ハロウィン衣装を子供に楽しんでもらおう!手作りも簡単に


ハロウィン衣装を子供に楽しんでもらおう!手作りも簡単に

10月31日はハロウィンですね。

いつの間にか、日本にすっかり定着した秋のお祭りですが、もちろん子供達の間でも大人気!

「トリック・オア・トリート」と言ってお菓子をもらったり、友人同士や家族でハロウィンパーティをしたり色々とありますが、このイベントに欠かせないのが、なんといっても仮装です。

ハロウィンの仮装は、特に決まりはありません。

自分の気持ちを伝えることができる年齢の子供には、子供が好きなキャラクター衣装を着せてあげるのもいいですね。

ハロウィン衣装をお母さんが用意してあげなくてはいけない赤ちゃんから小学校低学年くらいまでの子供だからこそできる、可愛らしいおすすめのハロウィン仮装や、市販で買えるハロウィン衣装、簡単に手作りできる衣装小物を紹介します。

スポンサードリンク



ハロウィン衣装を子供に楽しんでもらうには

ハロウィンの仮装をするなら、やっぱり仮装している子供本人に一番楽しんで欲しいもの。

未就園児など2歳以下のお子さんなら、まだ自分の意思もハッキリしていないので、親が主導権を握って、小さいからこそできる可愛い格好をさせてあげるのもいいでしょう。

保育園や幼稚園以上の子供は、やっぱり子供の好きを最優先してあげると、ハロウィンを子供自身の意思で楽しく過ごせますね。

親はカメラを用意して、たくさん写真を撮ってあげましょう!

ハロウィン衣装で男の子と女の子別のおすすめは?

未就園児(2歳以下)-男の子・女の子共通

まだおむつをしている子も多いと思うので、上下に分かれた衣装がおすすめ。

しっかり仮装をさせるより、子供が普段の洋服と変わらず着られるような衣装がいいですね。

疲れて衣装のままお昼寝しちゃったら、「ハロウィンお昼寝アート」を撮影してみるのも楽しいです。

「ハロウィンお昼寝アート」とは
寝ている子供の周りにハロウィンモチーフの小物を置いたり、シーツを背景に見立てたりと、寝ている子供がまるで物語の登場人物になったかのようにして、真上から写真を撮ること

幼稚園・保育園~小学校低学年-男の子

・かぼちゃ(ジャック・オ・ランタン)
・海賊(パイレーツ・オブ・カリビアンのジャック・スパロウなど)
・ディズニーキャラクター(ミッキー、ドナルド)
・ピーターパン
・ドラキュラ(髪型はオールバックで、つけ牙もおすすめ)
・スパイダーマン
・ミニオンズ
・アニメ(妖怪ウォッチ、ドラえもん、アンパンマン、ピカチュウ)
・ポケモントレーナー(サトシ、ポケモンGOのトレーナー)
・仮面ライダー
・ヒーロー戦隊
・ゲーム(マリオ、ルイージ、スプラトゥーンのイカやボーイ)
・動物(猫、犬などメイクでヒゲをつける)

幼稚園・保育園~小学校低学年-女の子

・ディズニープリンセス
・ディズニーキャラクター(ミニー、デイジー)
・ピーターパン(男の子キャラですが女の子がしても可愛い)
・魔女(可愛らしい雰囲気で、年齢によっては軽いメイクもしてあげる)
・魔女の宅急便(キキ)
・ポケモントレーナー(セレナ、ポケモンGOのトレーナー)
・ゲーム(スプラトゥーンのイカやガール)
・お嫁さん(ウェディングドレス)
・天使

ショッピングで市販のハロウィン衣装を準備するなら

ネットショップの場合、ハロウィンの時期が近づくほど売り切れが多くなるので、早めの準備をおすすめします


楽天市場のハロウィン特集ページです。
仮装商品だけでなく、インテリア雑貨やハロウィンスイーツも特集されていますよ。

アマゾン(「ハロウィン 仮装 子供」で検索されます)も、子供向けハロウィン衣装をたくさん取り扱っているので、ぜひチェックしてみてください。

実物を手に取って確認したい、または本格的なハロウィン衣装を求めるなら、キディランド(店舗一覧)ロフト(店舗一覧)東急ハンズ(店舗一覧)へぜひ足を運んでくださいね。

スポンサードリンク



ハロウィン衣装を手作りで簡単に準備する

手作り派におすすめのお店

今や手作りに必須となった100円均一ショップ。

ダイソーはもちろん、キャン・ドゥセリアなどにも仮装に使えるハロウィングッズが、9月からたくさん店頭に並びます。

100均では、仮装グッズだけでなく部屋をデコレーションするアイテムや、パーティ用のテーブルグッズなども充実しているので、一度に買い物が済ませられますね。

また、手作りホビー材料の大型専門店であるユザワヤのハロウィンページでも、ハロウィンの手作り商品について特集されています。

店舗に行かれない場合は、ユザワヤ 楽天店をチェックしてみてくださいね。

簡単に手作りできる衣装小物グッズ

黒いマント
黒い布を子供の身長に合わせて裁断し、首元に巻けるよう紐をつけます。
小さい子の場合、マジックテープなどで留めるようにし、万が一どこかに引っかかった場合などでも安全なように、付け外しが簡単にできるようにしてあげてください。

蛍光の暗闇で光るシール(厚手の物)を接着剤などで貼り付けたり、布に描ける銀色や白色のマーカーを使って絵を描くのも楽しいですね。

かつら
子ども用のニット帽(100円ショップなどに売っている安いもの)にデコレーションしましょう。

綿や太い毛糸・羽などのもふもふとしたものをたっぷりつけると、ニット帽も見えなくなるので、簡単にかつらが作れます。

デコレーションする際には、サッカーボールやキッチンボウルなどにニット帽をかぶせるとやりやすいです。

まとめ

子供向けのハロウィン衣装のアイデアは、考え方次第でどこまでも無限に広がりそうですね。

ハロウィンは今や日本でも一大イベントとなりましたが、仮装をすることで、いつもとは違った子供との一日が過ごせます。

仮装はもちろん、ハロウィンパーティを開いたり参加したりして、でお友達や家族みんなで盛り上がっていきましょう!

関連記事:ハロウィンお菓子のあげ方と定番は?子供に用意する時の注意
関連記事:ハロウィン絵本のおすすめ!子供への読み聞かせと小学生向けも

スポンサードリンク




コメントを残す