医療費控除のやり方は簡単!準備するものや申告手順まとめ


医療費控除のやり方は簡単!準備するものや申告手順まとめ

昨年1年間は医療費が結構かかったな、と感じたら、医療費控除をするかどうか迷うこともありますね。

家族全員の医療費を合わせて、年間10万円以上(年収300万円前後以下の世帯は所得の5%以上)になるなら、ぜひ医療費控除の確定申告をしましょう。

医療費控除をすることで、所得税や住民税がお得になって戻ってきます。

医療費控除の申告は、ネットで書類作成が簡単にでき、それらを病院の領収書などと一緒に税務署に持ち込むか、郵送で行うことができます。

給与収入のある人がいる家庭(夫がサラリーマンなど)で、ネットで医療費控除の確定申告書類を作成する具体的な方法や手順、事前に準備するもの、申告方法などをまとめました。

スポンサードリンク



医療費控除のやり方は簡単!ネットから申告しよう

大まかな流れを知ろう
1. 事前に準備するものをすべて揃える(このページ内 医療費控除をするのに事前に準備するもの 参照)

2. 国税庁のホームページから確定申告書類を作成する(このページ内 医療費控除の申告手順を具体的に説明 参照)

3. 確定申告書類をプリントアウトする
 自宅にプリンターがない場合は、コンビニでネットプリントも可能
 詳細は「プリントサービスのご案内(国税庁)」を参照

4. 事前に準備した書類や確定申告書類をまとめ、居住地の税務署へ持参・または郵送する


医療費控除をするのに事前に準備するもの

・給与所得の源泉徴収票(原本)
・かかった医療費が分かる領収書 または レシート(コピー不可)
・医療費の明細書(一覧表)
・医療費控除の還付金の振込先情報(銀行名・支店名・口座番号)
・申告する本人と16歳未満の扶養親族のマイナンバー
・申告する本人のマイナンバーカード あるいは マイナンバー通知カード+運転免許証等(コピー)

「給与所得の源泉徴収票(原本)」は、年末に会社からもらえることが多いですが、もしもらえなかった場合でも、会社に申請すればもらえます。

源泉徴収票はコピー不可で、原本提出となるためご注意ください。

「医療費の明細書」は、医療費にかかった領収書を一覧表にしたものになります。

国税庁のホームページで配布している医療費集計フォーム(Excelファイル)のようなものが必要で、領収書を一覧でまとめた表になります(自作でも大丈夫なので、私は自作のものを使っています)

「かかった医療費が分かる領収書 または レシート」が、医療費控除の確定申告が初めての場合、一番のネックになるかもしれません。

医療費に使った領収書やレシートは、1年間で医療費が10万円(年収300万円前後以下の世帯は所得の5%以上)かかるかどうか分からなくても、とにかく領収書やレシートは捨てずに毎回取っておくようにするといいですね。

 領収書やレシートをなくしたら
なくさないようにとっておくのが原則ですが、どうしてもみつからない場合は以下の方法を参考にしてください。

1. 受診した病院で領収書の再発行を依頼する
2. 受診した病院で「領収額証明書」の発行を依頼する(有料のことが多い)
3. 受診した人の氏名・続柄・病院名や薬局名・治療内容など・支払った医療費の明細を作成する

