海の公園花火大会の場所取りはできる?穴場は?駐車場や屋台情報も


海の公園花火大会の場所取りはできる?穴場は?駐車場や屋台情報も

横浜の海水浴場でもある海の公園では、毎年「金沢まつり花火大会」が開催されています。

8月の第4土曜日に開催され、1時間で3,500~4,000発が打ちあげられ、28万人前後の人出でにぎわいます。

毎年、花火プログラム最後に打ち上げられるグランドフィナーレとなるスターマインは、圧巻のボリュームと瞬きを忘れるほどの美しさで必見です。

交通の便の良さと観覧場所が広範囲に渡り自由度が高いことから、地元のみならず、遠方から来る人も多く見かけます。

海の公園で行われる金沢まつり花火大会について、場所取りはどうするのか、穴場スポットの紹介、車で行く場合の駐車場や交通規制情報、屋台など現地で食べ物を調達できるのかまとめました。

スポンサードリンク



海の公園の花火大会で場所取りはできる?何時から行けばいい?

海の公園で花火大会を楽しむ

海の公園花火大会会場図
引用:金沢まつり花火大会プログラム(2017年版)より(PDFファイル/花火打ち上げプログラムも掲載)

第43回金沢まつり「花火大会」
日時:2017年8月26日(土)19:00~20:00 ※荒天中止・振替なし
打ち上げ場所:海の公園沖合
(11:00~20:00 地元のお店が屋台を多数出店)
問い合わせ:金沢まつり実行委員会(金沢区役所内)045-788-7801/金沢区役所
当日の開催可否(当日9:00~音声案内):050-3159-6791

海の公園に電車で行くには(車の場合は次章参照)
・京浜急行「金沢文庫駅」下車・徒歩20分
または
シーサイドライン「海の公園南口駅」「海の公園柴口駅」下車・徒歩1分

シーサイドラインは、京浜急行「金沢八景駅」、またはJR根岸線「新杉田駅」から乗車できます。
金沢八景駅から海の公園各駅までは5分前後ですが、花火大会開催時間が迫るとかなり混雑します。
新杉田からは20分くらいかかりますが、帰りは金沢八景方面より混雑がありません。

電車の混雑に巻き込まれたくないなら、金沢文庫駅から海の公園までは2キロくらいなので、歩くのがおすすめです。

金沢まつり花火大会では、事前の場所取りは全面的に禁止されていますが、砂浜で見る場合は、当日の海水浴客がすでにいることもあります。

それでも、海の公園の砂浜が混雑し始めるのは打ち上げ2時間前(17:00頃)からと、他の大きな花火大会に比べると遅めの時間になります。

レジャーシートなどを敷いて花火を見る場所を決めたら、小さい子供がいる場合は、トイレの位置を花火会場図(上の画像)で確認の上、事前にチェックしておきましょう。

海の公園の砂浜に寝転がって観る花火は、まるで頭上から花火が降り注いでくるような大迫力で楽しめます。

また、八景島シーパラダイスの幻想的なライトアップも見えるので、花火と一緒に楽しめますね。

大人も楽しいスターマインはもちろん、小さい子供も楽しめる猫などのキャラクターやメガネ花火などの変わり打ち上げ花火があるので、毎年面白く見られますよ。

【海の公園の花火大会注意事項】
・場所取りは禁止
・ごみは分別する・なるべく持ち帰る
・ペット連れ禁止
・スリや置き引きに注意

海の公園内「なぎさ広場」で花火大会を楽しむ

シーサイドライン「海の公園柴口駅」から、砂浜にたどりつく前にある「なぎさ広場」には、芝生が敷いてあります。

そのため花火観覧にちょうどいいのですが、せっかく海の公園まで来たんだから砂浜で花火を観ようという人が多いため、比較的余裕がある観覧場所です。

野島公園で花火大会を楽しむ

野島公園からは八景島シーパラダイスが正面に見えるところがあり、そうした海が見える位置を確保すれば、花火大会を楽しむことができます。

海の公園の砂浜ほど混雑していないので穴場スポットとなりますが、食べ物や飲み物は野島公園に入る前に準備しておいたほうがいいでしょう。

最寄駅:シーサイドライン「野島公園駅」徒歩5分
駐車場:野島公園 第1駐車場野島公園 第2駐車場野島公園 室ノ木地区 臨時駐車場
※花火大会当日の駐車場利用時間や料金は要確認

八景島シーパラダイスから花火大会を楽しむ

八景島シーパラダイスの施設であるメリーゴーラウンド周辺・西浜さん橋付近が、花火鑑賞に適しています。

または、八景島内で一番高い位置にある丘の広場からも、花火を観ることができます。

島内マップ(PDFファイル):マップの右下あたりに花火があがるイメージ

最寄駅:シーサイドライン「八景島駅」
駐車場:アクセス内「駐車場をご利用のお客様へ」参照

金沢動物園から花火大会を楽しむ

金沢自然公園金沢動物園は通常16:30閉園ですが、金沢まつり花火大会当日に限り、入園19:30まで/閉園20:30までに延長されます。

入園料は大人500円で、毎週土曜日は小中高校生は無料となります。

海の公園からは直線距離で3キロほど離れていますが、高台に位置するため、花火の音も聴こえるしよく観えますよ。

当日は「しいの木山展望台」が特別開放されます。

2017年については金沢動物園ホームページ「8/26金沢まつり花火大会 動物園内花火見どころスポット」ブログ記事に詳細が掲載されているので、参考にしてみてください。

