お歳暮をいただいたらお礼はどうする?お礼状は必要?お返しの品は


自分はお歳暮を贈っていないのに、予期せぬ相手からお歳暮をいただいてしまうことがあります。

人からお歳暮をもらった場合、お返しやお礼はどうするか迷いますよね。

一般的なお礼のマナーや、お礼状は出すべきなのかどうか、お歳暮のお返しを品物でする必要があるのかを説明します。

スポンサードリンク



お歳暮をいただいたらお礼はどうしたらいい?

基本的には、お礼の気持ちを伝えるだけでいいです。

お歳暮を受け取ったら、なるべく早めに電話でお礼の言葉を伝えるのがよいでしょう。

「取り急ぎ、お電話で失礼します」と一言つけくわえることを忘れずに。

また「久しぶりに、お声が聴けてよかったです」など、相手と電話で話せたことを嬉しく思っていることを伝えられるといいですね。

その後、改めてお礼状を出すのが正しいマナーとなりますが、最近は電話だけでお礼を済ますケースも増えています。

相手との関係によって、お礼状を出した方がいいと思う場合は、次の章で説明します。

お歳暮をいただいたらお礼状を出すべき?

お礼状を出す

お礼状を出すかどうかですが、電話で十分とはいえ、もちろん出した方が相手からの印象はよくなります。

お礼状を受け取って喜ばない人はいないので、お歳暮をいただいて嬉しいという気持ちと、相手への気遣いや感謝の言葉を書いてください。

はがき・手紙、どちらでも大丈夫です。

また、季節のあいさつなど形式にこだわる必要はありません。
※目上の方へのお礼状は形式を重んじるほうがよい

スポンサードリンク



今後のお歳暮をやめたい時は

お礼状の中で、今後のお歳暮はお断りする旨を伝えましょう。

「このような素敵なものをいただいてしまい、心苦しく思っております。今後はどうかお気づかいなく、よろしくお願いいたします」など、柔らかくこちらの気持ちを表現します。

本来なら、お歳暮をいただいたからといって、品物でお返しする必要はありませんが、今後のお歳暮をお断りするならば、お礼状と一緒にいただいたお歳暮と同額くらいの品をお返しするのが望ましいです。

お歳暮のやりとりは、地域や年代によってまったく違うものなので、これが正解というルールがありません。

お互いの習慣を押し付け合うのではなく、相手の考えを理解し合うことが大事になりますね。

お歳暮のお返しの品は必要か不要か

基本的に、お歳暮に対するお返しのマナーとしては「電話でお礼」「お礼状」だけで大丈夫です。

しかしそうはいっても、品物をもらいっぱなしでは心苦しいと感じますよね。

その場合は、12月31日までならお返しの意味で、こちらからお歳暮を贈ってもいいでしょう(できれば年末の忙しい時期にかからないよう12月20日ごろまでに)

お歳暮の時期に間に合わない場合は、「御礼」として年明けに贈り物をしてもいいです。

また、旅行先のお土産や地元の名産品などを、お礼状と別に贈っても喜ばれると思います。

まとめ

お歳暮を思わぬ相手からいただいてしまうと、驚きや嬉しさと同時に、お返しはどうするのか、今後も続けなきゃいけないのかと心配になりますね。

まず相手から品物をいただいたら、感謝の気持ちを伝えることを忘れずに、その上で品物でもお返しをしたいと思ったらしてください。

堅苦しいマナーにばかり縛られず、気持ちよくお歳暮をはじめとした季節の日本行事を楽しんでいきたいですね。

お歳暮を誰に贈るか迷ったら、こちらの記事もどうぞ。
お歳暮は誰に贈るべき?贈る時期や金額の目安が知りたい

スポンサードリンク




コメントを残す