公立中学校の入学前にかかる費用は?制服代やその他の費用について


公立中学校の入学前にかかる費用は?制服代やその他の費用について

小学6年生の子供がいる家庭では、年が明けると、いよいよ中学校入学準備が本格的に始まりますね。

3月の卒業を前にして、中学校の就学通知書が届き、中学校説明会や制服採寸などの予定が入ってきて、親も子供も忙しくなります。

中学入学後には、修学旅行積立金やPTA会費・教材費などが毎月かかってきますし、入部する部活によっては必要な道具や服装も揃えなければいけなく出費が重なりますが、その前、中学入学前にかかる費用は、いったいどのくらいになるのでしょうか。

わが家が実際に経験したことを元に、公立中学校の入学前にかかる費用や、学校指定の学生服・ジャージの値段、その他にかかってくる費用についてまとめました。

スポンサードリンク



公立中学校の入学前にかかる費用は?

・中学校の制服一式(制服冬上下・制服夏上下・ネクタイ・リボン・ベルト・シャツなど)
・靴・靴下
・通学かばん(メイン・サブ)
・ジャージ・体操服(入れる袋も)
・上履き・体育館履き(入れる袋も)

・自転車(自転車通学の場合)
・定期券(電車通学の場合)

自転車や定期券を除くと、一番お金がかかるのが中学校の制服一式になります。

また、学校指定のジャージや体操服も、小学校や中学校で採寸会が行われるなどして、入学前に発注することが多いです。

通学靴や上履き・スクールバッグに関しては、学校指定品があれば、やはり入学前に発注することになり、指定品がなくても、入学前に準備しておかなければいけないことには違いがありません。

中学生の場合、靴はまだローファーなどは履かないことが多いようです。

やはりスニーカーが多く、特に運動部に入っているとローファーを履く機会がなかなかないので、入学式だけのために無理に用意する必要はないかもしれません(小学校の卒業式で使うなら中学の入学式でも同じものを使う)

通学かばんも学校指定がない場合、どの部活に入るかによって、使うタイプが大きく変わってきます。

特に運動部に入ると荷物が多くなることが多いので、大きなスポーツバッグを使わないといけなくなったり、文化部なら一般的なスクールバッグでも大丈夫だったりします。

できれば先輩ママや、普段から中学生の様子を観察して、どんなバッグがいいのかリサーチしておくといいですね。

公立中学校の制服にかかる費用を経験談も交えて紹介

学校指定の制服(学生服)

学校指定の制服を取り扱う店の案内を、中学入学前年・小学6年生の12月頃に、子供が小学校からもらってくることが多いです。

案内をもらってきてから、中学入学に間に合うまでの締切日までに(2月中旬頃が多い)、採寸と注文を済ませます。

だいたい複数店舗での取り扱いがあり、同じ制服でも、店によって価格が数百円~1,000円程度違ってきます。

制服代も店を選ぶ基準になりますが、制服購入後のサービス内容もよくチェックして、お店を選んでください。

最近はアフターサービスとして、中学在学中の制服のお直し(丈出し・ファスナー交換・キズ修理・ウエスト出しなど)無料、買い替え時の下取りサービスなどを設定しているところも多いです。

また早めの採寸・注文をすることで、小学校卒業式のスーツレンタルをしてくれるところもあります。

実際にわが家がかかった中学校制服の費用

※男子・ブレザー制服(価格は税込)

ブレザー上着(冬)

20,736円
注文数:1着

ズボン(冬)洗濯機で洗える

10,044円
注文数:1本

ネクタイ

1,728円
注文数:1本

長袖シャツ(形状記憶)

2,160円
注文数:3枚

合皮ベルト(黒)

1,080円
注文数:1本

制服(冬)注文合計金額:40,068円

ズボン(夏)洗濯機で洗える

8,532円
注文数:2本

半袖シャツ(形状記憶)

2,052円
注文数:3枚

制服(夏)注文合計金額:23,220円

 ズボン(冬)は1本で足りるの?
お店の方に訊いたところ、ズボンの丈出しやキズ修理(1週間ほどかかる)に出さなければいけなくなった場合、その間だけ、夏ズボンで代用することができるので、1本でも十分ではないかと言われました。
夏ズボンは薄手なので真冬は寒いかもしれませんが、夏ズボン+レギンスなどで乗り切れそうなので、冬ズボンは1本にしました。
逆も同じで、夏ズボンも1本しか買わなくても、冬ズボンで代用できるので問題ありません。
なかには、夏ズボンは買わず、冬ズボンだけで通す保護者もいるそうです。

