙回収に出すことでリサイクルしてもらえることがあります(自治体による)

しかし年賀状には、自分の住所はもちろん、差出人の住所や近況、場合によっては写真つきの場合もあるでしょう。

個人情報の保護を考えると、シュレッダーにかけて元の状態を分からなくしてから、燃えるごみとして処分するのが一番おすすめです。

シュレッダーは手動と電動があり、わが家には両方ありますが、やはり電動シュレッダーがとても楽です。

特にハガキは厚みがあるので、手動だと何枚もシュレッダーをかけているうちに、とても手が疲れてしまいます。

年賀状を捨てるタイミングが知りたい

年賀状を捨てるタイミングは人それぞれ

・読んだらすぐに捨てる

・返事を書いたら捨てる
 年賀状は自分も出しているなら返事を出したと同じこととする

・1年分とっておく
 一番新しい年のものだけとっておく

・2年分とっておく
 昨年分と、一番新しい年のものだけとっておく
 喪中の場合などで自分に年賀状が来ない or 相手から年賀状がこないことを想定している

・3年以上とっておく
 年賀状をとっておく間にやり取りのなくなったものから処分する

読んだらすぐに捨てる・返事を書いたら捨てる場合は、相手の住所や年賀状の送付管理をPC(エクセルやはがき作成ソフトなど)ですれば、年賀状が手元になくても困りません。

スポンサードリンク



年賀状を捨てるべきか捨てないべきかは気持ちの問題

人物写真をシュレッダーにかけづらい

人物写真をシュレッダーにかけるのは心が痛みますが、写真ハガキはあなたに一度見てもらい、近況報告が完了した時点ですでに役割を終えています。

「元気な姿が見れてよかった、送ってくれてありがとう」という気持ちがあれば、処分しても問題ありません。

またどうしても気になるけど年賀状は処分したいということなら、スキャナーで画像としてPCに取り込み、データ化して保存することをおすすめします。

特に理由はないけど、どうしても捨てられない場合

「やっぱり人からもらったものを捨てるのは無理!」ということであれば、無理に捨てることはありません。

断捨離とか物を持たない暮らし方が流行っていますが、自分の気持ちに逆らってまで「なんでも捨てるぞ」と意気込んでしまうと、毎日の生活が楽しくなくなってしまいます。

スペースがあるなら気が済むまでとっておけばいいです。

いつか考え方が変わることもあかもしれません。

その時まで大事に保存しておきましょう。

私自身ははがきを早めに処分してしまいますが、夫や子供はずっととっておくので、たくさんハガキが入っても軽い無印良品のはがきホルダーを愛用しています。

自分以外の家族の年賀状に手を出さない

自分宛ての年賀状はどう処分してもいいのですが、くれぐれも家族の分まで自分と同じように処分しないようしてください。

夫婦連名できている年賀状は、夫とよく相談してから処分を検討してくださいね。

家族とはいえ、ものに対する価値観はそれぞれ違います。

自分のやり方を強要しないよう心がけてください。

まとめ

年賀状は捨てるまでは色々考えてしまいますが、一度捨ててしまったものに対しては、心残りや後悔することってあまりないと思います。

私の考え方になりますが、ものにはそれぞれの役割があります。

そういった視点でみてみると、年賀状とは

相手と自分、互いの手元に届いて「元気にしているんだな」と分かった時点で役割を終える

こんな風に私はとらえています。

そうするともう「年賀状ハガキ」そのものは、私にとって必要なくなるんですよね。

年賀状を受け取って読んだ瞬間の心のときめきがすべてで、住所や名前は単なる情報としてPCで管理します。

こう考えるようにしてから、年賀状をはじめとした手紙やハガキ自体に執着することがなくなりました。

実際のところ、年賀状を処分して困ったこともないので、今後もこの方法でやっていきます。

関連記事:年賀状の書き損じ交換はいつまで?手数料の金額や交換場所も知りたい

スポンサードリンク




コメントを残す