プログラミングは小学生の習い事におすすめ?教室や入門書の紹介も


プログラミングは小学生の習い事におすすめ?教室や入門書の紹介も

プログラミング教育が、2020年度から小学校の必修科目になりそうですね。

プログラミングを勉強することによって養われると期待されることに、プログラミングそのものに対する知識・プログラミングでの問題解決を行える力・アイデアを形にする設計力・設計したものを実際に作り上げる表現力などがあります。

中学校ではすでに2012年度から技術・家庭科で、「プログラムによる計測・制御」が必修になっていて、技術の教科書にも10ページ程度に渡り説明がありますが、今後はさらに拡充させることが検討されています。

また高校では、現状プログラミングは選択科目となっているため、これから高校生全員の必修化も検討されています。

こうして、総合的にIT技術を駆使できる人材を育成・確保するために、子供達へのプログラミング教育が実施・拡充されようとしています。

そんな中、小学生からプログラミングを学ばせるためのスクールや、子供向けの入門書がどんどん出てきています。

プログラミングは小学生の習い事としておすすめできるのか、おすすめのプログラミング教室とはどのようなところか、自宅でプログラミング学習をするならおすすめの入門書はどんな本なのかを、実際に長男を小学生プログラミング教室に通わせた経験をまじえつつ、紹介します。

スポンサードリンク



プログラミングは小学生の習い事におすすめできる?

プログラミングをおすすめできる子供の傾向
・モノづくりが好きな子(アプリやソフトなどパソコンに限らない)
・モノがどうやって動いているのか仕組みに関心を持つ子
・好きなことなら地味な作業でもできる子
・パソコンに興味がある子
・ゲームに興味がある子

小学校でプログラミングが必修になれば、仕方なく学習する子も出てくると思いますが、小学生のうちのプログラミングは、興味がなければ苦痛にしかなりません。

習い事として続けるなら、ある程度プログラミングに興味があることが最低条件です。

だいたい上記の条件に当てはまる子供なら、プログラミングにも興味があることが多いです。

また、プログラミングが将来役立つだろうことは分かっても、プログラミングを学習することによって今の子供にとって他の勉強にもいい影響があるのかと問われれば、直接的には特にないのではないかと感じます。

プログラミングを続けることで、論理的思考(物事を筋道立てて説明できる・考えられること)が得意になるので、それに伴って学校の学習により興味を持つ子はいるかもしれませんが、それを期待してプログラミングを習い事とさせるのは効率が悪いでしょう。

プログラミング教室は、あくまでプログラミングを習得する場と割り切るのがいいですね。

 プログラミング教室に長男を通わせた体験談
テックキッズスクール
Webアプリ開発コース(HTML+CSS)※現在このコースはありません

2017年4月からコースがなくなってしまいましたが、長男が小学6年生だった1年間、「Webアプリ開発コース」の毎週コースに通学させていました(関東圏)
教室にはテックキッズの正社員らしき人が1~2名いて、その他は生徒1グループ(3~6名)に2名ほどのメンターがつきます。
メンターは理系の現役大学生で、プログラミングの基本的なことは分かっています。
最初に割り振られたグループごとにテーブルに座り、プログラミングを始めます。

テックキッズオリジナルテキスト
毎週、自分のコースに沿ったフルカラーのオリジナルテキストが1冊渡され、テキストを元に2時間でアプリを一つ完成させます(難易度の高いものは講座2回分・4時間かけて完成させる)
長男はだいたい完成させていましたが、時々バグが出てしまい原因がどうしても分からず、メンターに訊けなかった時は自宅にて完成させることもありました。

テックキッズオリジナルテキスト
テックキッズオリジナルテキスト
(クリックして別画面に拡大)
「知識の書」は、コース受講中を通して必要となる知識がまとめられています。
サンプルコードやパーツの使い方が詳しく解説されています。

テックキッズオリジナルテキスト
(クリックして別画面に拡大)
現在は40コマでコース完結になっていますが、長男が通っていた頃は24コマ(半年)ごとに発表会がありました。
発表会ではパワーポイントを使って、プレゼンテーションを行うため、PowerPointの使い方も学習します。

テックキッズ発表会
プレゼンテーションの練習も十分に行うため、発表会当日は大型プロジェクターにPowerPointを映し、それを元に子供本人が開発したWebアプリの解説をするという形式です。
長男は受講中、発表会に2回参加しましたが、どちらもプロジェクター2面でのプレゼントなりました。

以下は、長男が実際にスクールに通った親からの、個人的な意見となります。

関東圏のテックキッズスクールに通学しましたが、小学校高学年の生徒が少なく、低学年~中学年のマイクラコース(このコースも現在はありません)の生徒と一緒のグループで開発作業をすることが多かったです。
当初は、このマイクラコースの子供達の落ち着きがなく、長男はうるさいと感じていたようですが、その子供達も徐々に落ち着き、後半は割と静かな環境でプログラミングができていました。

長男の通っていたクラスの大学生メンターのレベルは、まちまちのようでした。
ほとんどの子供がスクラッチやマイクラプログラミングをやっている中、長男だけがWebアプリ開発でコーディングをしていたせいもあるのか、バグが出た時の対応は、メンターによっては手間取ることもありました。
また、小さい子供の扱いに慣れてないように感じるメンターもいたので、この辺は改善されることを期待します。

