海の公園の潮干狩りは駐車場に何時に到着すべき?潮見表や場所取りは


海の公園の潮干狩りは駐車場に何時に到着すべき?潮見表や場所取りは

横浜近辺において無料でできる潮干狩りといったら、近年はテレビでも特集されるようになった海の公園が有名です。

海の公園の海辺では、アサリ・シオフキ・カガミガイ・マテガイなどが自然繁殖していて、3月中旬~9月中旬まで潮干狩りをすることができます。

ここでは、アサリを人手で撒くことはありません。

自然繁殖のため、ゴールデンウィーク後など時期によってはアサリがあまり採れなかったり、小さいものしかなかったりすることもありますが、無料で楽しめて穏やかな海も楽しむことができる海の公園は、おすすめの潮干狩りスポットです。

しかし海の公園が潮干狩りで有名になるにつれ、週末やゴールデンウィークの混雑もひどくなってきました。

海の公園で潮干狩りをするなら、駐車場には何時頃到着するべきなのか、潮干狩りにおすすめの日が分かる潮見表はどこでチェックできるのか、海岸での場所取りは必要になるのかについて、情報をまとめました。

スポンサードリンク



海の公園で潮干狩りをするなら駐車場には何時につけばいい?

おすすめの駐車場到着時間

【4月~5月の土日祝・ゴールデンウィーク】
・海の公園駐車場の開場時間(朝4時)
・遅くても朝7時までには到着

【3月中・4~5月の平日・6月~9月】
・干潮時刻の3時間前くらい
 (平日なら満車になることはあまりない)

潮干狩りシーズンとなる4~5月の週末やゴールデンウィークは、道路・駐車場ともに大混雑となります。

遠方から来られる場合、最寄りの横浜横須賀道路「並木IC」・首都高速湾岸線「幸浦」出口から国道357号線で3~4キロで海の公園ですが、国道に出てすぐ渋滞となり、海の公園駐車場に入るために車の列が長く続きます。

海の公園駐車場へは、八景島方面から金沢八景方面に向かう一般道(海が左側に見える方向)からしか入庫できません。

反対車線からは入庫できない・駐車場待ちもできないので、注意してください。

また干潮時間に関係なく、駐車場には朝7時前に到着できないと、潮干狩りに適した時間に車を停めることはほぼ無理ということになります。

一般道に並んで駐車場待ちをすることはできますが、潮干狩りの特性上、干潮時間が終わってからでないと、今駐車場に停まっている車が出ていくことはほとんどありません。

そのため、駐車場待ちをしても実際に駐車場に入れるのは、潮干狩りできる時間を過ぎてからということになります。

どうしても海の公園の駐車場に停めたいと考えているなら、とにかく朝早く到着するように移動し、早めについたら車の中でゆっくりと朝食をとったり、海の公園や海岸をお散歩して楽しむようにしましょう。

 海の公園駐車場について
海の公園 柴口駐車場(E駐車場)
海の公園 磯浜駐車場(F駐車場)
海の公園 臨時駐車場

駐車料金(すべて共通):1時間310円・駐車後12時間まで1,550円

海の公園に隣接したところに3つあり、臨時駐車場を含めて総駐車台数は1,500台以上となります。
朝4時にオープンするのは、柴口(E駐車場)と磯浜(F駐車場)になります。
臨時駐車場は8時~15時までとなっていますが、混雑時は時間が変更となるので、当日に確認してください。

海の公園駐車場に停められなかった場合

朝から臨時駐車場までいっぱいになってしまい、すでに一般道に駐車場待ちの列が続くようなら、海の公園隣接の駐車場にはこだわらず、近隣のタイムズや八景島シーパラダイス駐車場・シーサイドライン沿いのコインパーキングに停めて、シーサイドラインで「海の公園柴口駅」まで移動しましょう。

海の公園柴口駅周辺の駐車場情報まとめ
タイムズ 海の公園柴口駅周辺駐車場情報
八景島シーパラダイス 駐車場について
 八景島シーパラダイス 駐車場のご案内(大きめの地図)

