インフルエンザに家族が感染する確率は?いつまで警戒?出勤は?


家族の誰かがインフルエンザに感染した場合、一緒に暮らす家族はどうしたらいいでしょうか。

主婦からすると、夫や子供がインフルエンザにかかってしまったら、どう対応すればいいのか悩みますね。

自分が感染ってしまったら、看病する人がいなくなってしまい大変!

ここでは、インフルエンザを発症した家族を看病するときの注意や、家庭内での感染を防ぐ方法、仕事をしている場合はどうするのかを説明します。

関連記事:インフルエンザの症状で子供に検査をする時期は?軽く済む場合も?

スポンサードリンク



インフルエンザが家族に感染して発症する確率はどのくらい?

「感染」と「発症」の違い

感染……インフルエンザウイルスを保菌しているだけで、症状が出ていない状態

発症……インフルエンザウイルスが鼻や喉の粘膜内で増殖し、発熱をはじめとした症状が出た状態

よく聞くのが「家族がインフルエンザにかかったけど、自分はかからなかったんだよね」という発言。

これはもしかすると「家族がインフルエンザにかかって、自分もインフルエンザに感染したけど、体力と免疫力があるから発症はしなかったんだよね」ということかもしれません。

この場合、インフルエンザ特有の発熱や関節痛が出なかっただけで、インフルエンザウイルスを保菌している可能性もあります。

インフルエンザにかかった家族がいても、その他の家族が発症するかしないかは、体力や免疫力が関係してくるので、一概に「発症する確率は○○%」ということはできません。

インフルエンザを発症した家族の看病をする時の注意

インフルエンザの家族を看病をするときに気をつけることを挙げていきます。

以下の点を守ることで、だいぶ感染しづらくなると思います。

・(できれば)隔離部屋を作る

・部屋を暖かくして、適度な湿度を保つ(喉や鼻の粘膜の調子をよくするため)

・定期的に換気をする

・患者のいる部屋に入る時には必ずマスクをし、そのマスクは部屋を出たらすぐに捨てる

・部屋の出入口のあたりに、アルコール消毒液などを置いておき、自分の手とドアノブ(部屋の外側のみ)を消毒する

・部屋から出たら、うがい+手洗い

・患者本人もマスクを必ずしてもらう(咳やくしゃみでウイルスをまき散らさないようにするためと、喉の保湿のため)

・患者の着替えはビニール袋に入れて、洗濯機の中で出して洗う(洗濯によりウイルスは活動しなくなり感染力がなくなる/他の洗濯ものと一緒に洗っても問題ない)

インフルエンザの発症(発熱など)は、鼻や口から入ったインフルエンザウイルスが体内で増殖するからです。

粘膜である目からも感染することがあるので、看病中やその直後は、自分の顔を触らないように気をつけましょう。

感染予防には、やはりできるだけ患者が他の家族と接触を持たないようにすることが望ましいです。

トイレなど共用のものはある程度仕方ないですが、上記のことを心がけるだけで、だいぶ感染の危険性は減らせます。

ただ患者が子どもの場合は、部屋にずっと寝かせていると様子が心配ですし、子供からの要求も色々あると思うので、できる範囲の隔離にしてください。

ただでさえ高熱が出て苦しいときに、子供が疎外感を感じて寂しがることのないよう、小学校高学年以上ならきちんと理由を話ししてあげましょう。

スポンサードリンク



インフルエンザの家族内感染はいつまで警戒すればいい?

家族の中の誰かが発熱しインフルエンザと診断されてから、他の家族にうつるとすると、ちょうど2日後に発症することが多いです。

例)1月1日に子供が発熱してインフルエンザと診断、1月3日に父親が発熱によりインフルエンザ発症

一般的に2~5日以内に周りの人に感染し、発症すると言われています。

わが家の場合は、子供がインフルエンザを発症すると、家族内の誰かが発症するまで、毎回きっちり2日後ですね。

夫や子供を看病することになったら、2日目の朝からは特に自分の体調に気を配りましょう。

また、前項「インフルエンザを発症した家族の看病をする時の注意」でも説明していますが、看病をする時にはウイルスに感染しないよう十分注意したうえで、万が一感染しても発症を防げるよう、看病する自分も栄養をしっかりと摂り、寝不足に気をつけ、体を冷やさないことを心がけて、体力と免疫状態をよく保つようにしましょう。

病は気から、という言葉もあるように、「インフルエンザがうつるかも……」と神経質になりすぎると、本当に具合が悪くなることもあります。

家族の看病は大変だと思いますが、あまり根を詰めないようにしてくださいね。

インフルエンザの家族がいる場合、会社への出勤はどうする?

家族(身近な人)がインフルエンザを発症した場合の対応が会社や職場ですでに決められているなら、その通りに従いましょう。

特に決められていない場合、家族がインフルエンザにかかり、自分が感染しているかどうか分からない状況なら、以下のように対策してください。

・必ずマスクをして、職場でも人との過剰な接触を避ける

・毎朝出勤前に必ず熱を測り、平熱であることを確認する

・熱がなくても体の不調が感じられたら、病院を受診する

これはインフルエンザを発症していなくても、保菌しているかも、という考えからの行動になります。

体力があり免疫状態がいいと、感染はしても発症しないことがあります。

しかし、その場合でも体内のインフルエンザウイルスが、ちょっとした咳払いやくしゃみで、飛び散ってしまうことがあります。

そのため、上記のような対応を心がけてください。

ちなみに保育園・幼稚園~大学生まで、インフルエンザを発症した場合は以下のような決まりがあります。

発熱した翌日を1日目として5日目まで、かつ解熱後2日目までは出席停止

このようなルールになっているのは、発熱後最低でも5日間、かつ解熱後も2日間は、周りの人にインフルエンザを感染させてしまう(インフルエンザ菌をばらまいてしまう)可能性があるということですね。

大人社会では、このような明確なルールはあまりありませんが、家族がインフルエンザにかかったら、このくらいの期間は注意を続けましょう。

まとめ

インフルエンザには「感染」と「発症」の2段階があることを心に留めておいてください。

家族はかかったけど、自分はうつらなかった!という場合でも、インフルエンザウイルスを保菌している可能性があります。

知らず不用意に周りの人にうつさないよう、注意してくださいね。

あとはやはり、日頃から体力をつけて丈夫な体を保持できるようにすることが大事ですね。

インフルエンザを予防したい!そんな場合はこちらの記事も参考にしてください。
インフルエンザ予防接種効果は子供にある?受ける時期と費用も知りたい

スポンサードリンク




コメントを残す