最寄駅・駐車場:京浜急行「金沢文庫駅」バス10分などアクセス詳細

金沢まつり花火大会の観覧スペースから花火大会を楽しむ

【お祝い花火の申込が必要】
「お祝い花火」とは、なにかしらのお祝い(結婚・出産・長寿・周年・優勝などなんでも)の気持ちを表すために、花火大会中に花火を打ち上げてもらえる企画です。
参加者とお祝いを伝えたい相手の氏名が、大会プログラムに掲載されます(掲載されたくない場合は応募不可)

参加費:10,000円以上
 ※観覧スペースが用意される(原則1団体3名まで)
申込方法:金沢区役所 地域活動係(6階601)窓口にて申込書をもらい記入の上、参加費と共に窓口に提出(電話場合:045-788-7801)
申込期限:2017年6月30日(金)

金沢まつり花火大会では、基本的に一般参加者用の観覧席は無料・有料問わずありません。

しかし、10,000円以上の参加費でお祝い花火を打ち上げてもらうことにより、観覧スペースを用意してもらえます。

大会プログラムには氏名が掲載されますが、当日の花火打ち上げ時のアナウンスなどはありません。

なにかお祝い事がある場合に利用してみると、思い出にもなるのでおすすめです。

海の公園の花火大会に車で行きたい!駐車場はあるの?交通規制について

海の公園駐車場について
海の公園 柴口駐車場(E駐車場)
海の公園 磯浜駐車場(F駐車場)
海の公園 臨時駐車場

駐車料金(花火大会当日のみ):1日1,000円

柴口(E駐車場)・磯浜(F駐車場):4:00オープン
臨時駐車場:8:00オープン
閉場時間:23:00までに出庫
3つの駐車場すべて海の公園に隣接・臨時駐車場を含め総駐車台数は1,500台以上

駐車場が朝から満車になるということはありませんが、念のため、午前中~お昼までには駐車場に向かうことをおすすめします。

海の公園駐車場は花火大会専用駐車場ではないため、一般の海水浴客や海の公園バーベキュー場の利用客も停めています。

14時を過ぎるとほぼ満車になることが多いので、時間には余裕を持って来場してください。

また、海の公園駐車場へは、八景島方面から金沢八景方面に向かう一般道(海が左側に見える方向)からしか入庫できません。

帰りの出庫も金沢八景方面に向かう一般道にしか出られないので、国道357号線を目指す場合は遠回りになるので注意しましょう(主要道路以外は交通規制されるのでUターンが難しい)

 交通規制について
海の公園花火大会の交通規制について
引用:第43回金沢まつり花火大会 交通規制について(PDFファイル)
※大きな画像で見たい場合は引用先をクリック

交通規制時間:当日 18:30~21:00
大きな主要道路は車両通行止めにはなりませんが、主要道路につながる細い道がほとんど通行止めになります。
迂回ができないため、主要道路の混雑がひどくなります。
また、花火大会終了前の19:40頃からは、海の公園に隣接する各駐車場の出入口がある「市道柴線(主要道路)」でも交通規制が実施されます。
花火大会は20:00に終わりますが、交通規制が解除されるまでの時間や駐車場の混雑を考えて、余裕をもったスケジュールを立てましょう。

野島公園の駐車場や八景島付近の駐車場を利用する場合は、交通規制される時間に特に気をつけてください。

 バイクや自転車なら大丈夫?
当日は混雑するため、海の公園内へのバイク・自転車の乗り入れは禁止されます。
また、行き帰りには花火見物の歩行者がたくさんいるので、自転車に乗るのはかなり困難となります。
なるべく公共交通機関や徒歩での来場をこころがけましょう。

バイクや車で行く場合は、以下の臨時駐輪場を利用してください。



スポンサードリンク



海の公園の花火大会には屋台が出るの?

花火大会当日、周辺の道路沿いに、地元金沢区の美味しい屋台がたくさん出店します。

出店時間は11:00~20:00となっていますが、店によって時間は前後するのでご注意ください。

焼きそばやかき氷などの定番から、様々な種類の屋台が出ていますが、花火大会の開始時間が近づくにつれてかなり混雑してくるので、目当てのものがあるなら早めに買いに行くことをおすすめします。

屋台以外で飲食物が購入できるところは、海の公園近くにはそれほどありません。

事前に食べ物や飲み物は購入してから海の公園に来ることをおすすめしますが、海の公園から歩いて行ける距離にある店を紹介します。

・焼肉きんぐ 横浜金沢八景店(2017年5月開店/元サンマルク)
 海の公園柴口駅から50メートル

・ファミリーマート 横浜八景島店
 海の公園柴口駅から321メートル

まとめ

花火大会を開催するには多額の資金がかかることから、近年では地方の花火大会が中止になることが増えてきています。

金沢まつり花火大会は、協賛企業・団体や地元の各自治体からの協賛金でまかなわれてきましたが、以前と比べるとやはり厳しい状況のようです。

現在、金沢区では金沢まつり花火大会の開催を継続して行えるよう、広く募金を呼びかけています。

金沢まつり花火大会募金のお知らせ

海の公園の花火大会を観に行く予定があるなら、観覧料代わりでも今後の継続を願うという意味でも、募金をされるとより一層花火大会に愛着が持てるのではないかと感じています。

わが家も2015年からは、少額ですが毎年募金を続けています。

横浜の風物詩でもある金沢まつり花火大会を、今年も楽しみましょう!

スポンサードリンク




コメントを残す