破魔矢の意味は?部屋での飾り方はどうする?処分の仕方も知りたい


破魔矢の意味は?部屋での飾り方はどうする?処分の仕方も知りたい

お正月に寺社で初詣の参拝をする際には、おみくじを引いたり、お守りを授与してもらいますね。

この時、破魔矢を授与してもらう(買う)人も多いと思いますが、破魔矢にはいったいどんな役割があるのでしょうか?

今回は、お正月などで寺社に参拝した際に授与される破魔矢の由来や意味、破魔矢を自宅に持ち帰ったあとに飾る場所、いただいた破魔矢を処分する方法などをまとめました。

スポンサードリンク



破魔矢とは?由来や意味を知りたい

・破魔矢の「はま」は弓射で用いられた的(まと)のことを指す
・「はま」に当て字がされ破魔矢となった

本来、「はま」とは的のことであり、昔はこの「はま」に当たる矢の具合によって、作物の豊凶を占ったとされています。

「はま」が、いつしか「破魔=魔を破る」に通じるとされ、のちに招福厄除の矢として、寺社で授与されるようになりました。

・破魔矢は、破魔弓の添え物である

現在では簡略化され、破魔矢だけで授与されることが多くなりました。

矢だけでは魔を破れないのでは?と心配になるかもしれませんが、そもそも一般人である私達は、自分で邪気を払うことができません。

邪気を払うことができる破魔弓を扱うことができるのは、経験と修業を積んだ神職・僧侶だけであり、邪気を払う方角を見定めて破魔弓を構えてくれます。

そのため、私達は破魔矢だけを手に入れることで、神職・僧侶が手にする破魔弓から邪気を射てもらえるということになります。

・破魔矢の先端がとがっていないのは、邪気を浄化するものだから

破魔矢の多くは木製となっていますが、「矢」と呼ばれるのに先がとがっていないのは、なぜなのでしょうか。

それは、破魔矢が物体を射るものではなく、邪気を払うためのものだからです。

邪気をはらったり浄化するためなら、矢の先端がとがっている必要はありませんね。

破魔矢の飾り方はどうする?

破魔矢の正しい飾り方・祀り方(まつりかた)は、宗派によって違うとされていますが、一般的に多く言われていることをまとめました。

・破魔矢を飾る方角は気にしなくてよい
・破魔矢を飾る場所は、家族の集まるリビングや玄関がよい
 (神棚や床の間があるならそこに飾る)
・大人の目線よりも高い位置に、立てて飾る
 (破魔矢の羽が上になるように)
 ・こまめに掃除をする

 破魔矢を飾る方角は決まっていないの?
破魔矢には、正月の初詣などで授与される(買う)もの・上棟式(新築戸建住宅などの建築工事の途中で行う儀式)で供えるもの・男児が初めての正月を迎える際に用意するものなどがあります。
上棟式では吉凶の方角を気にするため、破魔矢の向きにも決まりがありますが、今回紹介しているような、寺社を参拝した際に手に入れ自宅の部屋に飾る破魔矢に関しては、飾る方角を気にする必要はありません。

しかし、いくつかの説はあるので、気になる方は参考にしてください。
・破魔矢を授与してもらった寺社の方角に羽を向ける
・神社は太陽神(天照様)を祀るため、太陽に矢の先が向かないようにする
・羽が「東」あるいは「南」を向くように飾る

どうしても方角にこだわりたい場合は、破魔矢を授与してもらった(買った)寺社に問い合わせをしてください。

破魔矢を飾る場所は、神棚など大人の目線よりも高い位置が望ましいのですが、難しい場合も多いでしょう。

その場合、リビングのタンスの上・リビングから見える食器棚の上・玄関なら靴箱の上などの、高い位置で代用することができます。

どこに飾る場合でも、神聖な破魔矢がホコリだらけになったりしないよう、こまめに掃除をするようにしてくださいね。

破魔矢を飾るのに便利な破魔矢立ても販売されています。

わが家もこちらを購入して、方角は気にせず(太陽に矢じりを向けないことだけ気をつけて)破魔矢を飾っています。

意外と置き場所に迷う破魔矢ですが、これがあれば大人の目線よりも高いところに飾るのも楽ですし、掃除をする時にも便利なのでおすすめします。

スポンサードリンク



破魔矢の処分はどうすればいい?

破魔矢の処分方法
・一年間飾ったのち、授与していただいた(買った)寺社に納める

※授与された寺社が遠方などで難しい場合は、近くの寺社に納めてもかまわないが、神社で授与されたものは神社に、お寺で授与されたものはお寺に納める

破魔矢の処分方法も、基本的にはお守りやお札と同じになります。

破魔矢などを納める場所に賽銭箱が置いてある場合は、神社なら「初穂料」・お寺なら「焼納料」としてお賽銭を入れます。

金額の目安は、その人の「御心」ということで特に決められおらず、入れなくても問題ありませんが、入れるとしても100円程度で大丈夫とされています。

こうして寺社に納められた破魔矢などは、後日、神社なら「お焚き上げ(おたきあげ)」・お寺なら「焼納(しょうのう)」として、火で焼いて処分されます。

また、どんど焼きと呼ばれる行事が小正月の1月15日前後(地域によって異なる)にあり、そこでお守りや破魔矢などが焼かれることが多いですね。

まとめ

お正月の初詣で、たくさんの人が手にする破魔矢ですが、見た目が華やかでキレイというだけではなく、文字通り魔を破ってくれる矢であり、開運や招福・厄除けなどもしてくれる頼もしい矢でもありました。

新年になって、新しい破魔矢を家の中に飾ったら(祀ったら)、そこから1年間、破魔矢の周りをこまめに掃除をして、開運招福にあやかりましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す