3. に関しては税務署員の判断となるので、しっかりと間違いのないように明細を作成しましょう。

スポンサードリンク




医療費控除の申告手順を具体的に説明

インターネットを使った医療費控除の確定申告書類作成方法

医療費控除

1.平成28年分 確定申告特集(国税庁)」にアクセスし、「確定申告書等作成コーナーへ」をクリック

医療費控除

2. 「申告書・決算書・収支内訳書等 作成開始」をクリック

医療費控除

3. 「書面提出」をクリック

医療費控除

4. チェック項目を確認したら、「下記のチェック項目については、すべて確認済みです」にチェックを入れて、「事前準備完了 次へ>」をクリック

医療費控除

5. 「所得税コーナーへ」をクリック

医療費控除

6. 「給与・年金の方(給与・年金専用)」にある「⇒作成開始」をクリック

医療費控除

7. 「申告書の作成をはじめる前に」の内容を確認して「次へ>」をクリック

医療費控除

8. 「確定申告書を印刷して税務署へ提出」にチェックを入れ、申告する人(世帯主や給料を受け取っている人)の生年月日を入力し、「次へ>」をクリック

医療費控除

9. 「給与のみ」にチェックを入れ、「次へ>」をクリック

医療費控除

10. 「給与の支払者(勤務先)は1か所のみである」と「年末調整済みである」にチェックを入れ、「入力終了(次へ)>」をクリック

医療費控除

11. 「医療費控除」にチェックを入れ、「入力終了(次へ)>」をクリック

医療費控除

12. 「支払金額」「所得控除の額の合計額」「源泉徴収税額」を、給与所得の源泉徴収票の通りに入力し、「入力終了(次へ)>」をクリック

医療費控除

13. 必要な項目のチェックや金額の入力を、給与所得の源泉徴収票の通りに入力し、「入力終了(次へ)>」をクリック

医療費控除

14. 「支払者」の住所や名称を、給与所得の源泉徴収票の通りに入力し、「入力終了(次へ)>」をクリック

医療費控除

15. 入力した内容に間違いがないか確認し、間違っていたら「訂正」をクリック、間違いがなければ「次へ>」をクリック

医療費控除

16. 16歳未満の扶養親族がいる場合は、必要事項を入力し、「入力終了(次へ)>」をクリック

医療費控除

17. 入力した内容に間違いがないか確認し、間違っていたら「訂正・内容確認」をクリック、間違いがなければ「入力終了(次へ)>」をクリック

医療費控除

18. 医療費控除の「入力する」をクリック

医療費控除

19. 「医療費の合計額のみ入力する」にチェックを入れ、「入力終了(次へ)>」をクリック
※「医療費集計フォームに入力したデータを読み込む」で使えるフォームは、国税庁のホームページで配布している医療費集計フォーム(Excelファイル)になります

医療費控除

20. 「平成28年中に支払った医療費の合計額」と「上記のうち、保険金などで補填される金額」を入力し、「入力終了(次へ)>」をクリック

医療費控除

21. 入力した内容に間違いがないか確認し、「次へ>」をクリック

医療費控除

22. 入力した内容に間違いがないか確認し、「入力終了(次へ)>」をクリック

医療費控除

23. 医療費控除で還付される(戻ってくる)金額が表示されるので確認し、「次へ>」をクリック

医療費控除

24. 「住民税の徴収方法の選択」は「給与から差引き」を選択、「16歳未満の扶養親族の有無」「別居の控除対象配偶者~」はあてはまるものにチェックを入れ、「入力終了(次へ)>」をクリック

医療費控除

25. 氏名・性別・電話番号・続柄を入力し、「入力終了(次へ)>」をクリック

医療費控除

26. 「納税地」は「住所」を選択し、住所・税務署・提出年月日・平成29年1月1日の住所を入力し、「入力終了(次へ)>」をクリック

医療費控除

医療費控除

27. 「受取方法」を選択し(画像は「ゆうちょ銀行以外の銀行等への振込み」を選択したもの)、必要事項を入力し、「入力終了(次へ)>」をクリック

医療費控除

28. 表示されている人のマイナンバーを入力し、「入力終了(次へ)>」をクリック
※「入力値を表示する」にチェックを入れると、マイナンバーが数字で表示される(チェックを入れないと*になる)

医療費控除

29. 「申告書等を全て印刷する」にチェックを入れ、「帳票表示・印刷」をクリックし、ブラウザに表示されたPDFファイルをプリンタで印刷する

医療費控除

または、自分のパソコンにPDFファイルをダウンロード・保存してから、プリンタで印刷する
※自宅にプリンタがなくても、コンビニ等でネットプリントができる「プリントサービスのご案内(国税庁)」もあります

医療費控除

30. 印刷が終了すると元の画面に戻るので、「次へ>」をクリック

医療費控除

31. 画面にある確認事項を読み、「次へ>」をクリック

医療費控除

32. 「入力データの保存」をクリック

医療費控除

医療費控除

33. 「データ保存」をクリックすると、「名前を付けて保存」ダイアログボックスが出るので、「h28syotoku.data」ファイルをパソコンに保存する
終わったら、元の画面の「<戻る」をクリック

