バレンタインに小学生女子が友チョコ交換!手作りレシピや渡し方は?


バレンタインに小学生女子が友チョコ交換!手作りレシピや渡し方は?

バレンタインデーには、女の子から男の子にチョコレートを送るというのが昔からの定番ですが、今は女の子同士でチョコを交換し合う「友チョコ」が当たり前になってきました。

友チョコは女の子の間で、小学生の頃から流行り始めます。

大人のように市販のものを贈り合うのではなく、子供は手作り派がほとんどという印象を受けますが、実際はどうなっているのでしょうか。

バレンタインに小学生が友チョコを交換することについて、女の子のお母さんはどう考えているのか、また友チョコに使える簡単レシピや、友チョコの交換・渡し方などを、私の周りの女子小学生ママに訊いた実体験も交えつつ、まとめてみました。

スポンサードリンク



バレンタインに小学生女子は友チョコ交換!親はどう対応する?

小学生女子が友チョコ交換をすることについて親が思うこと
・子供が手作りチョコを作るのを手伝わなければいけないので面倒
・子供が手作りチョコを作るのを手伝うのが楽しみ
・市販のチョコをいくつか買って詰め合わせる
・友チョコは必要ないので対応しない

私の周りの小学生女子のお母さんは、子供の希望があれば、友チョコ交換に協力している人が多いように感じます。

わが家には小学生男子がいて、幼馴染の女の子から友チョコを毎年もらいますが、いつもお母さんと一緒に作ったというチョコ菓子の詰め合わせをいただきます。

そのお母さんに話を聞いてみると、まず子供と一緒に何を作るかを決め、材料はすべて親が購入し、100円均一ショップで可愛いラッピングを揃え、バレンタイン前日に子供と一緒にチョコ菓子を作るとのこと。

それを父親にあげる分も含め、10人分前後作っているそうです。

100均の包装とは思えないステキなラッピングで、量もそれなりに入っている手作りチョコなので、作るのが大変なのでは?と訊いてみると、半日がかりだよと女の子のお母さんは言っていました。

買い物に行く手間も考えたら、相当な時間を子供の友チョコ作りのために費やしているんですね。

小学生女子が友チョコ交換について思うこと
・友チョコ交換を毎年楽しんでいる
・本当は友チョコ交換は面倒だけど、仕方なく参加している
・友チョコ交換はしない(周りにする友人もいない)

友チョコ交換を子供自身の意思で始めるのは、小学校3年生くらいからになります。

誰かがバレンタインデー前に「友チョコ交換をしよう」と言い出して始まるケースと、バレンタインデー当日に友チョコをもらい、友チョコという存在を初めて知るケースがあります。

女の子は小学校中学年頃から、気の合う子同士でグループを形成するようになります。

そのグループ内で友チョコが流行ると、友チョコに興味がなくても参加せざるを得ないという状況になり、仕方なく友チョコ交換をしている子もいるようです。

女性なら誰しもが経験あると思いますが、このグループというのは、やっかいなものなんですよね。

小学校という集団生活の場で、子供は子供なりに友人関係を手探りで迷いながら構築している年頃なので、友チョコに関しては、大人でいうお中元やお歳暮みたいなものだと考えて、できるだけ子供が希望する通りに手伝ってあげるのがいいのではないかなと私は思っています。

ただし、「自分はあげたのに相手はくれなかった」というように、見返りを求めることが前提の行為にならないよう、子供には言っておきたいですね。

自分が普段からお世話になっていたり、「仲良くしてくれてありがとう」という気持ちを伝えたい相手にだけ、感謝の気持ちで友チョコを用意するという考え方ができるといいのかなと。

各家庭によって考え方は違って当たり前であり、友チョコは用意しないという方針の家庭もあるので、そういった相手の事情も少しずつ子供に理解させるようにするのも親の役目かもしれません(小学生の子供相手に難しいことですが)

中学生以降になると、友チョコはおこづかいの範囲内で楽しむなど、女の子も少しずつ親から離れていくことが多いので、小学生のうちだけと親も割り切ることが必要だと感じます。

