五月人形や兜は何歳まで飾るもの?鯉のぼりや鎧兜の処分方法は


五月人形や兜は何歳まで飾るもの?鯉のぼりや鎧兜の処分方法は

5月5日はこどもの日であり、男の子の健やかな成長を願う行事としても定着していますね。

男の子が生まれた家のお祝いでは、五月人形や鎧兜飾りを家の中に、こいのぼりを庭やベランダに飾ります。

女の子の雛人形と同様、子供が小さいうちは五月人形などを毎年飾るものですが、これらは一体いつまで飾るものなのでしょうか。

五月人形や鎧兜は子供が何歳になるまで飾るものなのか、五月人形や鎧兜・鯉のぼりを処分することになったらどうすればいいのかについてまとめました。

スポンサードリンク



五月人形や鎧兜は子供が何歳まで飾るのか?

・子供(五月人形などを買ってあげた男児)が成人または結婚するまで
・高校を卒業するまで

五月人形や鯉のぼりなどを飾る期間は、特に決められていません。

五月人形や鎧兜を飾るのは、その家に生まれた男の子が、健康に成長し立派になってほしいという願いが込められているので、子供が成人したら、その役目を終えたという考え方もできます。

しかし子供が成人したからといって、必ずしも五月人形を処分しなければいけないわけではありません。

大事に保管して、毎年こどもの日という季節の行事の一つとして、飾り続けることもおすすめです。

 五月人形はお下がりにしてもいいの?
将来、子供(男児)が結婚した時に、また男の子が生まれることを考え、五月人形をお下がりにするため、とっておきたいという考えもあります。

五月人形に関しては、以下のような正反対の考え方があり、地域やその家族によって大きく違ってくるので、両親や義両親・親戚に確認することをおすすめします。

・子供の身代わりになり、厄災を代わりに受けてくれるというお守りの意味があるので、五月人形や鎧兜は1人に1体とする(お下がりはしない)

・五月人形や鎧兜は、その家の長男に代々伝わるものなので、親から受け継ぐものである(お下がりとする)

子供が成人する以外で五月人形や鎧兜を処分するタイミングとしては、親などから譲ってもらった人形が古くなり傷んでしまった、引っ越しなどで荷物を整理しなければいけないということもあります。

そうした場合は、処分方法を検討します。

スポンサードリンク



五月人形や鯉のぼり・鎧兜の処分をするならどうする?

五月人形や鎧兜飾り・鯉のぼりを処分すると決めたら、気になるのは「子供の成長を願い長年飾ってきたものなので、供養をしなければいけないのか」ではないでしょうか。

五月人形には昔から魂が宿るとされるので、ごみとして捨てたらバチが当たるのではと心配になったり、祖父母から贈られたものであり、そのまま捨ててしまうのはなんとなく気が引けるなど、様々な理由や事情があるものです。

また「長年飾ってきたおかげで子供が無事に成長したので、感謝の気持ちで供養したい」「感謝の気持ちで処分したい」という、前向きな気持ちでの処分方法もまとめました。

神社やお寺で人形供養をしてもらう

長い間、子供の成長を見守ってくれた五月人形や鎧兜・こいのぼりを感謝の気持ちで手放すことを決めたら、お別れをするための区切りとして、神社やお寺で供養するという方法があります。

検索エンジン(GoogleやYahooなど)に「人形供養 地域名」を入れて検索
※「人形供養」と「地域名」の間にはスペースを入れる

できれば地元や近所で供養してもらえるといいのですが、対応してくれる寺社が見つからなかったり、受付期間が決まっていて持ち込みが難しいという場合もあります。

全国には、人形供養を郵送や宅配で受け付けてくれる寺社があり、その中でもホームページでの申し込み方法が分かりやすく、実際の供養の様子が分かる寺社をまとめました。

人形感謝(供養)代行サービス
日本人形協会が、ゆうパックと連携して行っている人形供養
東京都の東京大神宮
人形供養:毎年10月頃に行われる人形感謝祭にて
※ゆうパック受付のみ(集荷)
費用:5,000円~
本寿院 人形供養のページ
東京都大田区のお寺
人形供養公開:毎月第2日曜午前9時から
※宅配便・郵送受付あり
費用:5,000円~

