ロクシタンのハンドクリームが人気の理由は?おすすめやセットの紹介


ロクシタンのハンドクリームが人気の理由は?おすすめやセットの紹介

寒い季節は手荒れが気になり、主婦はハンドクリームが必要な時期になりますね。

私はロクシタンのハンドクリームを、2011年の冬シーズンからずっと愛用しています。

ロクシタンのハンドクリームに出会うまでは、長年ハンドクリームジプシーをしていました。

ドラッグストアで「おすすめ!」とポップが出ているものはほとんど使ってみたし、ネットの口コミで話題になっているものも片っ端から試してみました。

しかし、どれを使っても自分の希望をすべてかなえてくれるハンドクリームとは出会えなかったのですが、そんな時、ロクシタンのハンドクリームを新聞広告で知りました。

今でも私が1年中お世話になっているロクシタンのハンドクリームについて、人気の理由や実際の使用感・おすすめポイントなどをご紹介します。

スポンサードリンク



ロクシタンのハンドクリームが人気の理由は?

・塗ってすぐでもべたつかない
・無香料、あるいはすぐに香りが消える
・チューブタイプで気軽に使える(持ち運びが楽)
・手荒れ防止効果がきちんと現れること

どれもハンドクリームとしては当たり前の機能ですが、市販のハンドクリームでは、なかなかこれらすべての条件を満たすものが見つかりません。

ロクシタンは「ナチュラルコスメティックブランド」として、厳選された植物素材を使用したスキンケアやボディケア製品などを販売しているショップです。

路面店や地下街・デパートなどに、テナントで入っているのを見かけることも多いですね。


※トップページのキーワード検索で「ハンドクリーム」と入れると便利です

ロクシタンのハンドクリームが人気の理由は?おすすめやセットの紹介
シア ハンドクリーム

私が愛用しているのは、シアハンドクリームです。

写真左は150mLを店頭で購入したもの、写真右は使い終わった30mLサイズのシアハンドクリームとの大きさ比較です。

150mLは持ち歩くには不便な大きさと重さですが、価格的には30mL約2.7本分とかなりお得なので、私は自宅で150mLを使っています。

持ち歩くなら30ミリリットルか、期間限定ハンドクリームセットなどに入っている10ミリリットルの小さいサイズがおすすめです。

塗ってすぐでもべたつかず、香りは弱くすぐに消え、チューブタイプで持ち運び便利、そしてなにより手荒れを防止効果がバッチリ。

水あるいはお湯を使った後、タオルでしっかりと手の水分を拭き取り(濡れたまま放置すると肌が必要以上に乾燥してしまうため)、シアハンドクリームをこまめに塗り直すことで手荒れとは無縁になります。

シアハンドクリームの成分表

シアハンドクリームの成分表になります、参考までにどうぞ。

ロクシタンのハンドクリームを実際に使っている私のおすすめポイント

ロクシタンハンドクリームのおすすめポイント

シアハンドクリームは、チューブから出した直後は、少し硬めのクリームになっています。

手の甲に適量クリームを出し、両方の手の甲でクリームを少しだけ温めるようにすると、あっという間に伸びのいい柔らかいクリームになります。

手の甲から指先までしっかりとクリームを塗り込むと、シアバターの保湿成分が作用して、手だけでなく、爪先の荒れも防いでくれます。

保湿効果があるのに、塗ってすぐでもべたつかないため、すぐに別の作業に取り掛かることができて、こまめな塗り直しが苦になりません。

クリームに空気が含まれたホイップタイプのシアホイップハンドクリームも冬季に販売されますが、こちらは通常のシアハンドクリームよりもやわらかめのクリームになります。

実際使ってみた感じ、最初から軽いホイップタイプより、通常のシアハンドクリームを丁寧に伸ばして使う方が私好みでした。

ちなみに、シアハンドクリーム以外の香りがついたタイプのハンドクリームは、比較的ゆるめのクリームになっています。

ロクシタンハンドクリームの残念ポイント

価格が高いことです。

しかし、ドラッグストアなどで販売されているハンドクリームに比べると、ロクシタンの製品は高く感じますが、使い勝手を考えると絶対に損はしない値段です。

これだけ使い勝手が良ければ、ベタついたり香りがきつく手荒れ防止効果の薄いハンドクリームを使って毎日地味にストレスをためるより、少しくらい高くてもロクシタンのハンドクリームを胸を張っておすすめします。

150ミリリットルサイズなら、毎日毎晩こまめにハンドクリームを使っても、余裕で冬のシーズン中は持ちます。

実際には春~初夏の頃でも余るくらいなので、一見高いと思える価格でも、コストパフォーマンスはいいでしょう。

また、シアハンドクリーム以外の香りのついたタイプのハンドクリームは、かなり香りが強いので、人前で使う際は注意してください。

使ってしまえば香りは割とすぐに消えるのですが、外出先で使用する場合、匂いに敏感な人もいるため使う場所は配慮しましょう。

特にレストランや電車の中などでの使用はおすすめしません。

スポンサードリンク



ロクシタンのハンドクリームを試すならセットがお手軽

私は基本のシアハンドクリームをメインに、ミニサイズ(10mL)でラベンダー・チェリーブロッサム・ローズ・ヴァーベナなども使ってきました。

シアハンドクリーム以外は香りが強めなので、私は寝る前にたっぷり手に塗って、ラベンダーなどのいい香りに包まれ癒されながら眠りにつきます。

香りつきハンドクリームが気になるなら、店頭で一度香りを確認してみることをおすすめします。

または、ロクシタン公式ネットショップで販売されている10mLサイズのハンドクリーム数本セット(数量限定)で、小さいサイズをお試ししてみるのがいいですね。

10ミリリットルサイズのハンドクリームはかなり小さいので、使い切るのはそれほど大変ではありません。


※トップページのキーワード検索で「ハンドクリーム」と入れると便利です

まとめ

決して安いとはいえないロクシタンのハンドクリームに根強い人気がある理由は、価格以上の価値があるとみんなが認めているからでしょう。

ロクシタンなんてオシャレな雰囲気のお店とは一生無縁だろうな、と思っていた私でしたが、今ではシアハンドクリームの魅力と効果にすっかりハマってしまっています。

また、ロクシタンショップにいる販売員さんはとても親切なので、自分のものはもちろん、友人へのプレゼント選びでも親切にアドバイスがもらえるので助かっています。

店頭の商品は多くのものがお試しできるので、気になる商品があったらショップでの買い物もおすすめします。

ロクシタンではいつもさまざまなキャンペーンを行っているので、ロクシタン公式サイトもチェックしてみてくださいね!

スポンサードリンク




コメントを残す