コインパーキングは24時間営業ですが、八景島シーパラダイス駐車場は、八景島開島30分前からの営業となるのでご注意ください ※八景島開島時間

八景島シーパラ近くの駐車場に停めた場合、シーサイドラインの「八景島駅」から乗車し、次で「海の公園柴口駅」(所要時間1分)に着きます。

駐車場から八景島駅までのルートが少し分かりづらいので、グーグルマップなどをスマホアプリに入れておいて、ナビ機能を使うと便利です。

イオン金沢シーサイド店駐車場
並木中央駐車場

イオンの駐車場は、東平面駐車場が24時間営業、4階立体駐車場・屋上駐車場は朝8時から営業しています。

しかし最大料金がなく、最初の2時間無料のあとは、20分ごとに100円の料金がかかるのでご注意ください。

並木中央駐車場は、普通車260台・1日最大料金500円・入場は朝6時からで、駅に隣接しているのでとても便利です。

シーサイドラインの最寄は「並木中央駅」で、「海の公園柴口駅」までは6駅(所要時間11分)です。

鳥浜駐車場

普通車20台・朝8時前は100円/60分、朝8時以降は100円/20分、24時間最大料金900円・24時間入出庫可能です。

シーサイドラインの最寄は「鳥浜駅」で、「海の公園柴口駅」までは8駅(所要時間15分)です。

潮干狩りをするなら海の公園の潮見表をチェック

公式:海の公園潮干狩り情報
潮見表(PDF)へのリンク

海の公園の潮見表は、3月~8月の干潮時間が分かるだけではなく、潮干狩りに適した日時が一目で分かるようになっていて、とても便利です。

PDFファイルなので、事前にプリントアウトしておくと、潮干狩りの予定が立てやすいのでおすすめです。

干潮時刻の前後2時間が、潮干狩りに適しています。

アサリは、砂の深さ3~5センチのところにいるので、それほど深く掘る必要はありません。

また、掘ったところでアサリが1つでも見つかれば、同じ大きさのアサリが近くにいくつかあるはずです(アサリは似たような大きさのものが同じところに固まっている)

もし掘ったところにアサリがいなかったら、そこから2メートルは移動してからまた探してみましょう。

 潮干狩りのルールを必ず守ろう!
海の公園では、無料で潮干狩りを楽しむことができます。
天然のアサリが採れるのに無料ということで、海の公園が定めた3つのルールを厳守しましょう。

1. 幅15センチを超える貝採り器具の使用はできない
2. 2センチ以下の稚貝の採取はできない
3. 1人が採れる(持ち帰れる)貝の量は2キロ以内

ルールを守らないと、将来的に天然のアサリがいなくなってしまうことも考えられます。
たくさんの人が楽しめるように、一人一人がルールを守ることが大切ですね。

 アサリ以外にも食べられる貝があるって本当?
・アサリ
・シオフキ
・カガミガイ
・マテガイ

上記の貝が海の公園では採れますが、シオフキやカガミガイは、アサリに比べて砂抜きが難しいです。

スポンサードリンク



海の公園の潮干狩りで砂浜の場所取りは必要になる?

