花見弁当の手作りおすすめメニューは?弁当箱やアイテムで便利なもの


花見弁当の手作りおすすめメニューは?弁当箱やアイテムで便利なもの

お花見に行くと決めたら、お弁当を手づくりしようかなと思うことはありませんか。

家族と、友人と、恋人となど、お花見にも色々なシチュエーションがありますが、お花見弁当としておすすめできるメニューは、共通して「食べやすいもの」になります。

お花見弁当の手作りでおすすめできるメニューや、量が多くても詰めやすく持ち運びも楽なお弁当箱の紹介、お花見をしながらお弁当を食べる時にあると便利なアイテムをまとめました。

スポンサードリンク



お花見弁当を手作りする時のおすすめメニュー

お花見弁当の基本

・片手で食べられる
・ボロボロとこぼれない
・弁当箱に入れるおかずは冷めても美味しいもの
・保温ジャーなどを活用した温かい食べ物

お花見では、レジャーシートを敷いてその上にお弁当を広げて食べることになります。

特に子どもがいる場合は、片手でパッと取って、すぐに食べられるものがおすすめです。

おにぎりは小さいサイズで握り、一つずつラップにくるむ、から揚げは一口サイズにする、などの工夫があると、誰しもが食べやすく、こぼしにくくなります。

また、春のお花見の時期はまだ肌寒いことが多いので、保温ジャーが用意できるなら、温かい汁物を持っていくと喜ばれます。

お花見弁当におすすめのメニュー

・おにぎり
・肉巻きおにぎり
・焼きおにぎり
・手まり寿司
・いなりずし
・サンドイッチ

・鶏のから揚げ
・えびフライ
・厚焼き卵
・ウインナー
・フライドポテト
・れんこんのはさみ揚げ
・揚げ春巻き
・ぶりの照り焼き
・アスパラのベーコン巻き
・エビとアボカドの生春巻き
・肉だんご
・ジャーマンポテト
・ちくわ(チーズ・梅肉+きゅうり+しそをはさむ)
・うずらの卵(他の食材と交互にピックにさす)
・きんぴら
・さつまいもの甘露煮
・スイートポテト
・青菜のごま和え or おひたし
・枝豆
・浅漬け(大きめに切ったきゅうりにピックをさす)

【小さい紙コップに入れて小分けにするといいもの】
・サラダ(ブロッコリー・ミニトマト・コーン・レタス類)
・カットフルーツ(オレンジ・キウイ・いちごを一口サイズに)

【保温ジャーを利用】
・豚汁
・おでん
・筑前煮
・もつ煮/豚の角煮
・コーンスープ
・コンソメスープ
・温かいお茶/コーヒー
・お湯(インスタントみそ汁・紅茶ティーバッグなどを持参)

【調味料】
サラダを持っていく場合はドレッシング、揚げ物に使うならしょうゆやソースを忘れずに

おにぎりや手まり寿司は、一つずつラップにくるんでおくと、食べやすいです。

おにぎりの具材はお好みのもの、春なのでたけのこの炊き込みご飯でおにぎりにするのもいいですね。

ラップに炒り卵・のり・桜でんぶなどを彩りよく置いて、五目ずしの素などを使用したご飯と共にくるりと包めば、簡単に見栄えのいい手まり寿司ができあがります。

サンドイッチは、ジャムなどを使ってロールサンドにすると、見た目が可愛いうえに食べやすく、子供に好評です。

またサンドイッチの場合は、バターだけを塗ったパンとはさむ具材を別々に持参し、お花見をしながら自分好みのサンドイッチをその場で作って食べるのも楽しいですよ。

紙コップサラダは、最初から紙コップに色々な野菜を彩りよく入れておき、好みのドレッシングをかけたら、そのまますぐに食べられるものです。

ポテトサラダや生ハムなどを、トッピングするのもおすすめ。

カットフルーツには、あらかじめ可愛いピックをさしておくと、片手で手軽にすぐ果物が食べられるので、子供が喜びます。

もつ煮や豚の角煮は、お酒を飲む人がいるなら特におすすめですが、冷めると脂が浮いてきてしまうので、しっかりと保温できる入れ物が必須です。

車で行く場合や、自宅から近い場所でのお花見なら、シャトルシェフで料理を作って、そのまま持参するという方法もあります。

シャトルシェフだと、材料を入れて味付けをし、一度沸騰させたら、あとは保温だけでできあがるメニューも多いので、小さいタイプ(2人用)があるとアウトドアにも便利に使えますよ。

あとは、熱湯だけを入れた保温ポットを持参して、インスタントみそ汁や、紅茶のティーバッグを数種類持っていけば、大人数でも、それぞれ好みの温かいものを飲むことができて便利です。

春のお花見の季節は、まだ暑い時期ではないので、サラダに生野菜を持っていくこともできます。

ただし気温が高くなりそうな日だったり、心配な場合は、クーラーボックスに入れて持っていくなど、天気チェックも忘れずにしてくださいね。

お花見におすすめの弁当箱は

お花見では行楽弁当になるので、大きなお弁当箱が必要になります。

どんなお弁当を持っていくかによって、お弁当箱のサイズを考えて準備しましょう。

サーモスのバッグがついたランチボックスです。

お弁当箱はたくさん種類がありますが、バッグがあると格段にお弁当の持ち運びが楽になります。

ふたが仕切り皿として使えたり、専用保冷バッグがついているので、暖かい季節のお弁当にも安心して使えます。

食洗機に入れられるのもポイントが高いですね。

3段ともお弁当箱の大きさは同じになるタイプ。

わが家が実際に使っているのは上の弁当箱で、3段にぎっしり詰めると、家族4人分でも少し多いかなと感じるくらいの容量があります。

お弁当箱によって、取り皿がついている・ついていない、空になったお弁当箱を重ねられる・重ねられない、食洗機が使える・使えないなど違いがあるので、どの点を重視するのか決めて購入を検討してください。

スポンサードリンク



花見弁当の必須アイテム!便利なものまとめ

・折りたたみテーブル

・紙皿(平たいものは使いづらいので深さのあるもの)
・紙コップ(取っ手の付いたホルダーがあるとよい)
・割りばし
・ウェットティッシュ

・ゴミ袋(分別用に大小・サイズを多めに準備)

キャンプ用品になりますが、持ち運びに便利な低い折り畳みテーブルがあると、レジャーシートの上でもお弁当が食べやすいです。

お皿は平たいものだと、特に子供は取り分けたものをこぼしやすくなるので、なるべくふちの高さがある、深さのある紙皿を用意します。

また、温かい飲み物やみそ汁などを飲む場合は、厚手のホット用の紙コップか、取っ手の付いた紙コップ用ホルダーが必要なので、忘れないようにしましょう。

紙コップ用ホルダーは、100円ショップでも売っています。

まとめ

桜が見えるレストランで食事をしたり、スーパーでオードブルセットを買って、気軽にお花見に行くのももちろんいいものです。

それでも、家族や友人・恋人が喜ぶようなお弁当を作って、満開の桜の木の下でレジャーシートを広げて食べるお弁当は、また格別な美味しさがありますね。

お花見までに準備をする時間があるようなら、今回紹介したメニューを参考に、ぜひ手作り弁当を持っていってみてください。

関連記事:花見にあると便利な持ち物リスト!子連れや夜の花見に必要なものも

スポンサードリンク




コメントを残す