花粉症にはワセリンが効果あり!目や鼻を守る塗り方とおすすめは


花粉症にはワセリンが効果あり!目や鼻を守る塗り方とおすすめは

花粉症の人にとっては、つらい時期になってきました。

マスクやメガネは手放せないし、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみに悩まされる毎日にうんざりしますよね。

そんな症状を緩和するために、さまざまな花粉対策グッズが販売されていますが、費用を余りかけずに、花粉予防に効果がある方法があります。

比較的安価なワセリンを使って、花粉症の症状を軽減する目や鼻を守る塗り方と、おすすめのワセリンをまとめました。

スポンサードリンク



花粉症にワセリンが効くっていうけど本当の効果は?

ワセリンを顔の肌や鼻の穴の中(鼻腔)に塗ることで効果があること
・くしゃみが出にくくなる
・軽い花粉症ならマスクがいらなくなる
・目のかゆみがなくなる・軽減する
・肌のかゆみがなくなる・軽減する
・肌の荒れが改善される

※ワセリンを使い始めてからすぐに効果が感じられる

ワセリンに触ると分かりますが、かなりベタベタとした固めの半透明クリームになります。

このワセリンを使うことで、花粉症の不快な症状が改善される理由は、以下の通りです。

1. ワセリンを顔の肌・鼻の穴の中に塗ることで、花粉がワセリンにくっつき、体内に直接取り込まれにくくなる

2. ワセリンにより顔の肌・鼻の穴の中が保湿されて、外部からの刺激に必要以上に反応しなくなる

花粉が肌に直接ついてかゆみが出る・鼻から吸い込んでくしゃみや鼻水が出る・目に入って目のかゆみが出るという症状は、花粉を体内に取り込むより先に、ワセリンが花粉を吸着してくれることで軽減されます。

ワセリンによって、すでに出ている鼻水を止めることはできませんが、花粉によるアレルギー反応で出てしまう鼻水は、花粉を鼻腔内に取り込まないようにすることで、少なくすることができます。

関連記事:冬の乾燥肌にはワセリンを!成分は安全なの?上手な塗り方は

花粉症に効くワセリンの塗り方は

ワセリンは花粉のない自宅の中などで、外出前に使用しましょう。

また、3~4時間ほどでワセリンの効果がなくなってしまうので、朝・昼・夕方などに塗り直しができるといいです。

幼稚園や保育園・小学校に通う子供の場合は、お昼ごろの塗り直しは難しいので、朝だけでもしっかりと親が塗ってあげましょう。

花粉のせいでくしゃみが止まらない

鼻の穴の中(鼻腔)・鼻の穴の周りにワセリンを塗る
量:少量から始めて不快感が出なくなる程度まで増やす
※めんぼうなどを使って塗るとよい

鼻のかみ過ぎで鼻の穴の中(鼻腔)が乾燥する・鼻血が出る

鼻の穴の中(鼻腔)にワセリンを塗る
量:少量から始めて不快感が出なくなる程度まで増やす
※めんぼうなどを使って塗るとよい

鼻のかみ過ぎで鼻の下が荒れて痛い

鼻の下にワセリンを塗る
量:マスクをしないなら、テカりやすいため少量をよく伸ばして塗る

目がかゆい

目の周りにワセリンを塗る
量:テカりやすいため少量をよく伸ばして塗る

顔の肌がかゆい・荒れる

就寝前に顔全体に薄くワセリンを塗る
量:多すぎても効果がないため少量をよく伸ばして塗る

ワセリンの欠点として、顔に塗るとテカテカと光ってしまうことが挙げられます。

ワセリンを目の周りや鼻の下に塗る場合は、ワセリンを手に取り、しばらく手の温度で温めてから、なるべく薄くのばして塗ると、テカりがあまり気にならなくなります。

スポンサードリンク



花粉症でワセリンを使うなら肌に優しいおすすめは

日本薬局方基準の白色ワセリン(第3類医薬品)は、ワセリン100パーセントで作られています。

医薬品ではなく、スキンケア用としてのワセリンHGです。

市販されているワセリンの中で一番精製度が高いと言われているサンホワイトです。

紹介した3つのワセリンは、どれも精製純度が高く、ほぼ無臭であり(人によっては少し油臭さを感じるようですが)、肌への刺激がほとんどありません。

私は市販のリップクリームを使うと唇の皮がむけてしまうのですが、ワセリンを長年リップクリーム代わりに使用していて、今まで一度もトラブルがありません。

子供達はワセリンHGを冬場だけ、顔と体全体のかさかさしたり、湿疹ができてしまった部分に使っています。

ワセリンHGを塗った翌日には乾燥や湿疹がだいぶ改善され、連日使うことで肌トラブルは解消していますね。

これらのワセリンは精製純度が高く、どれもAmazonの口コミ評価が高いのですが、特に肌が弱かったりアトピー性皮膚炎の場合は、最後に紹介したサンホワイトが特におすすめです。

ワセリンは大容量サイズのコストパフォーマンスがいいのですが、毎日使っても意外と減らないので、最初は小さいサイズを購入しましょう。

まれにワセリンが肌に合わない人もいたり、アトピーなどで肌が極端に弱い場合は、使い続けられないこともあるのでご注意ください。

鼻の穴の中の保湿という点では、ワセリンでも十分なのですが、外出先や旅行先などでは、ワセリンを塗るのが難しかったり面倒なことがあります。

そんな時に便利なのが、ワセリンと同じように鼻粘膜を保湿して、花粉を防いでくれるミントの香りの鼻しっとりジェルです。

ワンプッシュで鼻腔に適量のジェルが塗布されるのがとても便利で、約200プッシュ分使用することができます。

まとめ

花粉症には色々な種類があり、早いと年が明けた頃から症状が出始めるスギ花粉や、5月頃から特にひどくなるイネ科の植物による花粉症、秋ごろに悪化する花粉症など、真冬以外はなにかしらの花粉に悩まされます。

花粉症かな?と思ったら、まずは病院で診断してもらい、適切な薬を処方してもらうことがなによりも大事ですが、薬以外にも毎日の生活が少しでも楽になる方法を知っておくと、少しは気持ちが楽になりますね。

花粉症を悪化させないためのマスクやメガネはもちろん必須ですが、今回紹介したワセリンは、ネット通販だけではなくドラッグストアやスーパーでも手軽に購入できるので、一度試してみてくださいね。

スポンサードリンク




コメントを残す