日焼け止めSPFとPAの意味は?紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の見分け方


日焼け止めSPFとPAの意味は?紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の見分け方

春になると陽射しが強くなってきて、そろそろ日焼け止めを使わないと、と考えるようになりますね。

日焼けは肌に大きなダメージを与え、女性の大敵であるしみ・しわ・たるみなどを引き起こすので、早めにしっかりと対策をしたいものです。

ところで、日焼け止めによく表記されている「SPF」や「PA」の意味や、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いを知っていますか?

実はあまりよく分からないまま、とりあえずSPFの数値やPAの+の数が多いものを選んでいることもあるのではないでしょうか。

日焼け止めに表示されているSPFとPAの意味や、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の配合の見分け方、日焼け止めがかえって肌に負担になってしまうのはどんな場合かについてまとめました。

スポンサードリンク



日焼け止めに表示されているSPFとPAの意味は?

SPFとPA

【SPFとは】(Sun Protection Factor)
紫外線B波(UVB)により、肌が赤くなる日焼けを起こしますが、その紫外線B波を防ぐ効果を示した数値になります。
SPFの数字が大きいほど紫外線B波を防ぐことができ、現在は50+(SPF51以上を表す)が最高値です。

いわゆる「肌が赤くなったり黒くなる日焼けを防ぐ」ことができます。
SPF数値は、紫外線B波を防ぐ効果が、なにも塗らなかった場合と比べて何倍あるのかを示します
(例:SPF30の場合、なにも塗らなかった場合と比べて、紫外線B波を30倍防いでくれます)

【PAとは】(Protection Grade of UVA)
紫外線A波(UVA)は、肌の奥深くにダメージを与えてシミやしわを発生させますが、その紫外線A波を防ぐ効果を示した表示になります。
PAに続く+の数が多いほど紫外線A波を防ぐことができ、現在はPA+・PA++・PA+++・PA++++の4段階になっています。

紫外線A波の肌への影響はすぐには出てきませんが、将来シミやしわ・たるみが発生する原因となります。

数値や+の数を理論的にみると、どちらも多いほど日焼け止め効果は高くなりますが、汗をたくさんかいたり、タオルで汗を拭いたりすることで、日焼け止めは取れやすくなります。

SPF値やPA+の数が多いからといって油断せず、日焼け止めはこまめな塗り直しが大事です。

また後述しますが、SPF値やPA+の数が多いものは、人によっては肌への刺激が強いと感じる場合があります。

海のレジャーではSPF50・PA++++を、普段のちょっとした買い物で日常的に使うならSPF20・PA++を使用するなど、使い分けをしましょう。

UVAとUVBが肌に与える影響

【紫外線A波(UVA)】
肌の奥深くにじわじわとダメージを与えるため、すぐには肌の不調を感じにくいのが紫外線A波です。
紫外線A波は波長が長く肌の奥まで届くので、将来的にシミやしわ・たるみを発生させる原因になります。
紫外線B波よりも多く地上に届いていて、曇りの日や窓ガラスも透過してくるので、家の中にいても注意するべき紫外線A波です。

【紫外線B波(UVB)】
海や山などのレジャーで長時間直射日光に当たることにより、肌が赤くなったり黒くなって日焼け(サンバーン)することの原因となるのが紫外線B波です。
肌表面がやけど状態になったり、炎症を起こしてシミの原因にもなります。
ただし、日傘や帽子をかぶるなどして直射日光に当たらないようにすることで、防ぎやすい紫外線B波です。

 紫外線に気をつけるべき時期や時間を知りたい
女性なら1年中、太陽の出ている時間はすべて、日焼け止め対策をするべきかもしれません。
しかし現実的には難しいですよね。
1年の中でも特に紫外線対策に気をつけるポイントをまとめました。

紫外線が多くなる時期・時間
・1年のうち:4月~9月
・1日のうち:10時~13時

曇りの日や日陰にも、直射日光の紫外線量の50パーセント以上が降り注いでいます。
また、日陰にいても地面に反射して紫外線が当たることもあるので、注意が必要です。

 日焼け止めを塗り忘れやすいところに注意
顔や腕・脚にはしっかりと日焼け止めを塗っても、ついうっかり塗り忘れてしまうところに注意しましょう。

・首
・鎖骨のあたり(デコルテ)
・耳の後ろ
・手の甲
・足の甲

首やデコルテ周辺は、メイク前に塗る顔の日焼け止めを、そのまま伸ばして塗ってしまうのが一番手間がありません。
髪の毛を結ぶ人は、耳の後ろも塗り忘れがちです。
手の甲もかなり日焼けをするので、出かける前に塗り忘れたり、トイレの後の手洗いなどですぐに落ちてしまうところなので、こまめな塗り直しを意識しましょう。
サンダルを履くなら、足の甲も絶対に忘れたくない日焼け止め塗りポイントになります。

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の簡単な見分け方

紫外線防止剤の種類
・紫外線吸収剤
・紫外線散乱剤(紫外線反射剤)

