入園入学準備品を手作りするのが苦手なら代行を通販で!費用は?


入園入学準備品を手作りするのが苦手なら代行を通販で!費用は?

幼稚園の新入園や、小学校の新入学の時に、園や学校指定の準備品が必要になることがあります。

よくあるのは、サブバッグ・上履き袋・体操服袋・歯磨き袋などでしょうか。

これらは幼稚園や小学校によってはサイズ指定されることが多く、市販のもの(既製品)ではちょうどいいサイズがなかったり、母親の手作りを推奨されることもあります。

裁縫が得意なお母さんにとっては腕の見せ所になりますが、裁縫が苦手だったり、まだ小さい赤ちゃんがいるなど家庭の事情があり、本当は手作りしたくても時間のないお母さんも多いです。

入園や入学に手作りの準備品は必ず手作りしなければいけないのか、またどうしても作れない・作りたくない場合に、好みの布を使って指定されたサイズで準備品を作ってくれる代行サービスをまとめてみました。

スポンサードリンク



入園・入学準備品の手作りが苦手だけどどうする?既製品じゃダメ?

どんなものを手づくりするの?

・体操服袋
・お弁当袋
・歯ブラシ&コップ袋
・手提げバッグ(サブバッグ)
・ナプキン
・防災頭巾カバー
・ピアニカ(メロディオン・鍵盤ハーモニカ)入れ

一般的に手作りをする(指定サイズがある)ことが多い準備品をあげましたが、幼稚園や保育園によって、必要なものは大きく違ってきます。

ほとんどの準備品の手作りを推奨してくる園もあれば、園指定品を購入するだけのところもあります。

また園側からは手作りを推奨していても、実際入園してみると、指定されたサイズに近い既製品を使っている子が多いというケースもあります。

入園予定の園にすでに子供を通わせている先輩ママがいれば、事情を訊いてみるのが一番おすすめですが、いない場合は、週末など持ち帰り品が多い時をねらって、園児の様子をうかがってみるのもいいですね。

ちなみに公立小学校の場合は、特に指定がないことが多いため、既製品を利用する子供がほとんどです。

どうして手作りが推奨されているの?

主な理由
・(幼稚園・保育園の場合)一目見て自分の持ち物だと分かりやすくするため
 →自分の名前がまだ読めないことがあるから
 →市販品だと他の子供と同じになる可能性があるから
 →よく見えるところに名前を書くと防犯上よくないから
・親の手作りだと愛情が込められているので子供の教育上良い影響があるため

入園時には、まだ自分の名前(ひらがな文字)を読めない子供がいるので、パッと見て「自分の持ち物だ」と見分けがつくようにという意味合いが大きいです。

これが既製品になると、人数の多い園では、その時に人気のキャラクターものを使う子が多くなり、同じものを持つ子供が増えてしまい、持ち物を間違えやすくなるという難点があります。

幼稚園や保育園の先生にとっても、親にとっても、子供がそれぞれ特徴のある持ち物を使ってくれると、荷物の取り違えが減って助かるという側面もありますね。

また、個人的には「手作りではない=愛情がない」とはまったく思わないのですが、「親の手作り=子供が喜び、より愛着がわいて物を大事にする」という考え方から、手作りを推奨する幼稚園・保育園があります。

幼稚園の場合、地域によっては、ある程度自由に園を選ぶことができるので、園の方針などをきちんと調べて、子供だけではなく、親も納得できるところに決めることをおすすめします。

手作りが苦手なら既製品でもいい?

既製品(市販品)を使うなら
・子供がパッと見て自分のものだと分かる印をつける
 →ワッペン・ボタン(飾りボタンやくるみボタンなど)

実際にわが子を幼稚園に通わせた経験から、園から指定されたサイズがだいたい合えば、既製品でも問題ないと感じます。

普段は裁縫をしないのに、準備品のためだけに、何万円もするミシンを購入するのは現実的ではありません。

慣れない作業をするとなれば、時間もかなりかかりますし、ストレスも溜まります。

指定サイズの市販品を探すのも大変かもしれませんが、手作りをつらいと感じるなら、手作りにこだわる必要はないのではないでしょうか。

大人が見れば、既製品なのか手作りなのかはすぐに分かりますが、子供はそこまで気にしません。

子供と一緒に市販のものを楽しく選んで、それに子供が見てすぐに自分のものだと分かるような、ワッペンや飾りボタンなどをつけてあげれば十分です。

ワッペンをつけるなら、針や糸を使わずに手軽に使える裁縫用ボンドも販売されています。

自分では手作りするのが難しいけど、どうしても手作りにこだわりたい!ということなら、次章で紹介する代行サービスを利用する方法がおすすめです。

スポンサードリンク



入園・入学準備に必要な手作り品の代行サービスを紹介

コットンハリウッド

特設ページ:通園・通学用品オーダー承ります!
ネット注文:可
希望サイズ対応
選べる生地:1,000種類以上
注文からできあがりまで:2週間前後
価格:
レッスンバッグ:加工代のみ 2,100円~(税抜)
上履き袋:加工代のみ 1,500円~(税抜)
体操服袋:加工代のみ 1,200円~(税抜)
お弁当袋:加工代のみ 1,200円~(税抜)
コップ袋:加工代のみ 750円~(税抜)
※加工代にプラスして別途生地代金などが必要

