寒さ対策には窓のカーテンが重要!窓シートの効果や結露の対処方法も


寒く本格的な冬がやってきます。

最近はヒートテックなどの機能性ウェアも増えてきましたが、真冬の部屋の中は、やはり暖房なしではいられませんね。

しかし、窓を閉めているのに外から伝わってくる冷気で、暖房効率が悪くなっていませんか?

最近は大きな窓が設置されている家も多いので、窓からの冷気対策が重要になってきます。

また寒さ対策と同時、結露に悩まされることもある冬の窓ですが、その対処方法を説明します。

スポンサードリンク



寒さ対策には窓のカーテンを工夫する

カーテンを断熱効果のある厚手のものにする

・カーテンを厚手で断熱効果があるものにする
・カーテンの長さは、床+15センチくらいにする
・カーテンと壁にマジックテープを取り付けて密着させる

「レースのカーテン」+「通常のカーテン」という構成が多いですが、通常のカーテンを、厚手で断熱効果がうたわれているものに交換してください。

レースのカーテンはそのままで大丈夫です。

断熱カーテンが長すぎるように感じますが、冷たい空気は重いため、床に届かないカーテンだと、その隙間から足元に冷気が伝わってきます。

それを防ぐためカーテンを長くし、壁と接する面にはマジックテープを取り付けて、壁とカーテンの隙間をなくします。

デメリットは、長いカーテンが床のほこりを集めやすくなるので、こまめな掃除が必要になることです。

昼間の太陽の熱を利用する

日差しがよく入る部屋なら、カーテンを開けてしっかりと昼間の太陽の暖かさを取り込んでください。

そして日差しが入ってこなくなったら、すぐにカーテンを閉めます(雨戸がある場合は雨戸も閉める)

こうすることで、室内の暖かい空気が冷えにくくなります。

寒さ対策に窓のカーテンを工夫する以外の方法は?

衝立(ついたて)を利用する

窓際あったか 発泡ボード ライトスリム

発泡ポリエチレンとPPフィルムで作られている窓際に設置する衝立です。

窓の近くに立てるだけで、窓からの冷気をこのボードが防いでくれるので、部屋の温度が下がりにくくなります。

ハサミで好みの大きさに切ることができるので、手軽に使えて便利ですね。

プチプチを窓に貼る

窓ガラス結露防止シート 水貼り

いわゆるプチプチ(エアクッション)ですが、通常のものよりシートが約7ミリと厚めなので、省エネ効果が期待できます。

窓から伝わってくる外の冷気を伝わりにくくしてくれるため、暖房効率がアップします。

また冷気を防止するため、結露防止効果も多少はあります。

こういったシートははがす際に、窓ガラスにのりが残って取るのが大変だったりするのですが、このシートは粘着テープを使わない水貼りタイプなので、貼るのもはがすのも簡単です。

デメリットは、いかにもプチプチという見た目と、景色が見えなくなってしまうこと(=目隠しにはなる)でしょう。

スポンサードリンク



寒さ対策と同時に行える窓の結露対策が知りたい

結露は外の温度が低くなり、暖かい室内の温度との差が大きくなると、部屋の中の窓に発生します。

窓そのものを温める

marutihi-ta マルチヒーター 180型

窓のすぐそばに設置できる細長いヒーターです。

温度制御機能がついているため、カーテンなどが触れても火災の心配がありません。

窓にシートなどを貼って断熱するのではなく、直接窓を温めてしまうタイプの対処法ですね。

結露が起きにくくなることに加え、窓からの冷気も遮断してくれるので暖房補助としても利用できます。

サーキュレータを使用する

空気の中に存在している湿気が、冷たい窓にくっつくことによって結露が起こるので、サーキュレータ(または大型の扇風機)で、部屋の空気を常に循環させておくのも効果的です。

湿気が窓にくっついて冷えてしまう前に、風で移動させるという仕組みです。

サーキュレータは一台あると、洗濯物の室内干しなどでも活躍するし、冷暖房問わず部屋中の空気をかき混ぜてくれるので、重宝しますよ。

うちでは無印良品のサーキュレータを愛用しています。

寝る前に空気の入れ替えをする・加湿器を切る

リビングの窓が結露する場合、別の部屋で寝ることが多いと思うので、寝る前にリビングの窓をいったん開けて、部屋の温度を少し下げるのも効果があります。

寝室でないならば、加湿器のスイッチは切っておくことをおすすめします。

断熱テープ・水とりテープを利用する

幅がひろ~い水とりテープ 結晶柄

サッシ枠断熱テープ16 シルバー

どれだけ対策してもなかなかなくならない結露。

だからこそ、窓と同じくらい熱を伝えやすいサッシ枠への断熱テープの使用や、窓の下側に貼り付けるタイプの水とりテープで、毎日のお手入れを楽にしましょう。

注意!!

窓が結露しなくなると、室内の湿気は別の場所へ逃げます。
たとえば窓近くの壁や天井、部屋内のタンスの裏などに湿気が溜まりやすくなり、気づかないうちに壁紙がふやけたり、見えない場所にカビが発生することがあります。
完全に結露を抑えられなくても、上記のような結露を減らす対策をして、窓ふきの負担を減らす程度に考えるといいかもしれません。

まとめ

窓からの冷気対策と、結露対策はいかがだったでしょうか?

窓がたくさんあったり、窓の広い家は明るくて気持ちがいいですが、寒さについては悩まされます。

今回ご紹介した寒さ対策の中で、少しでもお役にたつものがあれば嬉しいです。

また結露に関しても、家の中に湿気が少なければ結露は起こりにくくなりますが、インフルエンザなどが流行る時期ということもあり、部屋の湿度も一定以上には保ちたいですよね。

こういった環境で生活する以上、結露を完全になくすことは難しいですが、ちょっとした一手間で、少しでも家事の負担が軽くなればいいと思います。

寒い冬でも、家の中は快適に過ごせるようにしていきましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す