医療費控除

34. 元の画面に戻るので、「終了」をクリック

以上で、医療費控除の確定申告書類の作成は終わりとなります。

医療費控除の確定申告書類の修正・変更方法

医療費控除

1.平成28年分 確定申告特集(国税庁)」にアクセスし、「確定申告書等作成コーナーへ」をクリック

医療費控除

2. 「途中で保存したデータを読み込んで再開する方 ⇒作成再開」をクリック

医療費控除

医療費控除

3. 「ファイルを選択」をクリック
「開く」ダイアログボックスが出るので、「h28syotoku.data」を開く

医療費控除

4. 元の画面に戻るので、ファイル名を確認し「保存データ読込」をクリック

医療費控除

5. データ情報として確定申告をした年と人の名前が表示されるので確認し、「所得税の確定申告書 作成再開」をクリック
一度作成した書類の修正が可能になります

作成した書類の提出方法

管轄の税務署へ持参する
1. プリントアウトした書類の中にある「提出書類等のチェックシート」を使い、必要書類をチェックします。
2. 提出先税務署は、「提出書類等のチェックシート」下に表示されているので、そこへ持参します。

管轄の税務署へ郵送する
1. プリントアウトした書類の中にある「提出書類等のチェックシート」を使い、必要書類をチェックします。
2. 提出先税務署は、「提出書類等のチェックシート」下に表示されているので、切り取り線から切り取って封筒に貼り、ポストへ投函します。

 持参・郵送どちらにも共通する注意点
・医療費の領収書やレシートは台紙には貼らず、封筒などにまとめて入れておく
・郵送時、医療費の領収書やレシートの返却が必要な場合は、返信用封筒(切手貼付・宛名記入)を同封し、領収書の返却を求めることを手紙や付箋などに書いておく
・郵送時、確定申告書類のうち控えの送付は必要ないが、控えにも収受印が必要な場合は控えも一緒に送付し、返信用封筒(切手貼付・宛名記入)を同封しておく

私はいつも郵送していますが、今まで問題なく、きちんと還付金は銀行に振り込まれています。

その他の注意事項

医療費集計フォームとは

医療費の明細書となる「医療費集計フォーム(Excelファイル)」が国税庁のホームページに用意されています。

必ずしもこのフォーマットでなければいけないわけではありませんが、ホームページからの申告時に読み込みできるなど利点があります。

医療費控除

1.平成28年分 確定申告特集(国税庁)」にアクセスし、「確定申告書等作成コーナーへ」をクリック

医療費控除

2. 「医療費集計フォーム」をクリック

医療費控除

3. 「医療費集計フォーム ダウンロード」をクリックすることで、「医療費集計フォーム(Excelファイル)」が、自分のパソコンにダウンロードできます

治療費よりも多くの保険金をもらったら

実際にかかった医療費+交通費よりも多く保険金が出た場合でも、その病気やケガに対しての補てんとなります。

そのため、引ききれない金額が出ても他の病気やケガの医療費から引くことはありません。

保険金が上回った場合の、医療費の明細書(医療費集計フォームなど)へは、その病気やケガに対しての医療費+交通費と同額を入力すれば(差し引き0円になればよい)問題ありません。

年末に保険を請求したので保険金がいくら戻ってくるか分からない

医療費控除の確定申告時に、保険金の補てん額がまだ分からない場合は、補填されるだろうと予測される保険金額を入力しておきます。

確定申告後に、保険がでなかった等で保険金額に変更があった場合には、医療費控除額を訂正し、申告し直すことになります。

ただし医療費控除は還付申告となるため、給与収入しかないサラリーマンの場合、税務署では1年中受付しています。

そのため、還付を急いでいないのならば、保険金の補てん額が決定してからの申告でも問題ありません。

関連記事:医療費控除とは分かりやすく説明・準備するものや対象となる治療は?

夫婦が共働きで妻も収入がある場合、夫の名前で医療費控除の申告はできるのか

医療費控除は、生計を共にする家族や親族の医療費を支払った場合に適用されるため、妻(配偶者)に収入があるかないかは関係ありません。

そのため、税金の還付という視点からみれば、より収入の多い(納めている税金額が多い)人の名前で医療費控除の申告をすることをおすすめします。

まとめ

文字と画像で説明すると長く感じますが、実際に国税庁ホームページでの書類作成は、意外と簡単に行えます。

医療費がかなりかかってしまった年は、ぜひ医療費控除の確定申告をして、税金をお得に取り戻しましょう。

関連記事:医療費控除とは分かりやすく説明・準備するものや対象となる治療は?
関連記事:セルフメディケーション税制とは?いくら減税される?レシート必須!

スポンサードリンク




コメントを残す