お雑煮の関東風レシピ・醤油と鶏肉を使った「関東風しょうゆ雑煮」


お雑煮の関東風レシピ・醤油と鶏肉を使った「関東風しょうゆ雑煮」

日本のお正月に欠かせない料理といえば、なんといってもお雑煮です。

お雑煮は地域によってさまざまであり、また家庭によっても違います。

わが家の伝統の味を守るのもいいし、あえて新しい味に挑戦してみるのも楽しいですね。

今回はお雑煮の関東風レシピ、「関東風しょうゆ雑煮」のレシピを紹介します。

スポンサードリンク



お雑煮の関東風レシピ・醤油と鶏肉を使った「関東風しょうゆ雑煮」

材料(4人分)

・小松菜……1束
・にんじん……3センチ
・鶏もも肉……1枚
・なると……6センチ
・だし汁……6カップ
・塩……小さじ3/4
・しょうゆ……適量
・もち……8個
・(お好みで)刻んだゆずの皮……少々

※鶏肉はむね肉でも可
※なるとはかまぼこでも可
※だし汁はお好みのもので(市販のだしの素でも十分)

手順

(下ごしらえ)
1. 小松菜はゆでて、水にさらして水けを絞り、4センチ長さに切ります

関東風しょうゆ雑煮のにんじん型抜き

2. にんじんは4等分の輪切りにし、花型(梅型)で抜きます

3. 鶏もも肉は皮と余分な脂を取り除き、一口大に切ります

4. なるとは8等分の輪切りにします

(しょうゆ雑煮)
1. 鍋に、だし汁・塩・にんじん・鶏もも肉を入れて火にかけます

2. にんじんがやわらかくなったら、なるとを加え、しょうゆで味をととのえます

3. もちを焼きます

関東風しょうゆ雑煮

4. お椀に、焼いたもち・小松菜を入れ、鍋の具を盛ってから、汁をはります

最後はお好みで、刻んだゆずの皮をのせてください。

 雑煮の豆知識
本来、元日に初めて汲んだ「若水」で煮るのが習わしとなっています。
若水は邪気を除くといわれ、神棚に供えてから食事などに使うものです。
地方によってさまざまな雑煮があり、大きく分けると、関東ではしょうゆ仕立ての角餅(切り餅)・関西では白みそ仕立ての丸餅となっています。

スポンサードリンク



まとめ

今回紹介したお雑煮は、私が子供の頃から食べていた、私の母が作るお雑煮がベースになっています。

私は生まれも育ちも関東なので、しょうゆ雑煮が当たり前なのですが、関西育ちの夫の母が作る雑煮もなぜかしょうゆ雑煮なので、雑煮に関しては味の一致があってよかったです。

自分で作るお雑煮はこれからもずっとしょうゆ雑煮だと思いますが、機会があれば色々な地域のお雑煮を食べてみたいと思っています。

関連記事:おせち料理の意味と重箱は何段にするといいの?祝い箸とは?

スポンサードリンク




コメントを残す