スプラトゥーン2試射会をプロコンで体験!オンライン有料化はいつ?


スプラトゥーン2試射会をプロコンで体験!オンライン有料化はいつ?

2017年3月25~26日の2日間、合計6時間にわたり、ニンテンドースイッチで夏に発売される予定の「スプラトゥーン2」の先行試射会(無料ゲーム体験)が行われました。

WiiU版のスプラトゥーンから楽しませてもらっているので、私も家族と一緒に、試射会に参加しました。

スプラトゥーン2試射会の感想や、別売りのプロコントローラーの操作性について、秋以降に実施されるニンテンドースイッチのオンラインサービス有料化の情報をまとめました。

スポンサードリンク



スプラトゥーン2試射会を体験した感想まとめ


↑家族で交代プレイしたスプラトゥーン2のプレイ動画「スプラトゥーン2先行試射会!新ステージや新スペシャルを体験 」

YouTubeにわが家のスプラトゥーン2先行試射会プレイ動画をアップしたので、参考程度にどうぞ。

プレイ自体は上手いわけではありませんが、一通りのブキとサブ&スペシャルを使ってあります。

スプラトゥーン2試射会で使用されたブキ4種の紹介
任天堂公式:「スプラトゥーン2 先行試射会」はいよいよ明日から! 遊べるブキやステージなどをおさらい!より引用

■スプラマニューバー
 カーリングボム&ジェットパック

両手で持つタイプのスプラトゥーン2からの新ブキで、サブとスペシャルも新しいものになっています。
カーリングボムは壁に当たると跳ね返るので、チェイスボムの進化版といった感じですが、動く相手をロック(追尾)できないので、爆発するタイミングを調整して投げるのがポイントになります。
ジェットパックは試射会で使った限り、ちょっと隙が多いかなという印象です。

■スプラシューター
 クイックボム&マルチミサイル

WiiUスプラトゥーンから引き続きおなじみのスプラシューターは、インク1発のダメージ値が減った(確定数3→4に変更?)ように感じましたが、どうでしょうか。
マルチミサイルは、潜伏している相手にもロックオンされるので、味方が発動してくれると、スーパーセンサーと同じ効果があります。

■スプラローラー
 キューバンボム&スーパーチャクチ

WiiUスプラトゥーンからのブキであるローラーは、今回から縦振りができるようになりました。
プレイした長男は「縦振り強すぎて調整入るんじゃない?」と言っていましたが、上手い人が使うと怖い存在であったのは確か。
スーパーチャクチは、その場で発動するより、スーパージャンプした先で発動するのが強いかもしれません。

■スプラチャージャー
 スプラッシュボム&ハイパープレッサー

WiiU版からのブキであるチャージャーは、チャージ状態のまま少しだけイカセンプクできるようになったのが、大きな変更点です。
慣れるまではちょっと使いづらいですが、使いこなせるチャージャーは脅威の存在になりそうです。
ハイパープレッサーは、壁を貫通しますが動きは遅いのと、当たった瞬間にダメージは入りますが即キルされるわけではないので(プレイ動画にもあります)、敵のいないところで発動するのがいいでしょう。

試射会で感じたことは、オンラインでもスクリーンショットが撮れて、撮影したデータもホーム画面から「アルバム」を選ぶだけで確認でき、ツイッターなどのSNSへ投稿できるのがとても便利でした。

WiiU版までは、オンラインプレイ時はスクショが撮れなかったのと、スクショ確認はMiiverseからしかできず不便だったのが、大きく改善された点ですね。

ニンテンドースイッチは、ゆくゆくは動画撮影にも対応する予定なので、特別な撮影機材もいらなくなってさらに便利になりそうです。

スプラトゥーン2の操作性については、WiiU版とボタン割り当てが変わったこともあり、ジャンプしようとしてXボタンを押しマップ表示してしまうことはありました。

また、画面上に表示されたマップを使ったスーパージャンプの仕方が、最初はよく分からなくて戸惑いましたが、この辺については慣れれば問題なさそうです。

試射会でプレイできたステージは、「バッテラストリート」と「フジツボスポーツクラブ」でしたが、どちらもまだ修正が入るはずなので、現状では特に言及することはありません。

