お屠蘇を正月に飲む意味とは?お屠蘇セットは必要?飲み方を知りたい


お屠蘇を正月に飲む意味とは?お屠蘇セットは必要?飲み方を知りたい

お正月の食卓に上がるものといえば、おせちやお雑煮が定番ですが、お屠蘇(おとそ)も日本ならではの風習ですよね。

しかし、おせちなどに比べると、お屠蘇について詳しいことはあまり知られていないように感じます。

お屠蘇をお正月に用意する意味や、お屠蘇セット(屠蘇器)は必要なのかどうか、お屠蘇の正式な飲み方をまとめました。

スポンサードリンク



お屠蘇を正月に飲む意味とは

お屠蘇の由来には、諸説あります。

・中国の「屠蘇(とそ)」という人が、年末に風邪予防薬として漢方を配り新年に飲ませたから
・「蘇という悪鬼を屠(ほふ)る」という意味がある
・「悪鬼を屠(ほふ)って人の魂をよみがえらせる」という意味がある
※屠る(ほふる)=体を切り裂く・敵を打ち負かす

お屠蘇は、「屠蘇散(とそさん)」と呼ばれる10種類程度の生薬を配合した漢方薬を漬け込んだ薬酒のことです。

この薬酒であるお屠蘇をお正月に飲むことで、この1年は家族が健康に過ごせるように、また邪気を払って不老長寿を祈るという意味合いを持っています。


お屠蘇は漢方のため、風邪の予防や整腸作用・体を温める効果があり、昔はお正月以外でも飲んでいました。
お屠蘇は、中国から平安時代の日本に入ってきたとされ、江戸時代に庶民にまで広まったと言われています。

お屠蘇セットは必要?あればお正月らしさアップ!

わが家は数年前に、お屠蘇セット(屠蘇器)を、楽天市場にて3,000円ほどで購入しました。

屠蘇器は、朱塗りのお銚子と三段重ねの盃の組み合わせになります。

お屠蘇には漢方と同じような成分が入っているので、匂いが強いのが特徴でもあります。

陶器の器を使うと、器にお屠蘇の匂いが移ってしまうことがあるので、お屠蘇専用の器を使うことをおすすめします。

屠蘇器を使わないなら、匂い移りをしないガラスの器がいいですね。

スポンサードリンク



お屠蘇の正式な飲み方が知りたい

お屠蘇に正式な飲み方はあるの?

実は、お屠蘇の正式な飲み方というものはありません。

中国からお屠蘇が伝わってきた際に、飲み方までは伝わってこなかったそうです。

そのため、日本でお屠蘇を飲むときの作法は、地域や家庭によって大きく違っているのが現状です。

次章では一般的な作法を紹介しますが、たくさんあるルールのうちの一つとして、参考にしていただければと思います。

お屠蘇の飲み方(作法)

(用意するもの)
お屠蘇に使う市販の屠蘇散

・市販の屠蘇散(画像参照/スーパーで100円前後で販売)
 ティーバッグのようになっている
・日本酒
・本みりん

各材料の分量は、購入した屠蘇散により違ってくるので、屠蘇散に付属してある説明を参照することをおすすめします。

本みりんがなければ、家にある料理用みりんでも代用できますが、料理用みりんは塩が添加されていることが多いので、できれば本みりんが好ましいです。

みりんを多くすればするほど、まろやかな甘口のお屠蘇になります。

(準備)12月31日大晦日の夜

みりんを合わせた日本酒に、市販の屠蘇散(とそさん)を浸しておく

屠蘇散によって抽出時間が変わってくるので、屠蘇散付属の説明を参照してください。

飲む前の8時間ほど浸しておくのが基本ですが、浸す時間が長すぎると、お屠蘇が濁ったり味が落ちるので気をつけましょう。

(当日)屠蘇器三重杯の場合

※おせちやお雑煮を食べる前にいただきます

1. 屠蘇散を取り出す

2. 三つ重ねの杯の上から、小杯にお屠蘇を注いだら飲む→中杯にお屠蘇を注いだら飲む→大杯にお屠蘇を注いだら飲む
※お屠蘇は、年長者が年少者の杯に注ぎ、年少者から飲む

3. 使った盃を再度三つ重ね、小杯から2.と同じようにして、人数分を繰り返す

 お屠蘇の略式について
1人で杯(さかずき)を3杯分飲むことになるお屠蘇ですが、略式での飲み方もあります。
1つの杯に対し、3回に分けてお屠蘇を注ぎ、3回に分けて(口をつけて)飲み干すのが略式です。

また家族でお屠蘇をいただく場合は、大杯を家長(父)・中杯を母・小杯を子供で使うこともあります。
その際、子供はお酒を飲めないので、杯を傾けるだけ、または形式的に口を付けるだけで大丈夫です。

お屠蘇を飲む順番について

紹介した作法では、年少者が最初に飲むとしていますが、年長者(家長)が最初に飲むとする場合もあります。

・年少者が最初に飲む→漢方医が患者の健康を気遣ってお屠蘇を配ったことにちなみ、年長者が家族や年少者の無病息災を祈って分ける・年長者の英知を年少者に分け与える・年少者が毒味をする

・年長者が最初に飲む→年少者が年長者の杯にお屠蘇を注ぐことで、年少者の若さにあやかる

・厄年の人が最後に飲む→厄年以外の人に厄を祓う力を分けてもらう

どれが良い・悪いという明確な決まりはないので、各家庭でルールを決めてくださいね。

まとめ

お屠蘇の飲み方については、飲む方角が決まっているなどの難しい作法も出回っていますが、実際に厳しいルールは特に決められていないことを知りました。

わが家でもお屠蘇を飲む前に、毎年お屠蘇の作法をネット検索していたのですが、今後はあまり堅苦しく考えずに、日本の文化を子供に伝えることを一番に心がけるようにして、お正月の風習を楽しみたいと思います。

スポンサードリンク




コメントを残す