寒さ対策を風呂や床タイルにする方法は?風呂場の窓にも注意


冬のお風呂場や脱衣所って、とても冷えますよね。

そこで、二重窓にしたり、壁や床を断熱素材に変えるなどの大がかりな工事をせずに、なるべく手軽にお風呂場や脱衣所を暖める方法やグッズを調べてみました。

スポンサードリンク



寒さ対策を風呂や脱衣所でするにはどうしたらいい?

浴室の寒さ対策

・浴室暖房をする
・暖房器具を脱衣所に置き、浴室に向けて暖める
・換気扇を止める(マンションなら24時間換気を一時的に停止する)

最近のマンションは、浴室暖房がついていることが多いので、こちらを活用するのが手っ取り早いです。

湿度が高いと体感的にも暖かく感じるので、風呂に入る20分くらい前から風呂のふたを開けて浴室暖房をつけるとよいでしょう。

また、暖房器具を脱衣所に置き、浴室を直接暖めるのも浴室暖房と同じ効果があります。

ただしこの場合は湿気があると危険なので、風呂のふたは開けないようにしてください。

換気扇や24時間換気を止めるのも効果が大きいです。

ほんのわずかな空気の流れでも、濡れた体にはかなりの寒さを感じます。

24時間換気は最新のマンションでは止められないことが多いのですが、もし停止できるならした方が暖かくお風呂に入れますよ。

注意点としては、24時間換気は最後の人がお風呂から出たら、必ずオンにしておいてくださいね。

冬場は24時間換気を切ってしまうと、部屋の窓の結露がひどくなることがあります。

・浴槽のお湯をためるのを、シャワーで行う

シャワーの温度を高めにして、シャワーのお湯が浴槽に入るようにしてためます。

シャワーの湯気で浴室全体が暖まります。

残念ながら自動給湯ではないので、時間を計って手動で止めなければいけないのが大変ですが、小さめの浴室ならおすすめの方法です。

お風呂に入る30分くらい前から、風呂のふたを開けておくという方法もありますが、小さく窓のない浴室でないと効果はないです。

湯気が浴室に充満すると、カビの心配も出てきますが、入浴中は気にすることはありません。

最後の人がお風呂から出る時に、冷水を壁や床にさっとかけ、窓を開けて換気をよくしてください。

マンションなどで窓がない場合は、壁を乾いたタオルで拭くと、よりカビが生えにくくなります。

スポンサードリンク



湯船のお湯を冷まさない方法

・湯船のふただけでなく、アルミシートをお湯に直接載せる

湯船にするふただけだと、寒い冬には湯温がどんどん下がってしまいます。

お風呂を沸かし直すのにもガス代がかかってくるので、なるべく家族全員が続けて入ることが一番なのですが、実際には難しいですよね。

その場合、アルミシート(100円均一でも売っています)の銀色の面を直接お湯に載せることで、湯温が下がりにくくなる効果があります。

わが家でも実際に使っていますが、お風呂のふただけより長時間湯温を保ってくれます。

しかも100均のものなら、ハサミで簡単に浴槽の大きさに切ることができ、汚れてきたら惜しみなく捨てられ買い直しも楽なのでおすすめです。

脱衣所の寒さ対策

・脱衣所には小さな暖房器具を置いておく

脱衣所用にわざわざ購入しなくても、部屋などで使っている小さめのファンヒーターや遠赤外線暖房器具を、お風呂に入る10分前くらいに脱衣所に移動させて暖めておけば十分です。

ただし電気器具なので、水などがかからないよう注意をしてくださいね。

風呂のタイルや床の寒さ対策はどうする?

・お風呂用マットを敷く

風呂のタイルが冷たい場合は、風呂用マットを敷くことをおすすめします。

すべり止めにもなるので、小さい子供やお年寄りがいる場合も安心です。

風呂場の窓の寒さ対策に効果的なものは?

・窓にプチプチを貼る

窓ガラス結露防止シート 水貼り

お風呂場では、窓に伝わってくる冷気や、ちょっとした隙間風でも体感温度が下がってしまいます。

冬場は窓にプチプチ(エアクッション)を貼ると、冷気を防止してくれます。

浴室内だけでも十分効果はありますが、窓の外側にも貼るともっと冷気の遮断効果が高くなります。

まとめ

冬のお風呂は、寒いからといって早く済ませるのではなく、体を温めて夜にいい睡眠をとるためにも、できるだけゆったりと快適に過ごしたいですよね。

浴室や脱衣所と、暖かい部屋との気温差をなるべくなくして、楽しいお風呂タイムを過ごしましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す