七五三お祝いのお返しはどうする?親にも必要?のしの書き方は


七五三を迎える子供がいる主婦にとって、いただいたお祝いのお返しには頭を悩ませますよね。

昔は子供のお祝いへのお返しは必要がないという習わしがありましたが、最近の流れでは、親や親戚にもお返しすることが多くなっています。

その際に、気をつける点を挙げてみました。

スポンサードリンク



七五三のお祝いにお返しは必要なの?

子供のお祝いに対しては、基本的にお返しをしなくていいことになっています。

理由は、子供はお祝いを返すだけの経済力がないからです。

しかし、いただいたお祝いに対し「口頭でのお礼だけ」「お礼状だけ」では、気が引けるのも事実です。

自分の両親など、ざっくばらんに話ができる相手や、甘えられる相手なら、七五三の食事会+子供の七五三スナップをお礼の代わりにすることで十分ですね。

親戚に高額なお祝い金をいただいた場合などで、どうしてもお返しをしたい場合は、相手の負担にならない程度にお返しをするのもおすすめです。

お返しというのは気持ちの問題です、双方に負担にならないよう行うことが大事です。

七五三お祝いのお返しは親や親戚に何を贈る?

どんなものをお返しすればいいの?

お祝いのお返しに関しては、地域によって大きな差があります。

親戚へのお返しなどで迷う場合は、信頼できる同じ地域の方(両親など)に相談できるといいですね。

一般的に多い七五三お祝いへのお返し方法は、以下の通りです。

食事会
七五三のお参りのあとに、両親や親戚などお祝いをもらった方々を招いて食事会を開きます。
もちろん費用は子供の親が全額持ちます。
食事会の場所は、きちんとした懐石料理店などからファミリーレストランまで自由です。
さらにお祝いのお返しを物品でする場合は、食事会の席で渡すことが多いです。
半返し
お返しの基本の相場は、いただいた金額の3割~半返しとなります。
たとえば30,000円をいただいたら、9,000~15,000円の範囲でお返しを考えます。
お返しが10,000円以上の高額になる場合、相手の好みが分からないまま品物を贈るのは難しいと思いますので、有名デパートの商品券(全国百貨店共通商品券)や図書カードでお返しすることをおすすめします。
品物として
・千歳飴
・赤飯
・紅白まんじゅう(地域による)
・お砂糖(絵や名前入りの角砂糖)
・お茶類
・お菓子(和菓子・洋菓子)
・日用品

上記のお返しにプラスして、七五三のスナップ写真と簡単なお礼状をつけるのがおすすめです。

写真は相手が喜ぶなら、写真館の台紙をつけたものでもいいですが、うちの義両親からは「普段から気軽に見たいのでスナップ写真でお願い」と言われたことがあるので、訊ける相手ならどちらがいいか訊いておきましょう。

スポンサードリンク



お返しを渡す時期やタイミングはいつ?

お返しをするなら、七五三のお参りに行った日のあと、できるだけ早くするのが基本です。

できれば当日が理想ですが、遅くても1週間以内には行ってください。

食事会をするならその席で、会えない方には郵送ですぐに贈りましょう。

七五三お祝いのお返しにつけるのしの書き方は?

お返しに品物を贈る場合、「のし(熨斗)」をつけます。

のしは紅白の蝶結びの水引きを使用し、水引きの上は「七五三内祝」または「内祝」とし、水引きの下には子供の下の名前(苗字は不要)を入れるのが一般的です。

まとめ

お返しについては、コレ!という決まったルールがないため、迷うことが多いですよね。

もしお祝いをいただいた相手から「お返しはいらないよ」とはっきり言われた場合、その好意に素直に甘えさせてもらうのが一番です。

しかし実際にはそうもいかないことが多いため、この記事では一般的な対応を挙げてみました。

注意点としては、七五三を子供が2人以上同時に行った場合、お返しの品は子供1人ずつとして贈るのがマナーになります。

例)子供2人が七五三を行った場合、お返しの品物を1つずつ用意し、それぞれにのしをつけ、水引きの下に書く名前をそれぞれの子供にする

ただし、品物に添えるお礼状やスナップ写真は1つで大丈夫ですし、郵送する場合は2つ以上の品物を一つの荷物としてまとめてしまって問題ありません。

子供が小さいうちにする行事の中では大きな意味を占める七五三ですが、家族を中心に祝ってくれる皆さんが楽しく気持ちよく過ごせるといいですね。

七五三のお参り時期や、当日の服装に迷ったらこちらの記事も参考にしてください。
七五三のお参りはいつがいいの?親と子供の服装や神社のおすすめ

スポンサードリンク




コメントを残す