七五三のお参りはいつがいいの?親と子供の服装や神社のおすすめ


七五三を迎えるお子さんがいるお母さん、おめでとうございます。

11月15日は七五三ですね。

七五三では、神社や八幡宮にお参り・ご祈祷に行かれる方が多いと思います。

地域や人それぞれの考え方によって、時期や服装・神社選びに関する様々な情報があるのでまとめてみました。

スポンサードリンク



七五三のお参りはいつの時期がいいの?おすすめは?

七五三は11月15日と暦上で決まっていますが、実際に神社などにお参りするのは11月中ならいつでもいいでしょう。

一緒に行くお父さんや祖父母、親せきなどと相談して決めてください。

一昔前までは、お祝い事は11月15日前までに済ませた方がいいだとか、大安でないと縁起が悪いなどで限られた日程で行うことが多かったのですが、最近は早ければ10月に入ってからすぐ~11月いっぱいまでと、七五三のお参り期間は広がっています。

大安か否かという点も「六曜」を検索してもらえば分かる通り、実際は迷信の類であるので気にしなくて大丈夫です。

が、実際は六曜を大事にする祖父母などの意向があるので、相談は必要ですね。

また神社側の注意点として、小さな神社では祈祷日が土日に限らていたり予約制の場合もあるので、確認は必ずしましょう。

有名な大きな神社では、11月いっぱいまでは、平日休日問わずいつでも七五三の祈祷を受け付けていますが、最終受付時間にはご注意ください。

まずは、グーグルやYahoo検索で「○○神社 七五三」で検索をかけてみてください。

遅くても11月中に済ませる理由ですが、12月に入ると神社も年末年始の支度が始まり、季節的にも寒さが厳しくなってくるからです。

そして一番肝心なのは、主役である子供の体調です。

風邪やインフルエンザが猛威を振るう時期ではありませんが、季節の変わり目になるので、お参りの日程が決まったら、親が気を配ってあげましょう。

七五三のお参りで親と子供の服装はどうする?

子供の服装

せっかくのお参りだし、神社で記念写真を撮ることを考えると、男女とも和装をさせたいですね。

ただ、7歳の女の子でしたら着物でも大丈夫かなと思いますが、3歳や5歳の子供だと男女問わず、和装はかなり大変です。

また、お参りだけなら和装でもいいですが、ご祈祷もお願いするとなると、でそれなりの時間神社で待ったり座ったりするので、その間、着物や袴姿で耐えられるかという問題があります。

その点、洋装なら女の子はワンピース・男の子はスーツが多くなると思いますが、和装よりは圧倒的に楽に過ごせます。

お参り後、祖父母や親せきと食事会に行くとなれば、和装のままだと子供はかなり窮屈な思いをします。

その場合、お参りは和装でも、食事会は洋服に着替えるという方法もありますね。

考え方としては、前撮り(お参りの日より前に写真館などで和装写真を撮影しておくこと)を済ませているなら、お参りは洋装でも十分です。

実際に私の息子2人の七五三(満5歳)で、それぞれ神社にお参りして祈祷してもらいましたが、他の子供達の服装は和装と洋装半々といった感じでした。

あえていうならば、7歳の女の子は和装が多かったかな?という印象があります。

男の子の場合、洋装なら小学校の入学式用スーツと兼用できるというメリットもありますね。

和装の場合、レンタルか購入かも迷うところですが、同性の兄弟姉妹がいるかいないか・親せきから貸し借りはできないかなどで検討しましょう。

また、写真館(スタジオアリスなど)で前撮りした場合、予約制でお参り当日に和装セット一式がレンタルできるプランもあります。

スポンサードリンク



両親の服装

母親なら明るい色のスーツ、父親はビジネススーツで大丈夫です。

基本的に礼服を着る必要はありませんが、地域の傾向や祖父母の考え方による部分もあるので、心配な時は事前に同行する目上の人の意見を聴いておきましょう。

もちろん親でも、着物が趣味なら着物を着るのが一番いいと思いますが、無理はしなくてもいいということです。

家族だけで済ませるなら、着物やスーツでなくとも、普段より少し改まった格好ができていれば十分です。

七五三のお参りはどこの神社がいいの?氏神様ってなに?

神社を選ぶポイント

地域で有名な大きな神社と、自宅から近い氏神様がいる神社、どちらをお参りするのがよいのでしょうか。

これは、どちらが正しいという答えはありません。

お参りやご祈祷は、気持ちの問題でもあります。

神社や八幡宮にお参りだけにして、ご祈祷は受けないという選択肢ももちろんあります。

そのため神社選びについては、親が主体になって、好きな神社を選べばいいでしょう。

お宮参りでお世話になった神社にするとか、祖父母や親せきと相談の上など、その家族ごとに合った選択をしてくださいね。

氏神様とは

こういったお祝い事で神社をお参りする際に、よく聴くのが「氏神様にお参りしなさい」ということ。

氏神様というのは、同じ地域に住む人達を守ってくれる神様のことです。

基本的には自宅近くの神社となりますが、いくつも神社がある場合にはどこか分からないので、古くからその土地に住んでいる方に訊いてみるしかありません。

しかしそこまで厳密に考えずとも、自宅近くでいつも自分達を見守ってくれている神様だ、という認識が自分達家族にあれば十分です。

注意点としては、氏神様がいる神社は小さいところが多いため、神主さんが常駐していないことがあります。

その場合、いきなりお参りで訪れても、神主さんが不在でご祈祷ができないことがあります。

お参りだけならいいですが、ご祈祷も考えているなら、事前に神社に問い合わせをするようにしてください。

ご祈祷にかかる費用

お参りだけでなく、七五三のご祈祷を希望する場合「初穂料」が必要になります。

大きな神社なら、公式ホームページに七五三の初穂料が掲載されているので、水引き(紅白の蝶結び)の のし袋に費用を入れて準備しておきましょう。

小さい神社では、初穂料が特に決められていない場合があります。

相場では5,000円~10,000円となっています。

大きな神社の場合、初穂料が何段階かに分かれていますが(ご祈祷の内容やお土産に違いが出てきます)、気持ちの問題なので一番下の初穂料でも問題ありません。

自由に選択しましょう。

まとめ

七五三の神社参拝やご祈祷については、時代の流れと共にだいぶ自由に行われるようになってきました。

ちなみに七五三は本来、数え年で行う行事でしたが、現在は満年齢で行われることが多いです。

※数え年とは……「現在の年齢+1歳」したものが数え年であり、1月1日に年齢が加算されます
 生まれた時をすでに1歳とし、1月1日を迎えるたびに+1歳されるという計算方法

しかしこの辺も難しく考えず、兄弟姉妹同時に七五三を済ませるため、上の子は数え年・下の子は満年齢でなど、臨機応変に対応してもなんら問題がありません。

なにより、子供と両親・祝ってくれる祖父母などの意向が一致するのが一番だと思います。

昔ながらの日本の行事にはしきたりや決まりごとが多々ありますが、現代の流れに合わせて対応し、家族みんなで楽しい七五三を迎えたいですね。

スポンサードリンク




コメントを残す