【4月~5月の土日祝・ゴールデンウィーク】
・早朝より砂浜の場所取りが必要

【3月中・4~5月の平日・6月~9月】
・場所取りをするほどではない

駐車場が大混雑する時期と連動して、砂浜の混雑も変わってきます。

朝から駐車場が満車になる日は、砂浜も浜辺も人でごった返すので、荷物を置いたり休憩する場所は、早めに確保することをおすすめします。

ただし、浜辺から遠いところまでいっぱいになることはないので、場所にこだわりがないなら急がなくても大丈夫です。

参考:海の公園公式ブログ
※毎年潮干狩りの様子がブログにアップされています

子供がいるなら、レジャーシートだけよりも、日よけにもなる小さいテントを設置する方が便利なので、車で行くなら準備しておきましょう。

浜辺にはトンビやカラスがいるため、食べ物をレジャーシートの上に出しっぱなしにすると、自分達も周りの人も危険にさらしてしまいます。

そういった面でもテントがあると、食べ物を含めた荷物も安全ですね。

海の公園には、足洗い場が7か所(園路から砂浜に出る通路横)にありますが、干潮時刻から1~2時間後は混雑します。

また、海の公園砂浜は約1キロメートルあり、両端が比較的浅めの地形になっていて、潮の引きがあまりよくない日でも、南側の砂浜では干潟が出来やすくなっています。

小さい子供がいるなら、砂浜の南側(バーベキュー場近く)だと潮干狩りを楽しめるでしょう。

 食事をしたい時はどうする?
歩いて気軽に行ける距離には、コンビニやスーパーなどがないので、お昼ご飯などの食べ物は持ち込んでおくのが望ましいです。
海の公園には9時(4~5月は8時30分)から利用できる「柴口休憩所」と「南口休憩所」があり、そこに自動販売機や売店はありますが、軽食やお菓子が売っているくらいです。
どうしても食事が必要という場合は、海の公園柴口駅から321メートルのところにある、ファミリーマート横浜八景島店を利用してください。

 バーベキュー場で楽しむ!
海の公園バーベキュー場・磯浜売店
バーベキュー場公式サイト・インターネット予約受付

海の公園には、バーベキュー場があります。
テーブルのみ予約はもちろん、食材付きの予約ができるので、潮干狩りを楽しんだ後に、採ったアサリをバーベキューで焼いて楽しむことも可能です。
完全予約制で、利用予定の1か月前からインターネット予約ができます。
ただし、バーベキュー場専用駐車場がないので、潮干狩りの時期に利用する場合は注意してください。

関連記事:潮干狩りおすすめ持ち物リスト!子供連れの場合や100均の便利グッズ

まとめ

駐車場開場時間の早朝に行かないと車が停められないなんて大げさすぎる、と思われるかもしれませんが、海の公園の潮干狩りの混雑は本当にスゴイです。

家族連れが多く、子供の着替えなどで荷物が多くなるため、車で行きたいと考える人がとても多いこともあるのでしょう。

わが家は海の公園まで自転車で行ける距離なので、潮干狩りも自転車で行ったり、夫と子供達だけ私が車で送迎していますが、ゴールデンウィーク中の車の渋滞・駐車場待ちの長蛇の列は、毎年変わることがありません。

潮干狩りに車で行くことを予定しているなら、早起きは必須となりますが、それも潮干狩りイベントの一つとして家族みんなで楽しめるといいですね。

実際の海の公園の潮干狩りの様子

アサリは完全に潮が引いた砂場より、引き潮でも膝くらいまで海水に浸かるところで、大きなアサリが採れます。

わが家は潮干狩りを真剣に楽しむというよりは、海遊びがメインなのであまり採れていませんが、ゴールデンウィーク直後でなければ、海の公園でも大きめのアサリが採れます。

【2017年4月ゴールデンウィーク】
2017年海の公園潮干狩り
ゴールデンウィーク初日で潮の状態がよかったためか、自転車で昼ごろ到着したところ、すでに大変な人出でした。

【2016年5月ゴールデンウィーク】
2016年海の公園潮干狩り
わが家の子供達の後ろが、浜辺の混雑具合です。
干潮時間から少し過ぎているので人が減っていますが、まだそれなりにいますね。

2016年海の公園潮干狩り
この年は夫が潮干狩りを頑張ったのですが、全部でこれしかアサリが採れませんでした。

【2014年5月ゴールデンウィーク】
2014年海の公園潮干狩り
わが家の子供達の後ろが、浜辺の混雑具合です。
干潮時間から少し過ぎているので人が減っていますが、まだそれなりにいますね。

2014年海の公園潮干狩り
当時小学4年生の長男が採れたアサリを持っている様子。
これで1キロくらいでした。

スポンサードリンク




コメントを残す