松の内とはいつまで?関東と関西で期間が違う理由と関係する正月行事


松の内とはいつまで?関東と関西で期間が違う理由と関係する正月行事

お正月は、年神様を各家庭に迎えるおめでたい行事ですが、お正月によく聞かれる「松の内」とはいったいどのような意味があるのでしょうか。

松の内の意味や由来と、松の内の期間が関東と関西で違う理由、松の内の期間に関係するお正月の行事をまとめました。

スポンサードリンク



松の内とはいつまで?

松の内とは
正月の松飾り(門松)を飾っておく期間のこと
 関東:1月7日の大正月(大しょうがつ)まで
 関西:1月15日の小正月(こしょうがつ)まで

しかし、同じ関東や関西内でも地域差があり、1月10日までというところもあります。

門松はなぜ飾るの?

元旦に年神様が家にやってきますが、その際、門松を目印としてやってくると言われています

 年神様(歳神様)とは
正月に、日の出とともに家にやってくる神様のことを「年神様(歳神様)」と呼びます。
まず自宅の玄関にある門松に年神様がやってきて、その後、家の中にある鏡餅に年神様の魂が宿ります。
年神様は、1年間、その家に幸せをもたらすためにやってきてくれる神様です。

松の内の期間が関東と関西で違う理由

松の内の期間が、関東と関西では1週間ほど違っていますが、なぜなのでしょうか?

これは「鏡開きの日」が変更されたことに由来しているという説があります。

鏡開きはもともと1月15日の松の内が終わったあと、旧暦の1月20日に行われていました。

しかし江戸幕府3代目将軍である徳川家光が4月20日に亡くなったことにより、月命日の20日が忌日とされます。

そのため江戸城がある関東では、1月20日の鏡開きを1月11日とするようになったため、松の内の期間も、大正月と呼ばれる1月7日までに短くしたとされています。

関東での風習として始まったため、江戸幕府の影響をあまり受けなかった関西までは広まらなかったことが、松の内の期間が東西で違う理由とされています。

スポンサードリンク



松の内の期間が関係するお正月行事は

正月飾りや鏡餅を飾る期間にも松の内が関係してきます。

松の内の期間中に初詣に行くのが良いとされていますが、初詣の参拝の仕方には諸説あります。

お年玉は松の内の間に渡すと言われていますが、子供にとってお年玉は特別に嬉しいものなので、松の内を過ぎてから渡すことがあっても問題ありません。

まとめ

松の内と呼ばれるお正月の期間が、関東と関西では違いがあるのが面白いし、またその由来も興味深いものでした。

松の内の意味を知ったところで、これからも色々なお正月行事を楽しみたいですね。

スポンサードリンク




コメントを残す