 供養してくれるのは五月人形だけ?鯉のぼりや鎧兜・付属品やケースはダメ?
上記で紹介した郵送で人形供養を受け付けてくれる寺社は、五月人形だけではなく、鎧兜や鯉のぼり・付属品なども引き取ってくれます。
ただし、2箱以上になる・ガラスケースがある・金属製の鎧兜がある場合などは、追加料金(お布施)が必要になります。
それぞれホームページの案内をよく読んでから、人形供養を利用してください。

また、魂が宿るのは人形や鎧兜・こいのぼりなど「顔がある」ものだけなので、道具や付属品・ガラスケースなどは供養の必要がないという考え方があります。
これらは感謝の気持ちを持つことで、家庭ごみとして出しても問題ありません。

自治体に家庭ごみとして引き取ってもらう

五月人形や鎧兜飾り・こいのぼりを、家庭ごみとして、決められた収集曜日に回収してもらう方法です。

ごみの分別は地域の自治体によって違うので、自分が住んでいる市区町村のごみ収集ホームページを参考にしてください。

横浜市の場合

参考:横浜市資源循環局

横浜市の場合、人形を回収に出す場合は、以下のように定められています。

・人形……燃やすごみ
・人形(ガラス製・陶器製)……燃えないごみ
 ※上記2点は50センチ以上になる場合、粗大ごみとして回収依頼
・人形(金属製)……小さな金属類
 ※30センチ以上になる場合、粗大ごみとして回収依頼
・人形ケース(プラスチック製)……燃やすごみ
・人形ケース(ガラス製)……燃えないごみ
 ※上記2点は50センチ以上になる場合、粗大ごみとして回収依頼

各自治体によって、分別方法は変わってくるので、自分が住む自治体のホームページを参考にしてください。

費用は、家庭ごみとして決められた収集曜日に回収してもらうなら無料です。

横浜市の場合、人形が大きかったり、50センチ以上の人形ケースを回収してもらう場合は粗大ごみ扱いとなり、回収費用(200円/1つあたり)や事前申し込みが必要になります。

 ごみとして回収をお願いするなら
五月人形や鎧兜自体に魂は宿らず、持ち主の想いだけが人形にあるという考えもあります。
人形などを手放すことにしたなら、人形に対する想いも昇華され役割を終えたということで、感謝の気持ちを持って、自治体に引き取ってもらうという選択もありでしょう。
それでも、ごみとして出すのは気になるという場合は、人形などを半紙で丁寧に包み、塩でお清めしてから出しましょう。
さらに丁寧にするなら、感謝の意味を込めて、一度すべての五月人形などをキレイに飾って写真におさめたのち、処分することをおすすめします。

施設に寄付する

・老人ホーム
・保育園・幼稚園
・地域のイベントで募集

上記のような施設や地域で行われる、たくさんのこいのぼりを集めて一斉に飾るイベントでは、こいのぼりの寄付を受け付けているところもあります。

ただし、すべての施設がいつでも受け付けをしているわけではないので、必ず事前に電話連絡などを行ってください。

基本的には無料で寄付をすることになりますが、直接持ち込みしか受け付けない施設もあります。

もし宅配便や郵送を利用する場合は、送料は寄付をする側が支払うことになります。

まとめ

わが家には男の子が2人いるので、トップの写真にあるように鎧兜飾りとベランダ用のこいのぼりがあります。

子供が無事に成人したら鎧兜もこいのぼりも役目を終えることになりますが、どうするのかは、その時になったら改めて考えてみたいと思います。

ひな人形や五月人形は、毎年出したりしまったりするのが少し面倒ですが、子供が喜んでくれるうちは親が頑張って飾ってあげるのがいいのかもしれませんね。

スポンサードリンク




コメントを残す