隠れ冷え症の症状やチェック方法は?内臓の冷えを改善するには


隠れ冷え症の症状やチェック方法は?内臓の冷えを改善するには

季節を問わず、手足の先が冷えて辛い思いをする冷え症は、女性に多い症状ですね。

しかし、手足の冷えを感じないのに実は冷え症である「隠れ冷え症」を知っていますか?

私も手足の指先が冷えることはないため、長年、自分は冷え症ではないと思っていましたが、内臓の冷えによって起こる隠れ冷え症の存在を知ってチェックしたところ、自分にもしっかり当てはまることに気づきました。

内臓冷えが原因とされている隠れ冷え症について、どんな症状が出るのか、チェック方法や改善方法をまとめてみました。

スポンサードリンク



手足が冷えない隠れ冷え症とは?どんな症状が出るの?

隠れ冷え症(内臓冷え症)の主な症状

・手足の指先の冷えはあまり感じない
・体の中心部の温度(深部体温)が下がることにより内臓が冷える

体の中心部は通常37度前後に保たれていて、そのことによりわきの下で体温を測ると36.5~37.0度くらいの体温となります。

わきの下の体温が35度台の場合は、内臓が冷えている可能性が大きくなります。

ただし、内臓は冷えを感じづらく、普通に生活していると気づかないことが多いです。

手足が冷えないから冷え症じゃないと自分では思っていても、体温が35度台の場合は要注意ですね。

隠れ冷え症の症状

・胃腸機能が低下
・免疫力が低下
・内臓機能の低下

上記のような症状が出ますが、具体的に体に現れる不調としては、やけに疲れやすかったり、風邪をひきやすくなる、便秘や下痢を起こしやすくなることです。

隠れ冷え症の原因

・自律神経機能の低下による体温調節機能が落ちるため

自律神経は体温調節をコントロールしています。

この自律神経は、ストレスや不規則な生活・加齢などにより乱れてしまうことがあります。

自律神経が乱れることにより、寒いのに手足の抹消血管が広がって、体内部の熱が外に逃げてしまい、体の中心部の温度が下がってしまいます。

 自律神経の乱れについて
呼吸や各臓器の動き・血圧・体温調整など、人の生命を維持するために無意識下で機能しているのが、自律神経です。
この自律神経は、ストレスや乱れた食生活・不規則な生活などで、心や体に負担がかかってくると、うまく機能しなくなります。
自律神経の機能が鈍ってくると、起きているときに優位に働く「交感神経」と、安静時に優位に働く「副交感神経」の切り替えが乱れてしまい、色々な問題の一つとして、外気温に対して適切な体温調節ができなくなることがあります。
内科を受診すると「自律神経失調症」と言われることもあります。

隠れ冷え症チェック!あなたは大丈夫?

内臓冷えチェック(3つ以上当てはまる場合は要注意)

1. 運動不足
2. 季節を問わず汗をかきやすい
3. 便秘・下痢になりやすい(繰り返す)
4. 疲れやすい
5. 風邪をひきやすい

1. の運動不足については、体の筋肉量が不足することで、体内から十分な熱が生み出せないために冷えを引き起こします。

1日のうち、体からの発熱の6割が筋肉からとなるため、運動不足からくる筋肉量不足は大きなマイナスポイントです。

2. の季節を問わす汗をかきやすいというのは、自律神経の乱れとも関係しますが、汗をかくことで体内の熱を放出し続けてしまい、体が冷えやすくなります。

3. の便秘や下痢になりやすかったり、繰り返す原因は、内臓が冷えることにより、腸の動きが鈍くなっているからという可能性があります。

4. の疲れやすいのは体内の冷えによる新陳代謝の低下、5. の風邪をひきやすいのも、新陳代謝の低下+免疫力の低下が疑われます。

スポンサードリンク



内臓が冷える隠れ冷え症を改善するには

【食べ物】
・朝食におすすめ
 大豆や卵などタンパク質を含む食材を意識して食べる
・ねぎ・山椒など体を温める薬味や香辛料を利用する

【運動】
適度な運動をして筋肉をつける

朝起きて最初に食べる食事では、体を中から温めるのが重要であり、タンパク質は基礎代謝を上げてくれます。

基礎代謝は運動などをしていない安静時にも、生命維持のために消費するエネルギーですが、代謝全体の70パーセントも占める大きなエネルギーです。

基礎代謝というエネルギー代謝が行われると同時に、体内で熱が発生するので、内臓冷え対策になります。

また、基礎代謝の内訳は筋肉からのエネルギー代謝が25パーセント以上を占めるので、食事だけではなく、筋肉をつけるための適度な運動も大事になるんですね。

まとめ

私自身も今回記事にした「隠れ冷え症」だと感じています。

若いころから手足の冷えは特に感じないのに、平熱が低かったり、すぐに下痢になったり、やけに疲れやすいという点が当てはまっています。

運動不足も長年の課題であり、筋肉量の少なさも自覚があります。

内臓が冷えてしまう隠れ冷え症を軽く考えず、食べる物に注意したり、運動を続けることを意識して、体調管理をしっかりとしていきます。

関連記事:体が震えて熱がないのに寒気がする悪寒戦慄とは?対処方法を知りたい

スポンサードリンク




コメントを残す