わが家はシャツを冬夏3枚ずつ注文しましたが、学校指定品ではないので、2枚でも十分かなと思っています(うちは次男も同じ中学に進学するので1枚は使わずに取っておくこともできるので3枚にしました)

またシャツは+700円で透け防止シャツにできたので、女子の場合は透け防止がおすすめです。

ベルトも指定品ではないのですが、1,080円とお手頃価格だったので同時購入しました。

ちなみにズボンのウエストにゴムは一切入っていないため、比較的大きめサイズを購入する制服にはベルトが必須となります。

また、女子はブレザーの下にベスト着用ということもあり、男子より総価格が少し高くなっています。

 制服のサイズについて
できれば3年間、買い替えることなく、同じ制服を着続けてほしいですよね。
そのため、ある程度大きめの制服を購入することになりますが、あまりに大きすぎる制服は子供にも負担になるので、試着の時にお店の方や子供自身と、よく相談して決めてください。
長く着られるようにと大き目サイズにすると見た目が犠牲になり、見た目を重視すると長く着られないかもしれません。
ただし、制服は丈出し・袖出し・ウエスト出しが可能になっています。
うちの制服は、袖出し・ウエスト出しが3センチ、ズボンの丈出しは8センチ可能なので、成長度合いによりますが、ある程度の成長までは対応できそうです。

わが家の場合、平均的な体型の長男と、平均より小柄な次男がいるため、長男の制服サイズはあまり大きすぎないものにしました。

もし早めに長男の制服がサイズアウトしてしまったら、比較的キレイな状態で次男にお下がりできるので、そういった考え方も一つの選択肢になります。

また、制服の上(ブレザーなど)は、入学後から5月中旬頃までしか着用しません。

5月になると暑い日が増えてブレザーを着なくなり、また6月からは夏服になるからです。

そうなると、入学後の1か月半だけブレザーを着て、次に着るのは10月に入ってからとなり、夏の間、男の子はかなり成長することも見込まれるので、大きめの制服を選ぶのもいいかもしれませんね。

学校指定のジャージ・体操服など

※ジャージは男女共通(価格は税込)

ジャージ上(名前刺繍入り)

6,500円
注文数:1着

ジャージ下(名前刺繍入り)

4,500円
注文数:1着

半袖シャツ(名前刺繍入り)

3,200円
注文数:2着

ハーフパンツ(名前刺繍入り)

3,300円
注文数:2着

体育館履き

2,500円
注文数:1足

上履き

1,050円
注文数:1足

ジャージ・体操服など注文合計金額:27,550円

体育館履きと上履きは学校指定ではないため、もっと安いスーパーや通販で購入することが多いです。

ただ入学前に探す手間を考えると、1足目だけはジャージなどと一緒に頼んでしまってもいいのかなと思います(わが家は頼んでしまいました)

それにしても、ジャージと体操服でも、こんなに費用がかかるとは想定外でした。

名前が刺繍なので高くなっているらしいのですが、そのため学校指定の販売業者を通すしかなく、追加購入も面倒なので不満はありますね。

 制服代(冬・夏)+ジャージ・体操服など注文総合計金額:90,838円

スポンサードリンク



公立中学校でかかるその他の費用

・冬コート
・ブレザーの下に着るセーター類
・水着(プール授業がある学校の場合)
・雨具(傘・レインコートなど)
・部活のユニフォーム代・道具代
・アルトリコーダーなど授業に必要となる教材など

すべてが入学前に必要になるわけではありませんが、持っていないと困るという身の回りのものだけでも、中学生になると色々あります。

入学前に買った通学かばんも、荷物の多い運動部に入ったら、小さすぎて使えないから、買い足さなければいけないこともあるかもしれません。

運動部だと、指定のユニフォームがあることが多く、その購入費も入部後に発生します。

公立中学校でもかなりお金はかかりますが、もし、仲のいい友達や先輩がいるなら、状態の良いものだけお下がりをもらうという方法もありますね。

その場合、いただいた相手にお礼が必要となりますが、まだ使えるものを有効活用するという点でも、お下がりはいいシステムだと感じています。

まとめ

実際に自分の息子が公立の学区内にある中学校に進学することになり、入学前にかなりの費用がかかることを知りました。

制服の採寸をする前までは、「入学前にお金がかかるのは、制服と学校指定のジャージくらいかな」なんて気楽な気持ちでいましたが、その他にも準備しなければいけないものがたくさんありました。

親も子供も中学入学準備で落ち着きませんが、子供が安心して中学校に通えるように、親としてサポートしていきたいと思います。

関連記事:中学生カバンのおすすめ・通学はリュックや肩掛けが人気!中身は?

スポンサードリンク




コメントを残す