インターネットでフルオーダーでき、自宅まで商品を届けてくれます(全国一律送料 1,000円)
サイズや細かい指定がある場合は、園で配布された指示書をFAXで送ることで、対応してもらえます。
上記以外にも、保育園で使用する布団カバーや、鍵盤ハーモニカのケース・防災ずきんカバーなどもオーダーできて便利です。

パンドラハウス

特設ページ:パンドラハウスで入園・入学準備
ネット注文:可/店頭受付:可 全店で受付
希望サイズ対応(店頭のみ)イージーオーダー対応(店頭・ネット受付)
選べる生地:42種類
注文からできあがりまで:4週間前後
価格:
レッスンバッグ(サイズ3パターン):2,786円~
上履き袋(サイズ3パターン):1,706円~
体操服袋(サイズ3パターン):2,354円~
お弁当袋(サイズ2パターン):1,490円~
コップ袋(サイズ2パターン):1,274円~

全国のイオン店舗内に展開している手芸店です。
パソコンやスマホでシミュレーションでき、そのままパンドラハウス楽天店でネット注文が可能です。
店頭受付の場合のみ、希望サイズを指定できます。

入園入学用品特集(完成品)
パンドラハウスの楽天市場ネット通販では、完成品も売られています。
サイズ指定はできませんが、希望のサイズがあれば購入すればいいだけなので手軽です。

クラフトハートトーカイ

特設ページ:入園入学グッズ イージーオーダーメイド
ネット注文:可
イージーオーダーのみ対応
選べる生地:20種類(キャラクター系アリ)
注文から届くまで:3週間前後
価格:
バッグ+上履き袋の2点セット(サイズ2パターン):6,044円(税込・送料込)
体操服袋+お弁当袋+コップ袋(サイズ1パターン):5,019円(税込・送料込)

あらかじめ決められたサイズの準備品を作ってもらえます。
生地20種類・バッグの持ち手・巾着のひもなどを自由に選ぶことができるので、個性を出すことができます。
店頭では完成品も売られているので、希望のサイズがあれば購入することも可能です。

ユザワヤ

特設ページ:手作り応援♪入園入学準備フェア
ネット注文:不可/店頭受付:可 全店(千葉店・草加店のぞく)で受付
希望サイズ対応イージーオーダー対応
選べる生地:店頭にあるものすべて
注文からできあがりまで:30~40日
価格:
レッスンバッグ:加工代のみ 1,700円(税抜)
体操服袋:加工代のみ 800円(税抜)
上履き袋:加工代のみ 1,000円(税抜)
お弁当袋:加工代のみ 800円(税抜)
コップ袋:加工代のみ 600円(税抜)
※加工代にプラスして別途生地代金などが必要

細かいサイズ指定までできる、完全オーダーメイドが可能です。
加工代も他店に比べるとリーズナブルなので、店舗が近くにあるならおすすめですが、できあがりまでの日数が30~40日とかかるため、なるべく早めに注文してください。
あらかじめいくつか用意されているサイズでのイージーオーダーなら、上記の加工代からさらに100円引きとなります。

オカダヤ

特設ページ:入園入学手作り応援フェア イージーオーダーメイド
ネット注文:不可/店頭受付:可 オカダヤ町田店ホビースクランブル各店マーノクレアール各店で受付
イージーオーダーのみ対応
選べる生地:店頭にあるものすべて
注文からできあがりまで:3週間前後
価格:
レッスンバッグ(サイズ2パターン):加工代のみ 2,700~3,400円(税抜)
体操服袋(サイズ2パターン):加工代のみ 1,500~2,500円(税抜)
お弁当袋(サイズ1パターン):加工代のみ 1,300円(税抜)
上履き袋(サイズ1パターン):加工代のみ 2,500円(税抜)
※加工代にプラスして別途生地代金などが必要

主に神奈川県内・東京都にある各店で売っている生地や付属品を購入すると、その店でイージーオーダーをすることができます。
あらかじめ決められたサイズのみとなりますが、生地などが店で自由に選べるので、子供の希望に合ったものができます。

※どの店舗も受注品のためキャンセル・返品不可/注文する際には各ホームページの注意事項を要確認

まとめ

私は家事の中では裁縫が一番苦手なので、幼稚園によっては、入園準備品のほとんどを手づくりしなければいけないのには困りましたが、幸い、わが家の子供達が通った幼稚園では、ほとんどの準備品が園の指定品を購入するタイプで助かりました。

体操服を入れる袋だけは、手作りもできるようサイズ表を渡されましたが、手作りが強制ではなかったので、市販品を購入して事なきを得た経験があります。

私のように裁縫が苦手だったり、ミシンを持っていない場合でも、今回ご紹介したように、インターネットや店頭で手作り品をオーダーすることができるので、入園準備の時期になって必要なものが分かったら、早めに注文をしておくことをおすすめします。

また、裁縫がとても得意な友人が身近にいる場合は、頼んでみるのもいいでしょう。

その場合は、材料費の全額負担は当たり前ですが、お礼に菓子折りや、場合によっては商品券などでお礼をすることも考えておきます。

入園準備品は他にも色々とあって大変なので、今回紹介したグッズオーダーなどを使って、少しでも時間を有意義に使えるようにして、子供も親も楽しく新学期が迎えられるようにしてくださいね。

スポンサードリンク




コメントを残す