敬老の日プレゼントは手作りで子供にも簡単!カードも添えてみよう


9a5a5cc23a128bb3febd2eea6821d58b_s

敬老の日のプレゼントはもう決まりましたか?

おじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントといったら、やっぱり孫である子供達から贈るのが一番ですね。

この時期になると、お店でもインターネット通販でも敬老の日に向け売り込みが盛んになってきますが、祖父母からすれば、孫からの世界に一つだけの手作りプレゼントが嬉しいのではないかと思います。

そこで、幼稚園や保育園に通う子供から、小学生・中学生・高校生までの子供が簡単に手作りできるプレゼントを挙げてみました。

スポンサードリンク



敬老の日プレゼントは手作りの品を子供から

高級な市販品を日常的に好む祖父母でない限り、孫からの手作りプレゼントを喜ばないおじいちゃんやおばあちゃんはいません。

だから孫の手作りなら何を贈っても喜んでくれると思いますが、子供の年齢に合った手作りプレゼントを選ぶことをおすすめします。

幼稚園・保育園以下

祖父母の似顔絵
定番の似顔絵、上手い下手は関係ありません。
まだ文字が書けない子供の場合は、お母さんが代筆して感謝のメッセージも添えるといいですね。
これだけでも十分だと思いますが、気になるなら市販の美味しいお菓子などを一緒に送っても。
色紙(しきし)
子供の写真を切り抜き、色紙(しきし)に貼ってシールやマスキングテープなどで子供と一緒にデコレーションします。
折り紙で花や動物を折って、それを色紙に貼りつけても立体感が出ていいですね。

2歳以下の小さい子なら、親が手形や足形を絵の具でとってあげて、その形を花などに見立てて絵を描いてあげるのもいい贈り物になります。

メダル
折り紙や色紙を使って、おじいちゃんやおばあちゃんの首にかけてあげられる物を作りましょう。
100均で売っている小さい紙皿をベースにして作ると楽です。
子供に「長生きしてね」「ずっと元気でね」など言ってもらい、首にかけてあげると祖父母も喜びます。

小学校低学年

祖父母の似顔絵
子供が自分で考えたメッセージを書くと喜ばれます。
似顔絵の周りを、シールやマスキングテープ、折り紙で作った花などでデコレーションしても華やかになります。
写真立て
100均などでシンプルな写真立てを購入し、フレームに好きな色を塗ったり、貝殻やビーズなどを接着剤やグルーガンでデコレーションします。

中に入れる写真は、子供と祖父母が一緒に写ったものが喜ばれるので、手元になければ、写真立てを渡す時(会った時)に撮影し、すぐコンビニのコピー機で写真をプリントアウトして対応します。

らくやきマーカーで絵を描いたマグカップ・湯呑み

らくやきマーカー(Amazon)

100均などで白い無地のマグカップや湯呑みを買い、それに「らくやきマーカー」で絵を描いてオーブンで焼くと、オリジナルの食器ができあがります。
らくやきマーカーは何度でも描き直しができるので、子供が使っても安心です。

マグカップや湯呑みは毎日使うものであり、使わなくても飾っておいたりペン立てにもできるので、もらった祖父母も使い道には困らないでしょう。

スポンサードリンク



小学校高学年

クッション
ソファや座椅子などと一緒に使えるサイズ(45cm×45cmくらい)のクッションがおすすめ。
家庭科の授業で裁縫の仕方やミシンの使い方を習うので、子供も作りたがるかも。
時期的に夏休みの自由研究と兼用にしてもいいですね。
生地の厚みや手触りなどを考えて布を選ぶことをアドバイスしてあげるといいでしょう。
お守り
祖父母の「健康」「長寿」などを願いながら、お守り袋を手作りします。
お守り袋を布やフエルトで作り、刺繍ができる子なら文字を刺繍してください。
難しければ、アイロンプリントなどに手書きで文字を書いて、お守り袋に縫いつけてもOK(はがれてしまう可能性があるので縫いつけることをおすすめします)
文字じゃなくても祖父母が好みそうな、普段持ち歩いてもおかしくないワッペンを縫いつけてもいいですね。

中身は縁起物を入れてもいいですが、気持ちのこもった手紙が喜ばれます。
長寿の縁起物としては、鶴・亀・松・水仙・桃など、これらをモチーフにした物やパワーストーンなどがあります。

中学生以上

手作りスイーツ(お菓子)
料理好きな子供におすすめ。
祖父母が近くに住んでいるなら、自宅に招いて美味しい紅茶・コーヒー・緑茶と一緒にふるまうと喜ばれます。
普段から好きなお菓子をリサーチしておきましょう。

ただし遠方に住んでいるなどで、プレゼントを送付しなければならない場合は、衛生面を考えて手作りの食べ物は控えた方がいいです。

巾着・スマートフォンケース
ちょっとした小物を入れられる布小物は、カバンの中でも目立つ色や柄の布で作りましょう。
靴下・レッグウォーマー・ストール
寒くなる季節に向かう時期なので、編み物が得意な子なら、暖かく太い糸を使用した靴下やレッグウォーマー、ちょっと肌寒いときにさっと使えるストールを手づくりするのがおすすめ。

主におばあちゃんへのプレゼントになるので、色や模様などを工夫して、あまり年寄りっぽくならないようにしましょう。

敬老の日プレゼントは手作りでも簡単に作れます

何を作るにしても、100円均一ショップが強い味方です。

小学校高学年以上なら、自分のお小遣いの範囲で買い物をさせると

「自分で考えて作ったおじいちゃんとおばあちゃんへのプレゼントだ!」

という満足感が持てて子供は嬉しいし、祖父母もオリジナルのプレゼントを喜んで受け取ってくれるでしょう。

敬老の日プレゼントは心を込めた手作りカードを添えて

手作りプレゼントが用意できたら、メッセージカードも手作りするといいですね。

小学生までは、二つ折りにした厚手の色画用紙などに子供の写真を切り抜いたものを貼り、シールや折り紙などを使用してデコレーションします。
そこに、おじいちゃんとおばあちゃんへの感謝の言葉を、子供自身の言葉で書いてもらいます。
写真は貼らなくても、手書きのメッセージをカラフルなペンで書けば、気持ちが伝わりますよ。

中学生以上はメッセージカードではなく、感謝の気持ちを手紙にするのもいいですね。
普段、子供があまり祖父母と連絡をとらないのであれば、学校生活や部活動のことなど、近況が分かる内容の手紙を書いて写真を同封すると喜ばれます。

まとめ

あくまで「敬老の日」の主役は、おじいちゃんとおばあちゃんであり、孫である子供達です。

ついつい母親は子供が決めることに口を出したくなりますが、アドバイスするにしても「おじいちゃんとおばあちゃんに喜んでもらいたい!」という子供の意見を尊重することが大事です。

子供自らが「祖父母に感謝の気持ちを伝えたい」と思ったところで、親が適度にサポートしてあげるのがいいですね。

楽しい敬老の日を過ごしましょう♪

スポンサードリンク




コメントを残す