節分に恵方巻きを食べる時のルールや方角は?一緒に食べる食事は?


節分に恵方巻きを食べる時のルールや方角は?一緒に食べる食事は?

最近の節分には豆だけではなく、恵方巻きも食べることが多くなりました。

コンビニで全国的に恵方巻きが売り出された時から、わが家も流れに乗って恵方巻きを家族で食べて楽しんでいます。

節分に恵方巻きを食べる時のルールや、恵方の方角、恵方巻きにプラスして食べるのにおすすめの食事などをまとめました。

スポンサードリンク



節分の恵方巻き・食べ方のルールは?

恵方巻きの食べ方ルール

1. 恵方巻きを用意する

一人で1本の恵方巻きを食べます。

恵方巻きは「節分の巻き寿司」と呼ばれ、福を巻き込むと言われています。

そのため、巻き寿司を切らずに(縁を切らないに通じる)食べます。

また巻き寿司は太くて黒いのりが巻かれていることから、鬼の金棒に見立てて、金棒を食べる=鬼退治をする意味もあります。

2. その年の恵方を向く

恵方の方角は毎年変わるので、次章を参考にしてください。

3. 願い事を心で言いながら、黙ったまま恵方巻きを最後まで食べる

黙ったまま食べるのは、願い事をしている途中にしゃべってしまうと、運が逃げると言われているからです。

恵方巻きの発祥はどこ?いつから?

恵方巻きの由来となる「節分の巻き寿司」は関西(大阪)発祥で、商売繁盛祈願の風習として広まったと言われていますが、本当の起源は分かっていません。

節分の巻き寿司が「恵方巻き」と呼ばれるようになったのは、セブンイレブンが全国に売り出す際に恵方巻きという名称を使ったからと言われています。

最近の太くて長い恵方巻きとは違い、昔からある節分の巻き寿司は、太巻きと細巻きの中間の太さで、長さは今の半分くらいでした。

そのため、一人1本を黙って心の中で願い事をしながら食べるのも、それほど大変ではなかったんですね。

また節分の巻き寿司は、七福神にちなんで7種類の具材を入れるのが基本でしたが、現在はコンビニやスーパーなどで海鮮巻きやとんかつ巻き・サラダ巻き、一気に食べやすいようにハーフサイズが売られるなど、食材や大きさのバリエーションが増えてきています。

今は7種類の具材にこだわる必要はなく、好きな巻き寿司を食べるのがいいですね。

恵方巻きの基本的な7種類の具材

 かんぴょう・しいたけ・きゅうり
 あなご・えび
 出し巻き卵・でんぶ

毎年変わる節分の恵方とは?方角を知りたい

2017年の恵方
 北北西

恵方は毎年変わります。

恵方の方角に向かって事を行うと、すべて吉に通じると言われています。

そのことから、節分の巻き寿司(恵方巻き)を恵方の方角を向いて食べる=福を呼び込める、という風習ができました。

恵方は、歳徳神(としとくじん)がつかさどっています。

 歳徳神(としとくじん)とは
その年の福を司る神様です。
歳徳神がいる方角が恵方とされ、十干や西暦年の一の位との関係で決まってきます。
昔の初詣は、自宅から恵方の方角の寺社にする「恵方詣り」という習慣がありました。

スポンサードリンク



恵方巻き以外に節分の食事はどうする?

恵方巻きが全国のコンビニやスーパーで発売されるようになったことに加え、なんといっても恵方巻きだけで夕飯が済む手軽さが主婦に受け、ここまで恵方巻きが普及したとも言われています。

私も節分の日は、昨今の恵方巻きブームに乗り、夕食の準備は楽をさせてもらっています。

太巻き寿司を一人で1本丸ごと食べることもあり、それだけでもお腹がいっぱいになってしまうのですが、さすがに恵方巻きだけの食卓はさみしい、という場合におすすめのおかずをまとめました。

・鰯(いわし)

節分には鬼を払うために、焼いた鰯の頭を柊(ひいらぎ)の枝に刺したものを柊鰯(または鰯柊)と呼び、玄関に置きます。

鰯を焼くときに出る匂いが嫌いで、柊は葉がとがっていて触ると痛いので、このことから鬼が逃げると言われています。

今では、鰯や鰯の丸干しを家で焼いて食べることでも、鬼(邪気)を払えると解釈しておかずにすることがあります。

・そば

昔は節分の翌日にある「立春」を新年としていたこともあり、節分を大晦日に見立て、年越しそばを食べました。

恵方巻きだけではちょっと物足りないな、ということであれば、汁物代わりにお蕎麦を食べるのもいいですね。

関連記事:年越しそばの意味と由来・いつ食べるのか正しい時間は?具材はなに?

・ロールケーキ
・ポッキーやコロン
・パン
・ケンタッキーフライドチキンのツイスター

恵方巻きの普及に従い、巻き物に便乗した商品が、毎年たくさん出てきています。

お寿司が苦手でも、スイーツからチキンまで色々な恵方巻きがあるので、家族みんなで好きなもので恵方巻きを楽しみたいですね。

まとめ

節分には豆まきだけではなく、恵方巻きを食べることも毎年楽しみにしています。

恵方巻きには正式な食べ方がありますが、ルールにばかりとらわれず、家族みんなで楽しく美味しく食べられれば、きっと歳徳神様(恵方の神様)も笑ってくれると思いますよ。

最初は商売としての恵方巻きの販売だったと思いますが、こうした楽しい行事が日本に根付いて、また次の世代も楽しめるといいなと感じています。

関連記事:節分に豆まきをする意味は?正しい豆まき方法と余った豆レシピの紹介

スポンサードリンク




コメントを残す