紫外線吸収剤のイメージ図

肌に塗られた紫外線吸収剤が、紫外線エネルギーを吸収し化学変化を起こすことで、紫外線を熱などの別エネルギーに変換して、紫外線が皮膚にダメージを与えるのを防ぐ仕組みです。

紫外線吸収剤として表記されていることが多い成分
・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
・メトキシケイヒ酸オクチル
・ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
他にも多数ありますが「メトキシケイヒ酸」や「~酸オクチル」など、似たような成分名が表記されていることがあります

紫外線散乱剤のイメージ図

肌に塗られた紫外線散乱剤(紫外線反射剤ともいう)が、物理的に紫外線を散乱・反射させることで、紫外線が皮膚にダメージを与えるのを防ぐ仕組みです。

紫外線散乱剤として表記されていることが多い成分
・酸化チタン
・酸化亜鉛
・酸化セリウム
など

 日焼け止め商品別・吸収剤と散乱剤の配合について
花王の公式サイトでは、どの商品に「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」が使われているかが公表されています。
「なるべく吸収剤が使われていないものが欲しい」といった場合は、各メーカーの公式サイトをチェックしてみることをおすすめします。

花王公式サイト:顔・からだに使う日やけ止めの種類と選び方
花王公式サイト:顔に使う日やけ止めの種類と選び方

スポンサードリンク



日焼け止めは肌に負担になる?肌に優しいのは紫外線散乱剤か吸収剤か

一般的に、肌に優しい日焼け止めは「紫外線散乱剤(紫外線反射剤)」使用のものと言われています。

しかし現在は、紫外線吸収剤をカプセル化することで、肌に吸収剤が直接触れないように工夫され、「肌に優しい」とされる紫外線吸収剤の日焼け止めも販売されています。

また、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が両方含まれている商品もあり、人によって合うもの・合わないものがまったく違ってくるという状況です。

肌荒れを起こしにくい人におすすめの日焼け止めは

あまり肌荒れを起こさないタイプなら、使い勝手のいい「紫外線吸収剤」使用のものでも問題ないでしょう。

吸収剤はジェルタイプやミルクタイプなど、塗った時の肌触りがよく、よく伸びて白浮きもしない、手軽に使えるものが多いです。

またSPF値が50+、PA+++以上のものが多いので、海や山のレジャーにはピッタリですね。

うっかり日焼け止めが濃い色の洋服についてしまっても白くならないので、外出前に慌てることも少なくなります。

肌が弱い人におすすめの日焼け止めは

念のため、「紫外線散乱剤」のみ使用している商品がおすすめです。

子供用やベビー用なら大丈夫と思いがちですが、子供用でも紫外線吸収剤を使っている商品は多いです。

それでも普通の吸収剤使用のものよりは肌に優しいので、試しに子供用の吸収剤使用の商品を使って様子をみるのもいいですね。

紫外線散乱剤しか使っていない商品のほとんどに、「紫外線吸収剤無添加」「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」の表示があるので、成分表のチェックと合わせて参考にしてみてください。

紫外線散乱剤の日焼け止めは、肌に白く残ったり、少し伸びの悪いタイプが多いです。

洋服についてしまうと白く目立ってしまいなかなか落ちないという欠点があるので、時間には余裕を持って日焼け止めを使いたいところです。

紫外線吸収剤やアルコール不使用のため、肌が弱い人でも使える日焼け止めです。

↓私が実際に使っている顔の日焼け止めはファンケルのもので、紫外線散乱剤を使用、ファンデーションを塗る前に使用しています。

乾燥敏感肌ケア サンガード25 (SPF25・PA++)

同じくファンケルで、紫外線吸収剤不使用でも高SPF値・PA++++の商品も出ています。

サンガード50+ プロテクトUV (SPF50+・PA++++)

 日焼け止めを落とすには
日焼け止めを塗ったら、その日のうちにきちんと落とすことが肝心です。
顔(フェイス):クレンジング+洗顔の2度洗い
体(ボディ):石けんやボディソープの2度洗いがおすすめ/落ちにくい場合は顔用のクレンジングも使用する

日焼け止めによっては「石けんで落ちる」とされているものがあるので、クレンジングが面倒ならそういった商品を選びましょう。

日焼け止めを塗った体のクレンジングができるボディソープです。

まとめ

私は、顔の肌は弱いのですが、体の肌はあまり問題が起きないので、顔は紫外線吸収剤不使用(散乱剤使用のもの)・体は紫外線吸収剤が含まれた伸びのいい使い勝手のいいものと、分けて使っています。

子供が小学校低学年までは、私も子供と同じ日焼け止めを使っていたので、体用の日焼け止めも紫外線散乱剤使用で、なるべく肌に優しいものを使っていました。

女性の場合、肌の調子は年ごとに変わっていくので、昨年は良かったけど今年は合わない、ということも出てきます。

紫外線が強くなる前の3月頃から、夏に向けて使おうと思っている日焼け止めを試しに使ってみることをおすすめします。

スポンサードリンク




コメントを残す