子供が友チョコ交換をすようになってよかったこと
・お菓子作りに興味を持つようになった
・料理に興味を持つようになった
・キッチンの後片づけが上手になった

小学校高学年になると、家庭科の調理実習も始まり、料理に興味を持ち始める子が増えてきます。

友チョコを手づくりで用意することがきっかけとなって、お菓子作りが趣味になったり、料理に興味が出てきて、積極的に親の手伝いをするようになるということもあります。

親としては、子供に手伝いをさせること自体も手がかかるので大変ですが、子供の経験値を上げるという感覚で、キッチンに立たせるのもおすすめです。

バレンタインに小学生が手づくりするなら簡単レシピで

友チョコは大量に作らなければいけないことが多いので、なるべくお金がかからず、手間もかからないレシピが理想です。

子供が主体で作るため、材料が少なく、簡単にできるバレンタイン友チョコレシピをピックアップしてみました。

※ベーキングパウダーや洋酒を使うレシピはありません

チョコクランチ(チョコバー)

Cpicon 豆チョコ(節分豆チョコレート) by れっさーぱんだ

Cpicon バレンタインに♪ガーナミルクチョコバー by あさえもん

Cpicon ドライ苺チョコクランチ バレンタインに by あぽももこ

Cpicon 簡単 材料3つでざくざくチョコバー。 by happy sky

スノーボール

Cpicon バレンタインに♪簡単チョコスノーボール♪ by 舞衣ママ

Cpicon 超簡単!サクサクのスノーボール by みるすけ

クッキー

Cpicon 簡単やみつきクッキー♪卵なしでサクサク☆ by みるてぃ

Cpicon 超簡単サクサク激うまクッキー! by 女子高生なっちゃん★

生チョコ

Cpicon ゴディバを超えた!?私のトリュフ by ***ゆう***

Cpicon バレンタインに生チョコ by るりか 

ホットケーキミックスを使うもの

Cpicon HM*超簡単ひとくちスコーン by たっくんvv

市販のタルトを使うもの

Cpicon バレンタイン☆材料3つ簡単生チョコタルト by みらめい

冷凍パイシートを使うもの

Cpicon 材料3つ ハートのチョコパイ♪簡単 by ぱんだ子パンダ

Cpicon 友チョコに♪子どもと作る簡単チョコパイ by makkocafe

スポンサードリンク



バレンタインの友チョコの渡し方は?小学生はどうしてる?

小学校では、バレンタインデーやホワイトデーに、チョコやプレゼントの持ち込みを禁止しているところが多いです。

そのため子供達は放課後、一度家に帰ってから、チョコを持って友達と集まり、友チョコ交換をすることになります。

チョコ交換だけでももちろん楽しいのですが、余裕があれば、100均で買えるメッセージカードに一言コメントをつけて贈ると、友達へ日頃の感謝を伝えられますね。

また、誰に友チョコをあげればいいのか迷うなら、無理をしてバレンタインデー当日に友チョコを用意せず、友チョコをくれた友人にだけ、後日(またはホワイトデーに)お返しとして、友チョコをあげればいいと思います。

友チョコをもらったらお礼を言って、「今日は用意できなかったから、別の日にお返しするね」と伝えるよう、子供にあらかじめ言っておけばいいでしょう。

まとめ

小学生でも手軽にたくさん作れるチョコ菓子のレシピを探していたら、料理やお菓子作りが苦手な私でも、チャレンジしてみたいなと思える簡単レシピがたくさんありました。

バレンタインには、これらのレシピを参考にして、私も夫と子供達に手作りのチョコレート菓子をプレゼントしたいと思います。

小学生の友チョコ交換には、毎年頭を悩ませるお母さんが多いと思いますが、期間限定と割り切って、子供と簡単レシピでチョコ作りやラッピングを楽しめるといいですね。

関連記事:バレンタインデーの小学生男子のとらえ方は?本命とは?渡し方は?

スポンサードリンク




コメントを残す