試射会時のサーバーの状態は、仲間・相手共に回線落ちが多く、不安定でした。

しかし今秋から、ニンテンドースイッチのオンラインプレイは有料化されるので、その分サーバーも増強され安定するだろうと期待しています。

今回の試射会は、スイッチ本体の売上を期待して開催したという面はもちろんあると思いますが、スプラトゥーン2発売までに、多数のプレイヤーに実際にプレイしてもらい、不備を見つけ出し改善を施していくという意味合いも強かったのではと思います。

スプラトゥーン2はプロコンでのプレイがおすすめ

スプラトゥーン2ではプロコンでのプレイがおすすめ
任天堂公式:「スプラトゥーン2 先行試射会」はいよいよ明日から! 遊べるブキやステージなどをおさらい!より引用

公式もプロコントローラー(プロコン)で、スプラトゥーン2をプレイすることを推奨しているような、操作方法の案内です。

WiiUでは画面のついたゲームパッドでスプラトゥーンをプレイしていたので、プロコンだと感覚が変わってくるかな?と思いましたが、実際に試射会でプロコンを使ってみると、違和感はあまり感じませんでした。

Xボタンがジャンプ→マップ表示に変わっていたり、スペシャル発動のRボタン押し込み加減が今までと違ったり、スーパージャンプの飛び先の合わせ方がジャイロ(キー操作も可)で慣れなかったりしますが、どれも何度もプレイするうちに気にならなくなるレベルです。

今回はテレビ画面を使ったプレイだけで、スイッチ本体を使った携帯モード(画面+ジョイコン)ではプレイしていないので、ジョイコンの操作性は確認していません。

どちらにせよ、慣れてしまえばプロコンでもジョイコンでもプレイに問題はなさそうですが、プロコンは持ちやすくジャイロ操作にも便利なので、スプラトゥーン2をテレビでプレイするなら、プロコンがおすすめです。

スポンサードリンク



スプラトゥーン2はオンラインが有料化するって本当?

ニンテンドースイッチでのオンラインプレイについて
・オンラインプレイをするには、オンラインサービスを利用する(一部のソフトをのぞく)
・2017年秋までオンラインサービスは無料
・年額2,000~3,000円の予定(日本経済新聞から任天堂君島社長のコメントより)

※ニンテンドー3DSやWiiUは、今まで通り無料でオンラインプレイが可能

すでにプレイステーション4やXbox Oneでは、有料のオンラインサービスが提供されていて、年額は5,000円以上となっています。

これらと比較すると、子供の利用も多い任天堂のオンラインサービスは、手ごろな値段で利用できそうですね。

スプラトゥーン2の発売が2017年夏に予定されているため、多くのユーザがまずは無料でオンラインプレイを楽しんで、その内容に納得したころに有料化する、という流れになります。

有料化後のオンラインサービスについて
・スマートフォンアプリ「オンラインロビー&ボイスチャット」提供
・オンラインプレイに対応したファミコンやスーパーファミコンのソフトが月替わりで遊べる
・ニンテンドースイッチソフトの特別価格販売

スマホアプリは、2017年夏に一部の機能に限定したバージョンが、無料配信される予定です。

このスマホアプリでは、友人とオンラインプレイの待ち合わせをしたり、ボイスチャットも楽しめるようになります。

WiiU版のスプラトゥーンで、離れたところにいる仲間と一緒にプレイしながら話をしたい場合は、スマホやPCのLINE・スカイプなどを利用して音声通話をしなければいけませんでしたが、スイッチのゲームに特化した「オンラインロビー&ボイスチャット」アプリの登場で、わずらわしさが解消されそうですね。

任天堂公式:オンラインサービス

まとめ

スプラトゥーン2の試射会に参加した感想や、その他の情報をまとめてみました。

試射会はとても楽しくて、毎回1時間があっという間に経ってしまったので、実際に発売されたら、どれだけ時間を費やすことになるのかと、嬉しいような怖いような複雑な気分になりますね。

また、ニンテンドースイッチのオンラインサービス有料化については、反対意見も多く耳にしますが、年額3,000円(=月額250円)以下となりそうなので、個人的には快く加入したいと考えています。

便利なものや、自分が好きなもの、必要だと感じたものに対価を支払うのは当たり前だと私は思いますし、子供達にもきちんと説明してあげたいと思います。

この有料化で、オンラインプレイ用サーバーの安定度が増したり、その他サービスも充実することで、提供側も利用者側もお互いにメリットとなることを期待しています。

関連記事:ニンテンドースイッチを開封!周辺機器は必要?ソフトのおすすめは

スポンサードリンク




コメントを残す