長男は、スクール側の都合でしょっちゅう受講場所が変わることや、周りの子供が騒がしいことについてはあまり文句を言わず、黙々と作業をするタイプでしたが、高学年の子供によっては気になる子もいるかもしれません。

2017年4月からは大幅にカリキュラムが変更され、導入が全員Scratch(スクラッチ)になったため、ますます小学校3~4年生の受講者増えるのかなと感じています。

プログラミングを小学生がするのにおすすめの教室

テックキッズスクール
全国主要都市にて開講中

2017年度からカリキュラムが大幅に変更となり、以前よりさらに体系的にプログラミング学習が行えるようになりました。
テックキッズに入会後、First Stageと呼ばれる最初の1年間は、Scratch(スクラッチ)というプログラミング学習ツールを使ってプログラミングの基本知識や概念を学ぶことになります。
2年目以降は、iPhoneアプリ開発・Androidアプリ開発・3Dゲーム開発と3コースの選択制になります。
対象は小学3~6年生、月謝は19,000円(税抜)、PCレンタルあり、年間40コマの開講となります。



アーテックエジソンアカデミー
全国にて開講中

ロボットを動かすためのプログラミングを、Scratch(スクラッチ)をベースにしたソフトを使用して行います。
ロボットの組み立ても子供が行うので、プログラミングだけではなく、モノづくりが好きな子供に向いています。
対象は小学3年生以上、1か月に基礎と応用の2回・各90分授業となります。
無料体験教室を随時開催しているので、まずは参加してみることをおすすめします。



D-SCHOOL オンライン
オンライン開講中

教室に通うのではなく、オンラインで受講できるタイプのプログラミング教室です。
面白いのは、プログラミングだけではなく、簡単な英語も同時に学習できるというところ。
プログラミングでは決められたコマンドを使用しますが、英単語を元にしたものが多く、その英語の意味を知ることで、より楽にプログラミングが行えるようになります。
オリジナル教材を使用し、毎月のミッションをこなしながら、月に合計2時間程度の学習を1年間行うようにカリキュラムが組まれています。
対象は小学3年生から、月謝は3,980円(税込)、WindowsとMacどちらでも受講可能です。
14日間の無料体験もあり、おためしをしてから入会を決められるのが嬉しいポイントです。

スポンサードリンク



プログラミング入門書で小学生向けのおすすめ本

プログラミングが初めてなら

小学校低学年でも分かりやすい「Scratch(スクラッチ)」という、プログラミング用無料ソフトウェアを使用します。
プログラミングというと、黒い画面に英語のような文がずらっと並んだものを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、スクラッチではカラフルなビジュアルで、一つ一つのコマンド(命令)がブロックの形になっています。
そのブロックを組み合わせることで、プログラムが完成し、簡単なゲームやクイズを作成することが可能です。
見た目や操作が簡単とはいえ、繰り返し文や分岐文も作成できるので、どんなゲームを作りたいか→そのゲームを作るにはどのブロックを使用すればいいのか、と考えることになるので、プログラミングに必要な思考が自然に鍛えられます。

うちの長男は小4の時に、実際にこの本を使い、自宅パソコンでスクラッチを覚えました。
スクールに通わせるかどうか迷っているなら、まずは無料で使えるスクラッチを使わせて、子供の様子をみるのがおすすめです。

マイクラ(マインクラフト)が大好きなら

子供がマイクラ好きなら、マイクラを使ったプログラミングが楽しいです。
マイクラでプログラミングをするためには、まず「ComputerCraft」というmodを導入し、ゲーム内で「Lua言語」を使って、プログラミングをすることになります。
パソコンでコード(コンピュータへの命令文)をキーボードで打ち込まなければいけないので、先に紹介したScrath(スクラッチ)に比べるとハードルは上がりますが、マイクラの世界を自分が思った通りにコントロールできる楽しさは格別です。
小学校高学年以上で、普段からパソコンを使っていてキーボードに苦手意識がないなら、プログラミング自体は特に問題なくできるでしょう。
modの導入は、親が手伝ってあげることが望ましいです。

長男は小5の時に、プログラミング教室の体験授業でマイクラのプログラミングを初めて体験しましたが、キーボード慣れしていたこともあり、すんなり入っていけました。

 テレビでプログラミングを学ぶ
Why?プログラミング
Eテレ
(2017年9月まで)水曜日 15:30~15:40/土曜日 19:45~19:55
(2017年10月から)木曜日 9:55~10:05

小学生~中学生のプログラミング初心者向けには、NHK教育テレビの番組がおすすめです。
Scratch(スクラッチ)を使用しています。
公式サイトでは、スクラッチの導入方法から丁寧に解説されています。

まとめ

プログラミングを習得することにより、「論理的思考(ロジカルシンキング)」が身に付くといわれています。

論理的思考とは、物事を筋道立てて説明できる・考えられることにより、難しい事柄を「誰にでも理解できる」ように説明したり、問題解決ができるようになることです。

しかしプログラミングだけではなく、人間的な感情やプログラミング以外の知識も、子供にはとても大切です。

将来はプログラミングしかできないプログラマーになるのではなく、プログラミングは当たり前にできて創造力が豊かな、総合的なIT技術者を目指すためにも、子供のうちは幅広く色々なことを見て・聴いて・知って成長していけるよう、親がサポートをしていきたいですね。

※2016年度の1年間、テックキッズスクールに長男が通っていたので、なにか質問などがあれば、お気軽にコメントやメールフォームからご連絡ください

スポンサードリンク




コメントを残す