クリスマスのサンタはいるの?子供の質問に正体とその関係を説明する


クリスマスが近づいてくると、サンタクロースにプレゼントをもらえると思っている子供達がソワソワし始めます。

その一方、小学校中学年くらいから「サンタって本当にいるの?」と疑問を持つ子も増えてきますね。

サンタの存在を疑問視するきっかけは、子供によって様々ですが、子供はまず親に真相を訊ねてくることが多いです。

その際、どのように受け答えをしたらいいのかをまとめてみました。

スポンサードリンク



サンタクロースの存在を信じている年齢は、子供によってかなり幅があります。

中学生になっても信じている子もいます。

それでも一般的には、小学校中学年くらいから友達やお兄ちゃん・お姉ちゃんからの影響で疑いはじめる子が出てくるようです。

だいたいクリスマスが近づいた頃、子供から

「サンタって本当はいないんでしょ?」

と、唐突に訊かれることが多いのではないでしょうか。

クリスマスのサンタは本当にいるの?と子供に訊かれたら

まだサンタの存在を信じていて欲しい場合

1. 「お母さんもサンタを見たことないんだけど、毎年朝起きると、○○(子供の名前)が頼んだプレゼントが置いてあるよね?夜中、お父さんやお母さんも寝ている間に家の中にそっと入れるのは、サンタさんしかいないんじゃないかな?」

2. (サンタは本当は親がしていると友達が言う、と言われたら1)
「サンタさんは、サンタがいるって信じている子のところにしか来ないんだよ。だからサンタを信じなくなった子供のところにはサンタはこなくなるから、代わりにお父さんやお母さんがプレゼントをあげているんだね」

3. (サンタは本当は親がしていると友達が言う、と言われたら2)
「サンタさんはクリスマス当日はとても忙しいよね。だから、どうしてもサンタさんがクリスマスの夜に間に合わないっていう時は、代わりにお父さんが配ってもいいってサンタさんに言われてるの。お父さんやお母さんがサンタだって言うお友達のおうちは、そういう理由があるのかもよ」

4. (サンタはなんで高いものは持ってこれないの、と訊かれたら)
「サンタは世界中の子供達にプレゼントを配っているの。その中には日本みたいな恵まれた国ばかりじゃなくて、普段は欲しいものが手に入らない生活をしている国の子供もいるんだよ。そういう子供のことを考えたら、○○だけが高いものをサンタに頼むのはどうだろう?」

こうしてまだ子供にサンタの存在を信じさせる場合は、親もサンタクロースになりきることが肝心です。

・購入したプレゼントは絶対に見つからないように当日まで隠しておく

・デパートなどの包装紙を使わない(子供は普段一度でも目にしたものは結構覚えている)

・レシートや領収書を不用意に置いておかない

・子供の枕元に置くなら、子供が本当に寝ているかどうか入念にチェックする
 (小学校高学年くらいになると、狸寝入りも上手くなる)

両親がサンタじゃないかどうか疑い始めると、サンタへの手紙(欲しいものを書いてある)を親に見せてくれなくなることもあります。

そうなると親は苦労するので、わが家では子供が小さい頃から、欲しいものを小さいカードに書かせて、それをクリスマスツリーにリースと一緒に飾っておくようにさせています。

そしてクリスマス1週間くらい前になったら、子供が寝た後にカードを回収、翌朝起きてきた子供に「あっ、カードがなくなってるよ!サンタさんが取りに来てくれたんだね」と言っています。

これをすると子供がサンタへの手紙を親から隠すこともないので、楽ですよ。

スポンサードリンク



クリスマスのサンタの正体をどうやって説明するか

サンタはいないことを伝える場合

1. 「なんとなく分かっていたかもしれないけど、お父さんとお母さんがプレゼントを用意してたの。でも○○をだましていたわけじゃなくて、クリスマスをサンタの力を借りて、家族みんなで楽しい時間を過ごしたいと思ってしていたんだよ」

2. 「サンタがいるかいないかは、自分で考えみてね。だけどサンタが絶対にいないという証拠もないから、お父さんとお母さんはまだサンタの存在を信じているよ」

3. 特にサンタについては説明せず、今まで通り、子供が欲しがっているものを枕元に置いてあげる
(親が置いているのがバレても、子供に訊かれない限りは黙っているか、2の説明をする)

子供は意外と親のことを考えてくれています。

親が真面目に「なぜサンタをしていたのか」という説明をすれば、真実を知っても「今まで騙しやがって!」と怒る子供はいません。

それに今はまだサンタの振りをする親の気持ちが分からなくとも、いつか分かる日が来るでしょう。

また、本当はサンタはいないと分かっていて、親がプレゼントを用意していることも知っているけど、それを指摘するとプレゼントがもらえなくなるかも……と思っている子供は信じているふりをするかもしれません。

その場合は、親もそのまま張り切ってサンタクロースを続ければいいでしょう。

いつか笑い話になりますよ。

クリスマスとサンタクロースの関係は?

サンタクロースの元になった人物が実在します。

はるか昔、4世紀のトルコにいた「ニコラス」という人です。

ニコラスは貧しい人々や子供達をたくさん助けたため、多くの人に感謝され慕われ、のちに「聖ニコラス」(Saint Nicholas)と呼ばれるようになりました。

聖ニコラスは、貧しい家族が住む家を回り、真夜中に金貨を暖炉の煙突に投げ込んでいったという言い伝えがあります。

これらの話はヨーロッパ地域でクリスマスと関係するようになり、長い期間を経て、移民によってアメリカにもこの伝承が伝わりました。

そこで聖ニコラスの名前が英語の発音となった際に、「Santa Claus」(サンタクラウズ)になったという説があります。

現在のサンタクロースが、トナカイのそりに乗ってやってきて家の煙突から入り、靴下の中にプレゼントを入れていく、というイメージは、貧しい家庭に金貨を投げ入れたニコラスの物語が元になっていることがうかがえますね。

結局のところ、サンタクロースはクリスマス商戦の元にもなってしまったのですが、クリスマスは日本にもすっかり定着し、家族や恋人同士・友人同士などと、楽しく幸せな時間を過ごせるイベントとなりました。

まとめ

子供がサンタが実在するかどうかを親に質問してくるのは、むしろまだ「サンタの存在を信じていたいから」なんでしょう。

小さな心の中では「サンタがいるかいないか」は大問題で、真実を知ってどうするのか、という深い考えはありません。

ただ「サンタクロースは存在する」と、誰かに証明して欲しいだけ。

そこで真実を告げるのか否かは、結局のところ親が決めるか、子供の想像力に任せるしかありません。

どちらにせよ、自分の子供のことを真剣に考えて出した答えなら、それで十分だと思います。

いつの日か「両親がサンタクロースだった」とすんなり受け入れられる時が、子供にはやってきます。

それでは今年も楽しいクリスマスを過ごしましょう!

スポンサードリンク




コメントを残す