節分の由来と意味は?昔からの風習や玄関の柊鰯についてまとめ


節分の由来と意味は?昔からの風習や玄関の柊鰯についてまとめ

節分の豆まき行事は、昔から様々なところで行われていますが、そもそも節分とは、いったい何のためにあるのでしょうか?

豆まきをしたり、恵方巻きを食べることは知っていても、節分の日の由来までは、深く考えたことがなかったりします。

そんな節分の由来や意味、昔から伝わる節分にまつわる風習、玄関先に飾る柊鰯(ひいらぎいわし)についてまとめてみました。

スポンサードリンク



節分の由来と意味は?

「節分」とは、季節の変わり目・季節を分けることを意味します。

各季節の始まりの日の前日を「節分」と呼ぶ

・2月の立春の前日
・5月の立夏の前日
・8月の立秋の前日
・11月の立冬の前日

このように、実は節分と呼ばれる日は、年に4回もあります。

しかし現在「節分」として行事が行われるのは、春の節分だけとなっています。

理由として、昔は立春から新しい年が始まるとみなしていたことがあり、その立春の前日である節分だけが大晦日と同じように特別に扱われるようになったことにあります。

平安時代には、立春の前日である節分の日に、宮中行事として陰陽師による「追儺(ついな)」という災難や厄を払う行事が行われていました。

また節分には、邪気(鬼)が生じると考えられているので、豆まきによって鬼(邪気)を追い払うという、現在の豆まき行事へと定着することになりました。

スポンサードリンク



節分で昔から行われている風習とは

一般的によく行われているのは、「鬼は外、福は内」と掛け声をかけながら福豆をまく豆まきですね。

その後、福豆を数え年の数だけ食べたり、恵方巻きを食べたりしますが、その他にも邪気除けのため柊鰯(ひいらぎいわし)を玄関に飾るという風習もあります。

豆まき・豆を食べる

節分には邪気(鬼)が生じることから、豆まきによってその邪気を払うために行います。

また、福豆を食べることによって健康(まめ)でいられるとも言われています。

詳しくは → 節分に豆まきをする意味は?正しい豆まき方法と余った豆レシピの紹介

恵方巻き

その年の歳徳神(としとくじん)がいる方角を恵方と呼び、恵方を向いて節分の巻き寿司を願い事をしながら1本丸かぶりすることで、福を呼び込むことができるとされています。

詳しくは → 節分に恵方巻きを食べる時のルールや方角は?一緒に食べる食事は?

節分の柊鰯(ひいらぎいわし)について

節分の柊鰯(ひいらぎいわし)について

柊鰯(ひいらぎいわし)
※鰯柊(いわしひいらぎ)とも言われる

柊鰯は、節分の魔除けとされています。

柊(ひいらぎ)の枝の先に焼いた鰯(いわし)の頭を刺したものを、各家庭の玄関や門口(家や門の出入口)に飾ることで、鬼が家の中に入れなくなると言われます。

これは鰯を焼いた時の匂いと煙を鬼が嫌がり、柊のとがった葉っぱは鬼の目を刺すということからきています。

鬼は、厄災や厄病など邪気のたとえとされているので、柊鰯は鬼=災難を遠ざける門守(かどもり/門口に飾るお守り)の一つとなります。

 柊鰯の別の名称
地域によっては、柊鰯ではなく別の呼び方をされています。
焼嗅(やいかがし)・やいくさし・やっかがし・やっさし・やきさし・柊刺し・鬼の目さし

柊鰯(ひいらぎいわし)を飾る期間

・1月16日(小正月の翌日)から節分の日まで
・節分の日のみ
・節分の日から2月の終わりまで
・節分の日から、翌年の節分前日まで(1年間)

地域や家庭によって柊鰯を飾る期間は様々で、特に決まりがあるわけではありません。

柊鰯(ひいらぎいわし)の処分方法

・塩で清めてから、半紙に包んで捨てる
・神社でお焚き上げしてもらう

柊鰯は、お守りと同じ役割を担ってくれているので、処分する方法はお守りと同じです。

 柊鰯を見かけないけど?
住宅事情などにより、現在では柊鰯を玄関に飾っている家をあまり見かけなくなりました。
しかし、市販のものを室内に飾ったり、焼いた鰯を節分の夕食のおかずとして食べるなど、鰯を節分に取り入れていることもあります。
日本に古くから伝わる柊鰯なので、何かしらの形で、節分に取り入れられるといいですね。

まとめ

節分の意味や由来、柊鰯などの風習について、調べたことをまとめてみました。

節分が実は年に4回もあることには驚きましたが、現在は立春前の節分だけが行事として残った経緯は、納得のいくものでしたね。

また、豆まきや恵方巻きは当たり前のように毎年楽しんでいましたが、柊鰯も魔除けとしてこれからは用意してみたいと思います。

スポンサードリンク




コメントを残す