インフルエンザ予防接種効果は子供にある?受ける時期と費用も知りたい


インフルエンザ予防接種の時期がやってきました。

病院によっては9月中から接種予約を受け付け、10月から接種開始となるところもあります。

そこで、インフルエンザの予防接種は、子供のインフルエンザに対し、本当に予防効果があるのかを調べてみました。

スポンサードリンク



インフルエンザ予防接種の効果は子供にある?

予防接種を受けたのにインフルエンザにかかってしまった

経験のある子供が多いでしょう。

わが家の息子達も1歳のころから毎年予防接種を受けていますが、2~3年ごとにA型B型問わずインフルエンザにかかります。

まず分けて考えてほしいのは、インフルエンザには「感染」と「発症」という2つの段階があるということです。

「感染」とは、インフルエンザウイルスが、口や鼻から体内に入り込み、次に細胞に侵入して増殖していくことです。
この時点ではまだ「発症」はしていませんが、インフルエンザワクチンにはこの「感染」を抑える働きがありません。

「発症」とは、数日かけて体内のウイルス量が増え(潜伏期間)、急な発熱など実際のインフルエンザ症状が出てくることです。
インフルエンザワクチンは、この「発症」を抑える効果が一定あると認められています。
ワクチン接種のおかげで、体内のインフルエンザウイルス量がそれほど増えないことから、重症化を防ぐといわれています。

※「感染」自体を防げるわけではないので、予防接種をしてもインフルエンザにかかってしまうことがあるのです。

厚生労働省のホームページによると

乳幼児のインフエルエンザワクチンの有効性に関しては、報告によって多少幅がありますが、概ね20~50%の発病防止効果があったと報告されています。また、乳幼児の重症化予防に関する有効性を示唆する報告も散見されます。

とありますので、参考にしてください。

この 20~50%の発病防止効果 を高いととるか意味がないととるかは、親の判断しかありません。

参考:厚生労働省「インフルエンザQ&A」

予防接種は何歳から受ければいいの?

厚生労働省のホームページの情報をまとめます。

1歳以下の乳児
予防接種を強くはすすめません。
ただし、少ないながらも効果が期待できるため、保育園などの集団生活を送る乳児は接種してもいいでしょう。
※1歳以下の乳児には予防接種をしない方針の医療機関もあるので要確認
1歳以上の子供
保育園や幼稚園・小学校以上の集団生活を送る子供には接種をすすめます。
また親や兄弟も、子供への感染リスクを下げるために接種することをすすめます。

もちろん子供の予防接種を検討するのはいいことですが、同時に一緒に生活する親も工夫しましょう。

・外出先から帰ったら、うがい・手洗いをする

・外出時はなるべくマスクをする(喉を潤すことでウイルスを侵入しづらくする)

・インフルエンザの流行時期は、人が多く集まる場所へ行かない

予防接種しても、こんなに気をつけなきゃいけないなら意味がない、と思うかもしれません。

しかし花粉症対策と同じで、普段から抗アレルギー薬を飲みながらも、マスクやメガネで花粉を吸いこまないように防衛するという理屈と同じことですよね。

スポンサードリンク



インフルエンザ予防接種を受ける時期はいつがいいの?

インフルエンザは毎年12月~3月頃に流行し、1月~2月に流行のピークを迎えます。

ワクチン接種による予防効果が出てくるには、2週間ほどかかります。

そのため、12月上旬までには接種を終えておくことが推奨されています。

ワクチンの効果期間は5か月となります。

そのため、毎年受ける必要が出てくるわけですね。

子供の接種回数ですが、乳児(生後6か月)~小学生(12歳)までの子供はすべて2回となっています。

1回目と2回目の接種は2~4週間あけなければいけませんが、医療機関からは3週間が望ましいと言われました。

生後6か月~2歳まで
1回 0.25mL……2回接種
3歳~12歳まで
1回 0.5mL……2回接種

インフルエンザ予防接種の費用が病院によって違う理由

インフルエンザ予防接種のワクチンが対応するウイルスの種類が、2015年度からは4種類に増えました。

2014年度まで
A型2種類+B型1種類 の計3種類のウイルスに対応
2015年度から
A型2種類+B型2種類 の計4種類のウイルスに対応

そのため、製造販売会社から病院へのワクチン販売価格が上がり、2015年度は予防接種料金が値上がりしたところが多くありました。

インフルエンザ予防接種は健康保険がきかないこともあり、医療機関によって接種費用が変わってきます。

うちの近所の内科や小児科・耳鼻科の子供の接種費用を調べたところ、ずいぶんと差がありました。

A耳鼻科……2,000円/1回
B小児科……3,500円/1回
C総合病院……2,700円/1回
D内科……3,000円/1回

子供は2回接種となるので、倍額になりますね。

兄弟姉妹がいるとなると、さらにその倍になるので、できることならなるべく安いところで受けさせたいところです。

接種費用が気になる方は、病院を予約する前に電話などで訊いてみてくださいね。

また、子供と大人・老人の接種費用が違う医療機関も多いので、ご注意ください。

まとめ

インフルエンザ予防接種を子供に受けさせるかどうかは、インターネットはもちろん、テレビやお母さん同士で交わされる情報などを幅広く集めて判断するしかありません。

わが家も毎年子供達に受けさせてきましたが、今年はまだ検討中です。

ただ予防接種というものが病気を予防するために存在していることを考えると、受験生など時期的にインフルエンザにかかったら絶対に困るという場合は、接種を積極的にするのがいいかなと思います。

インフルエンザ予防接種に関しては、たくさんの肯定否定の情報がありますが、少しでもこの記事がお役にたてたら嬉しいです。

親子ともども、冬を健康に楽しく過ごしましょう。

子供がインフルエンザにかかってしまった?そんな時はこちらの記事もおすすめします。
⇒ インフルエンザの症状で子供に検査をする時期は?軽く済む場合も?

スポンサードリンク




コメントを残す