初詣に行く理由と時期はいつまで?神社とお寺はどちらに行けばいい?


お正月に欠かせないものの一つに、初詣がありますね。

でも初詣って、どういう理由や意味があって行くものなのか知っていますか?

また初詣はとても混雑するので、できれば三が日過ぎてから行きたいけど、それでもご利益はあるのかどうか、神社とお寺が近所にあるけど、どちらに行ったらいいのかなど分からないことも多いものです。

初詣に行こうと考えている方に役立つ情報をまとめてみました。

スポンサードリンク



初詣に行く理由ってあるの?

初詣の習慣は、江戸時代に始まったとされています。

地元の神社に参拝し、昨年1年間無事に過ごせたという感謝の気持ちを神様に伝えます。
その後、今年の目標や抱負を宣言して、また無事に過ごせるよう神様に祈願する行事です。

それが現代まで続いてきたものが「初詣」で、交通機関の発達により、地元の神社ではなく有名神社などに詣でることも多くなりました。

神社の神様は、その土地や人々を守ってくれる神様です。

その神様への感謝と祈願をするために、現在でも初詣という行事が続いているのですね。

また正月には、日の出とともに家にやってくる神様もいて「年神様(歳神様)」と呼ばれています。

それぞれの自宅の玄関にある門松に年神様がやってきて、その後、家の中にある鏡餅をご神体とします。

年神様は、1年間、その家に幸せをもたらすためにやってきてくれます。

よってお正月は、家にやってくる年神様を迎えて感謝したのち、家族そろって初詣として神社にいる神様を参拝するという流れになりますね。

寺社参拝の豆知識

「二礼二拍手一礼」とは
拝殿に進んだところで鈴を鳴らしたり拍手をしたりお辞儀をしたりする順番って、決まりがあるの?
と疑問に思ったら「二礼二拍手一礼」を思い出してください。

1. 賽銭箱にお賽銭を静かに入れる(投げ入れない)
2. 鈴を鳴らす
3. 「二礼」2回深くお辞儀をする
4. 「二拍手」2回手を打ってから、そのまま手を合わせて祈る
5. 「一礼」最後に1回深くお辞儀をする

他にも鳥居をくぐる前に一礼したり、手水舎で身を清める手順などの参拝マナーがありますが、あまり難しく考えず、まずは覚えられる範囲から実践していきましょう。
あくまで神様と自分の関係が大事なのであり、マナーにとらわれすぎて、肝心な感謝の気持ちを神様に伝えられなかったら意味がありませんからね。

スポンサードリンク



初詣に行く時期はいつまでが正しいの?

三が日を初詣とすることが多いのですが、一般的には松の内(関東:1月7日、関西:1月15日)までに参拝すれば初詣となります。

ただし初詣には、正式な期間が定められているわけではないので、実際には年が明けて最初に参拝した時を「初詣」としてもよいそうです。

そのため、2月でも3月でも初めて神社に参拝するなら、それを「初詣」としても間違ってはいませんね。

初詣に行くなら神社とお寺、どちらがおすすめ?

神社でもお寺でも問題ありませんし、どちらがおすすめということもありません。

また回数の決まりもないので、多数の神社仏閣に参拝しても問題ありません。

むしろ多くの神社仏閣にお参りすることで、よりご利益があるとする考え方もあります。

神社でもお寺でも構わないという考え方は、明治時代初期に神仏分離(神社とお寺は別のものとする)が行われる前に、「神道・仏教・祖霊信仰が一体化した神仏習合」とされていたところからきています。

日本の神様は懐が広いと言われていて、それと同様に神道ではどんな宗教も受け入れるという包容力があります。

だからそれにのっとって、自分が一番「好き」だと思える神社やお寺に行くことをおすすめします。

地元の神社仏閣でも、参拝数ベスト10に入るような有名神社でも、自分がここだ!と決めたところにお参りできるのがベストですね。

また、勉強の神様がいるとか、安産祈願できるところだとか、ご利益で参拝する神社仏閣を決めるのでもいいでしょう。

まとめ

初詣は、神様への年初めのご挨拶となります。

堅苦しいルールにばかり縛られず、年間行事の一つとして家族で楽しめるといいですね。

スポンサードリンク




コメントを残す