寒さ対策になる子供の服は?小学生の通学や寝相が悪い子には?


寒くなる冬には、大人だけではなく子供も寒さ対策が必要になります。

大人よりは寒さに強いと言われる子供ですが、それでも暖かい格好をさせてあげたいものですね。

小学生の子供に適した服装や、冬の夜でも寝相が悪く布団も掛けずに寝てしまう子供への対処法をまとめました。

スポンサードリンク



寒さ対策になる子供の服や格好が知りたい

・アウター(防風になるもの・ダウンジャケット)
・トップス・ボトムス(ヒートテック)
・下着(ヒートテック)
・レギンス or タイツ
・帽子(ニット帽・耳まで隠れるもの)
・手袋
・ネックウォーマー
・厚手の靴下

・貼らないタイプのカイロ
・マスク

最近のダウンジャケットはユニクロ製品に代表されるように、暖かいのにかなり薄くて軽くなっています。

服がモコモコしていると動きにくく子供は嫌がりますが、薄くて暖かいダウンなら大丈夫です。

ヒートテック(類似品含む)に関しては、トップスやボトムスだけではなく、レギンスや帽子・手袋・ネックウォーマー・靴下などすべてヒートテックにするのもおすすめです。

ヒートテック自体、薄手のものが多いので、厚手の服が苦手な子供にもピッタリですね。

また、暖かい空気は層の中にたまるので、ヒートテックを重ね着すると(下着+トップスなど)、とても暖かく過ごせます。

外にいて冷たい風が強い時は、頭や首・手がどんどん冷えてきます。

耳が冷えると頭が痛くなったりするので、耳まで隠れるニット帽が便利です。

体の中で「首」と名のつくところを冷やすと、体全体の冷えへとつながるので、ネックウォーマーや手袋も必須ですね。

服装ではありませんが、子供には貼らないタイプのカイロもおすすめです。

貼るタイプは万が一熱くなりすぎた時でも、子供によっては気づかないまま低温やけどをしてしまうことがあるので、おすすめしません。

マスクも防寒効果が高いうえ、乾燥した冬の空気から鼻や口の粘膜を守ってくれるので、風の強い日などは特におすすめします。

小学生の寒さ対策はどうすればいい?

学校までの距離にもよりますが、基本的には前章の服装で問題ありません。

しかし、以下のような状況では臨機応変に対応してください。

暖房としてエアコンを使用している

わが子は市立小学校ですが、数年前から全教室にエアコンが設置されました。

(担任の考え方にもよりますが)エアコンは朝から下校時までついているので、教室内はかなり暖かく、また乾燥しています。

ヒートテックの重ね着をすると、教室内が暑く感じることもあります。

最近のヒートテック下着は吸湿性のあるものが多いですが、たくさん汗をかくと下着が濡れて体が冷えてしまうので注意が必要です。

こういった場合、登下校時はダウンジャケットなどの暖かいアウターを使用し、教室内ではヒートテックではないトップスに、調整ができるカーディガンやトレーナーを脱ぎ着するよう子供に教えてあげましょう。

体育の授業がある

体操服に着替える時、下着をつけたままなのか脱ぐのか(女子は脱ぎません)により、ヒートテック下着にするかどうか決めましょう。

ヒートテック下着を脱がない場合、運動時に汗をかきやすくなり、下着が濡れることにより、体育の後に体を冷やしてしまうことになります。

替えの下着を用意するのか、下着を脱いで直接体操服を着るのかは、子供に確認した方がいいですね。

子供の寝相が悪いので寒さ対策をしたい

小学校高学年など年齢が上がるにつれ、就学前はかなりひどかった子供の寝相も、だんだん落ち着いてきます。

それでもまだ大人のように静かに眠ることはなく、真冬の夜中でも布団を蹴ってはがし、何も掛けずに寝ていることもありますね。

基本的に子供は暑がりなので、大人と同じ感覚で毛布+厚手の布団を掛けたりすると、暑さから寝ているとき無意識に布団をはいでしまいます。

冬に布団を掛けないで寝ているのをみると、風邪をひかないか心配になりますが、対策として以下のようなものがあります。

スポンサードリンク



身につけるもの

・腹巻
・スリーパー
・パジャマの上着の裾は必ずズボンに入れる

小学校低学年くらいまでは、使っている子供が多いものです。

スリーパーはタオル地で薄手のものから、毛布タイプの厚手のものまでさまざまな種類があるので、季節によって使い分けてください。

腹巻やスリーパーは、体をきつく拘束することなく、お腹周りの冷えを防止してくれるので、布団を掛けていなくても安心です。

また、防寒のために靴下や帽子は使わないでください。

体温調節がしづらくなったり、子供は暑がりなので頭や足に不必要に汗をかいてしまい、そこから冷えの原因となります。

パジャマの素材も吸湿性のいいものにしてくださいね。

暖房をつける

・デロンギヒーター(夜中につけっぱなしでも安全なもの)
・加湿器

空気を汚さない暖房器具を、リビングの温度よりは少し低めの設定でつけておきます。

部屋が適度に加湿されていると暖かさを感じやすくなることと、湿度を保つことで風邪などにかかりづらくなる効果があります。

寝室が冷えていると布団やベッドも冷え、寝る時にも布団から出ている頭や肩が冷えて寝つきが悪くなるので、部屋全体を暖めるのはおすすめの方法になります。

お風呂上がりにすること

髪の毛は完全に乾かすようにしてください。

喉が乾いたら、ノンカフェインのお茶(麦茶など)や白湯を、温かいまま少しずつ飲みましょう。

緑茶や紅茶、冷たいジュースを飲むと体が冷えてしまいます。

また、冬は肌が乾燥しやすくかゆみを生じることがあるので、安眠のために肌の保湿もしっかりしてください。

子供へのおすすめはワセリンです。

普段から肌の保湿はもちろん、ちょっとした肌トラブルなら、わが家はワセリンだけで治してしまいます。

関連記事:冬の乾燥肌にはワセリンを!成分は安全なの?上手な塗り方は

まとめ

子供用のヒートテック素材の服や小物が増えてきて、冬の寒さ対策をするのも便利になりました。

しかし大人が思うより、子供は暑がりです。

つい心配して、昼も夜もたくさん服を着せたり防寒させてしまいがちですが、子供が「暑い」というなら少し様子をみて対応してあげられるといいですね。

寒さの感じ方は人それぞれ、子供に合った寒さ対策を見つけてあげてください。

スポンサードリンク




コメントを残す