どんど焼きの意味や起源とは?いつ行うの?燃やしてもいいものは何?


どんど焼きの意味や起源とは?いつ行うの?燃やしてもいいものは何?

お正月が終わる頃に、日本各地ではどんど焼きが行われます。

「どんど焼き」は地域によって呼び方が変わり、「左義長」や「とんど焼き」と呼ばれることもありますが、内容はほぼ同じものです。

どんど焼きとはどういったものなのか、その意味や起源について、よく行われる日程や、燃やしてもいいもの、どんど焼きに参加してすると縁起のいいことをまとめました。

スポンサードリンク



どんど焼きとは?意味や起源を知りたい

どんど焼きの意味

どんど焼きの目的
お焚き上げ(正月飾りやお守りなどを集めて燃やすこと)をして、無病息災や五穀豊穣を祈るもの

今年飾った正月飾り(松飾りやしめ縄など)や書き初め、昨年使ったお守りや破魔矢などを、竹などで組んだやぐらに集め積み上げて燃やす火祭り行事です。

また、お正月に門松などで各家庭に出迎えた年神様(歳神様)を、浄化の炎と共に空へ見送るという意味もあり、新しい1年の無病息災・五穀豊穣・家内安全を祈願するものでもあります。

 年神様(歳神様)とは
正月に、日の出とともに家にやってくる神様のことを「年神様(歳神様)」と呼びます。
まず自宅の玄関にある門松に年神様がやってきて、その後、家の中にある鏡餅に年神様の魂が宿ります。
年神様は、1年間、その家に幸せをもたらすためにやってきてくれる神様です。

どんど焼きの由来

どんど焼きの由来や起源はいくつかあり、代表的なものを2つ紹介します。

1. 平安時代の宮中で行われた「左義長(さぎちょう)」という行事が民間に伝わったという説

左義長とは、正月十五日に、宮中にある清涼殿(せいりょうでん)の庭で、毬杖(ぎっちょう)※と呼ばれる木製の杖を3本結び、その上に扇子や短冊を置いて、陰陽師(おんみょうじ)が謡いながらこれらを焼いた行事です。

この行事には旧年中の穢れ(けがれ)を祓い、春の到来を喜び、五穀豊穣を祈る意味がありました。

※毬杖とは……木製の杖を振るって木製の毬を相手陣に打ち込む遊びに使う杖のこと

2. 小正月に行われる「鳥追い行事」に関係する鷺鳥(さぎちょう)が語源であるという説

昔は1月15日の小正月に、田畑を鳥の被害から守られるようにと祈願する鳥追い行事が行われていました。

この鳥追い行事では、稲や藁・今年使ったしめ縄などで立てられた小屋を燃やすため、これがどんど焼きの由来になったと言われています。

どんど焼きの呼び方は地域によって違う

「どんど焼き」の地域による色々な呼ばれ方
・左義長(さぎちょう・さぎっちょ)
・どんどん焼き
・とんど焼き
・さいと焼き
・どんだら焼き
・三九郎(さんくろう)焼き
・おんべ焼き
・ほじょり
・ほうじょり
・ほちょじ
・ほっけんぎょう
・どんどろ祭り

ここに挙げたもの以外にもまだあり、正月飾りを集めて燃やすという全国的に同じ行事でも、それぞれの地域で様々な名称がついていることがうかがえます。

「どんど焼き」や「どんどん焼き」の語源についても、燃やしている青竹が弾ける音である「どんどん」という音からついたもの、燃え盛る炎の神秘さから「尊(とうと)や」と人がはやし立てたからというもの、どんどんと燃える様子からついたものなど、諸説あります。

自分の地域のどんど焼きの呼び方や由来を、ぜひ確認してみてくださいね。

どんど焼きはいつ行われるの?燃やしていいものは?

どんど焼きが行われる日にち

1月15日(小正月)前後の土日

以前は1月15日が成人の日で祝日だったので、どんど焼きも15日に行われていました。

しかし成人の日が1月第2月曜に制定されてからは、15日前後の土日に行われるようになりました。

どんど焼きで焼いていいもの

・正月飾り全般(松飾り・門松・しめ縄)
・昨年のお守り・破魔矢・お札
 (今年のものは来年のどんど焼きに出す)
・書き初め
・祈願成就しただるま

※燃やせるものについては、地域の都合や、どんど焼きを行う主催者の考え方により違いがあるので要確認

正月飾りの処分には、どんど焼きがおすすめです。

また、初詣の際に寺社に納め忘れてしまった昨年のお守りや破魔矢、お札などもどんど焼きに出すことができます。

だるまに関しては、燃やせないところもあるので気をつけてください。

特に人形類は受け付けていないところも多いので、正月飾りやお守り以外のものに関しては、必ず主催者に確認をするようにしてくださいね。

また、正月飾りはプラスチックや金具を取り外すように決められている場合もあるので、指示に従いましょう。

スポンサードリンク



どんど焼きに行ったら何をすれば縁起がいいの?

どんど焼きでは、迫力のある大きな斎灯(さいと=神仏の前で焚くかがり火のこと)を間近で見ることができます。

火は穢れを浄化し、竹が爆ぜる音は厄災を退けてくれると言われています。

・どんど焼きの火にあたると、1年間健康に過ごせて若返る
・どんど焼きで焼いた餅や団子を食べると、1年間病気にかからなくなる
・どんど焼きで燃やした書き初めの紙が、空高く舞い上がると字が上手くなり、学業も良くなる
・どんど焼きの灰を持ち帰り、家の周りにまくことで魔除け・厄除けになる

どんど焼きは、お正月飾りを処分するためだけに行われるのではなく、浄化された炎によって、色々なご利益が私たちにもたらされる行事なのですね。

どんど焼きを主催する団体によっては、その場で書き初めや願い事を書いた紙を燃やすことができたり、お餅や団子があらかじめ用意されていて焼いたものを来た人に配布するなど、色々なイベントを準備していることもあるので、チェックしてみてくださいね。

まとめ

地域によってどんど焼きが行われる場所は様々ですが、自治体が中心になって行われるどんど焼きになると規模が大きく、迫力のある炎を間近で見ることができます。

最近は、物を燃やすことによる煙や匂いなどが近所迷惑になるということで、どんど焼きを行わなくなっているところもあります。

環境の変化に対応するために仕方のないことですが、どんど焼きは日本に昔から伝わる正月文化の一つなので、これからも続いていくといいですね。

スポンサードリンク




コメントを残す